MENU

国産ドッグフード・ナチュロルの原材料や成分を徹底評価!口コミ評判も紹介

目次

ナチュロルドッグフードとは?

価格3,300円
内容量1袋850g
100gあたりの単価約388円
1日あたりの単価体重3㎏小型犬の場合:約220円
体重15㎏中型犬の場合:約660円
粒の大きさ小粒~中粒
形状棒状
カロリー400kcal/100g
メイン食材牛・鶏・馬・魚の生肉
原産国日本
ライフステージ全犬種・オールステージ対応
販売会社楽しい製薬株式会社
住所東京都新宿区西新宿1-25-1
新宿センタービル49F
電話番号0570-011-633
※料金は全て税込表示です。

ナチュロルは、ドッグフードブランドのReason Why(リーズンワイ)が販売している国産のドッグフードです。高品質な原材料を使ったプレミアムドッグフードで、愛犬の健康を守ることができます。2017年に発売された比較的新しいもので、発売されてから口コミで評判が広がっている商品です。

ヒューマングレードの原材料

ナチュロルの原材料には、すべてヒューマングレードの食材が使われています。ヒューマングレードとは、人間が食べても問題ないような食材のことです。肉は新鮮なものを厳選して使用しており添加物も使われていません

実のところ、ドッグフードには人間の食用には適さないような原料も認められています。そのため、市販で販売されているドッグフードには、粗悪な原料が使われているケースもあります。

しかし、ペットの健康意識も高まっており、「愛犬には安心できる原材料のフードを与えたい」という方も多くなってきました。その中で人間も食べられるヒューマングレードのドッグフードは、愛犬の健康を考えても信頼できる商品です。

全犬種・全年齢対応のオールステージ用フード

ナチュロルの商品ラインナップは、全犬種・全年齢対応の1種類のみです。小型犬から大型犬まで、そして子犬からシニア犬まで、犬種・年齢を問わずすべての犬に与えることができます。

公式サイトから購入すると体重別の給与量表がもらえるため、参考にすると愛犬に合わせて量を変えることができます。また、水にふやかしてもおいしく食べられるようになっていて、ウェットフードが好きな犬にも最適です。

ナチュロルドッグフードのメリット

ナチュロルドッグフードにはさまざまなメリットがあります。とくに原材料は、高く評価できるポイントです。ここでは、ナチュロルドッグフードのメリットを5つ紹介します。

30g100円(実質無料)でお試しできる

ナチュロルドッグフードは、1袋850gが通常料金で3,300円(税込)です。一方、公式サイトから「食いつきお試しコース」に申し込みをすると、1食分30gを送料無料の100円(税込)で購入できます。

ナチュロルは、ドッグフードの中でも食いつきの良さに定評がある商品ですが、犬の好みもあり、個体差があります。そのため、愛犬が食べてくれるかどうかを試してから、通常サイズの購入がおすすめです。1食分を実質無料でお試しできるのは、大きなメリットと言えます。

グレインフリー・グルテンフリーでアレルギー持ちでも安心

ナチュロルドッグフードはグレインフリー・グルテンフリーの商品です。そのため、アレルギーを持っている犬にも安心して与えることができます。

グレインフリーとは穀物を使っていないこと、グルテンフリーとは主に小麦に含まれるグルテンというたんぱく質を含まないことを指します。

犬にもさまざまなアレルギーがあることがわかっていますが、穀物アレルギーやグルテンアレルギーの症例は比較的多く報告されています。これらのアレルギーを持っている犬にとっては、ナチュロルドッグフードは貴重な選択肢のひとつでしょう。

さらに、原材料のたんぱく質源に「牛・鶏・馬・魚」の4種類がブレンドされている点も評価できます。同一のたんぱく質を摂り続けると、アレルギーを発症する可能性が指摘されているからです。

将来のアレルギーのリスクを抑えるためには、たんぱく質源が違うフードをローテーションで与える必要がありますが、ナチュロルは1つのフードでアレルギー対策ができます。

安定・持続型のビタミンC配合

健康志向のドッグフードにはビタミン類が配合されていることも多いですが、ナチュロルドッグフードには、安定・持続型のビタミンCが配合されているという特徴があります。

ビタミンCは、犬にとっても健康維持に欠かせない重要な栄養です。ところがビタミンCは非常に不安定な物質で、水や酸素によって容易に分解・酸化してしまい、摂取しても多くは尿として排出されてしまう特徴があります。

この弱点を克服すべく開発されたのが安定・持続型のビタミンCで、身体の中に入っても安定的・持続的に効果を発揮することができます。

ナチュロルドッグフードは、この安定・持続型ビタミンCを1,000㎎/㎏配合しています。さらに、ビタミンCの吸収を高める成分である天然バイオフラボノイドも配合しており、ビタミンCの効果をより大きくできるようになっています。

GMP規格の国内工場で品質管理

ナチュロルドッグフードは原材料だけでなく、製造過程の安全管理や品質管理も徹底されています。

まず、ナチュロルは国産のドッグフードです。ドッグフードのラベルにある「原産国」の欄には、最終的に加工した工場を記載するだけで十分とされています。

そのため、国産との表記があってもすべて日本国内で作られているとは限りません。ただし、ナチュロルについては最初から最後まですべて日本国内の工場で製造していることが明言されています

