グリーンオークが欧州不動産戦略の目標額を超える9億1100万ユーロ(11億ドル)の資金を調達 - Kyodo News PR Wire|RBB TODAY

グリーンオークが欧州不動産戦略の目標額を超える9億1100万ユーロ(11億ドル)の資金を調達

グリーンオークが欧州不動産戦略の目標額を超える9億1100万ユーロ(11億ドル)の資金を調達

AsiaNet 73251 (0737)

【ロンドン2018年4月25日PR Newswire=共同通信JBN】不動産投資運用会社、グリーンオーク(GreenOak)はこのほど、2回目の欧州ファンドであるグリーンオーク・ヨーロッパ Fund IIを最終的に締め切った。調達資金はエクイティ・コミットメントで6億5600万ユーロに達し、5億ユーロの目標を上回った。

このユーロ建てグリーンオーク・ヨーロッパ Fund II(以下「Fund II」)の運用は完全に一任されており、スペイン、イタリア、フランス、オランダ、英国、ドイツ、ポルトガル、アイルランドなどの西欧諸国での資産取得能力を有している。

同ファンドは北米、欧州、アジア、および中東の機関投資家で構成され、大規模な企業や政府の年金基金、基金、財団、および機関が管理するファミリーオフィスを代表している。Fund IIの資金調達額6億5600ユーロに加え、グリーンオークはFund LP共同投資資本の1億8500万ユーロを投資またはコミットしており、さらに7000万ユーロのコミットベースの自由裁量Fund LP共同投資資金を抱え、この戦略を展開している。

Fund IIは、(最大65%のレバレッジで)26億ユーロのコストで不動産を取得ないし開発することができ、物流、オフィス、居住用資産ならびに開発用地に重点的に取り組んでいる。これまでのところ、同ファンドと共同投資家は、スペイン、イタリア、フランス、オランダでの20以上の取引において5億6700万ユーロ超のエクイティにコミットしてきており、その総額は18億ユーロを超えている。

Fund IIのポートフォリオの大部分は、市場価格とリプレース費用の割引を受けてオフサイトで調達・取得され、欧州のゲートウェイ都市、具体的にはマドリード、ミラノ、バルセロナ、パリ、および欧州の主要物流ノードに展開している。Fund IIの物流エクスポージャーは欧州におけるこれら資産に向けたグリーンオークの長期にわたる信念を反映しており、現在では広さ2100万平方フィート、総コスト13億ユーロを超える資産を取得している。

今回の資金調達完了はグリーンオークの成長する欧州不動産戦略の一部を構成する。これは、2015年5月から2016年7月までスペインとイタリアの資産のみに投資し、わずか50%のレバレッジを利用し、調達資本の75%を既に返済しているグリーンオーク・ヨーロッパFund Iに続くものである。

グリーンオークのジョン・カーラフィエル共同創設者は「われわれは依然、銀行、保険会社、政府機関、ファンドの手じまいや流動性主導型の売り手など、売却を急いでいる売り手と取引する特定の欧州市場で高い価値の機会の中盤に位置し、当社の資産取得の多くに拍車を掛けている」と述べた。

さらにカーラフィエル共同創立者は「当社は差別化された中堅市場に注力し、直接資産・資産管理の専門知識を有していることにより、われわれが目標とする市場における売り手、貸し手、開発者パートナー、テナントにとりグリーンオークが信頼できる取引相手としての地位を確立したと考えている」と語った。

また、同共同創立者は「当社の投資ペースがFund IからFund IIまで同様に規律を維持しているため、今回の資本調達は当社の特定の欧州戦略と、投資パートナーへの資本の規律ある展開--そして大事なことであるが、収益--の両方を機関投資家が強力に支援していることを裏付けている」とした。

▽GreenOak(グリーンオーク)について
グリーンオーク・リアル・エステート(GreenOak Real Estate 、以下「グリーンオーク」) は、独立し、パートナー所有で、不動産に特化したプリンシパル投資・貸付企業で、戦略的アドバイスを提供し、顧客および投資家の長期的価値を創造することを目指している。

グリーンオークは2011年以来、欧州、米国、アジアにおける不動産融資・投資のため機関投資家から83億ドルの裁量的エクイティを調達し、124億ドル超の資産を取得、現在の運用資産総額は約94億ドル。

グリーンオークはロンドン、マドリード、ミラノ、ルクセンブルク、ニューヨーク、ロサンゼルス、東京、ソウルにオフィスを構え、それぞれの市場で現地の知識、経験、幅広いネットワークを持つ100名以上の専門家からなる専属のローカルチームを擁している。

注:
グリーンオークのヨーロッパFund I:ファンド投資期間は18カ月。調達資金は合計3億2100万ユーロで、同ファンドの資本金2億5000ユーロとLP共同投資資本7100万ユーロを含む。同ファンドは15カ月間に21回の個別取引を締結し、スペインとイタリアの約62万2000平方メートル(670万平方フィート)の物流、小売、オフィス、居住用資産を取得し、総購入金額は約5億8000万ユーロ。Fund Iの設立に先立って、グリーンオーク・ヨーロッパのチームは別個の勘定でスペインで8つの小売資産を取得した。面積合計は13万2325平方メートル(140万平方フィート)、購入総額は1億6400万ユーロ。

▽メディア問い合わせ先  
Henrietta Dehn
Prosek Partners
Hdehn@prosek.com
+44-(0)20-3878-8560

Toby Phelps
GreenOak Real Estate (Europe)
+44-(0)20-7866-8800

Francesco Ostuni
GreenOak Real Estate (Europe)
+44-(0)20-7866-8800

Julie Wong
GreenOak Real Estate (USA)
+1-212-359-7828

ソース:GreenOak Real Estate

page top