また、ナチュロルドッグフードはGMP基準の認証を取得可能な工場で製造されています。GMPとはGood Manufacturing Practiceの略で、「医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準」を指します。つまり、医薬品の工場と同等の品質管理を行っているということです。

原材料が安全だとしても、製造過程がしっかり管理されていなければ安全とは言えません。しかし、原材料はラベルで確認できるものの、工場の品質管理は消費者からは見えにくいものです。工場の安全性を公開しているナチュロルは、この点でも信頼しやすいドッグフードと言えます。

合成保存料・着色料・保存料が不使用

不要な添加物が一切使われていない点も、ナチュロルのメリットのひとつです。日本では危険な添加物の使用が禁止されているため、一般的なドッグフードでも基本的に心配はいりません。しかし愛犬の長期的な健康を考えると、化学合成によって作られた人工の添加物はできる限り避けたいものです。

また、ナチュロルドッグフードは、合成保存料や防腐剤などが使われていません。海外から長距離輸送されてくるドッグフードには保存料が使われることが多いですが、国内生産のナチュロルにはその必要がありません。ただし、保存料が使われていないため悪くなるのも早いと考えられるため、開封後は保存方法には気をつける必要があります

さらに、一般的なドッグフードには犬の食いつきを良くするために着色料や香料が使われていますが、ナチュロルドッグフードにはこれらの添加物も使われていません。魚粉や鶏粉末、チーズなどの自然由来の食材の香りによって食いつきの良さを追求しており、健康と食いつきを両立させているドッグフードと言えます。

ナチュロルドッグフードのデメリット

原材料や品質にメリットがあるナチュロルドッグフードですが、一方でデメリットと言えるポイントもあります。ここでは、ナチュロルドッグフードのデメリットを4つ紹介します。

公式サイトでは初回は定期コースのみ

1つ目のデメリットは、初回のお試しができるのは定期コースのみだという点です。上述のように100円(税込)でお試しができる点はメリットですが、お試し商品だけを通常購入することはできません。お試しを利用する場合は、公式サイトから定期コースに申し込む必要があります。

ただし、お試しを利用してから、すぐに定期コースを解約することは可能です。その場合、お試し商品の発送から5日以内に解約しなければならないため注意が必要です。また、解約の受付は電話でのみ対応しているようで、人によってはこれも面倒に感じるかもしれません。

定期コースではなく、850gの1袋を通常購入することは可能ですが、こちらは定期コースのような初回送料無料や割引がないため割高になってしまいます。

さらに定期コースにある返金保証もありません。解約が面倒でなければ、定期コースを利用したほうがお得でしょう。

カロリーが高いので与えすぎに注意

ナチュロルドッグフードのカロリーは100gあたり400kcalです。ドッグフードのカロリーは100gあたり350kcal前後が多いことを考えると、ナチュロルは比較的カロリーが高い商品と言えます。

高カロリーのドッグフードはたくさん運動する犬にとってはありがたいですが、そうでない普通の犬であれば、与える量に注意しなければなりません。

低カロリーのドッグフードと同じだけ与えていると、太ってしまうだけでなく、さまざまな健康リスクがあります。カロリーが高いことによって推奨される給与量も少なくなっているため、愛犬にたくさん食べさせたいという方には向いていない商品です。

市販と比べると価格が高い

価格の高さもナチュロルドッグフードの特徴でありデメリットのひとつです。ナチュロルは1袋850gで通常価格は3,300円(税込)、定期コースでも1袋あたり2,739円(税込)となっています。これは市販されている低価格の商品と比べると3倍近い価格です。

価格が高くなってしまう要因として、まずは原材料の品質が挙げられます。ナチュロルの原材料はすべてヒューマングレードの高品質な食材が使われており、さらに低価格で利用できる穀物なども使われていません。

また、工場での品質管理が徹底している点も、製造コストが高くなる原因と言えます。これらのことから、どうしても価格が高くなってしまいますが、逆に言えばそれだけ安心できるドッグフードだということにもなります。

犬種によってはコスパが悪い

中型・大型犬を飼っている方にとっては、コスパが悪い商品に感じられるかもしれません。身体の大きい犬種はそれだけたくさん食べる必要があり、高価格の商品だと費用がかさんでしまいます。また、多頭飼いをしている場合も同様です。

いくら健康に良いドッグフードとはいえ家計との兼ね合いも重要で、価格の高さから与えるべき量を与えられなくなっては元も子もありません。価格が高いナチュロルは、犬種や頭数を考慮してコスパを計算し、健康と費用の兼ね合いで利用するかどうか決める必要があります。

ナチュロルドッグフードの良い口コミ・評判

次に、ナチュロルドッグフードの良い口コミ・評判を紹介します。とくに食いつきが良いとの口コミはたくさんあり、定評があるようです。また、原材料や品質を高く評価する口コミも見られます。

10歳のマルチーズで、最近食欲がなくなってきたと心配してました。
ナチュロルを与えてみたところ食いつきが良くパクパク食べてとても驚きました。
これからも長生きしてもらいたいです!

引用:Amazon

安心して与えられる無添加グルテン・グレインフリーのフードを探していました。
我が家のコッカースパニエル3歳は、あっと言う間の完食でした。
長毛犬種なので毛づやがとても気になっていて、このフードを与えてから、良くなってきているとブラッシングのたびに感じています。
食いしん坊犬種なので、もう少しでなくなりそうです。リピートしたいと思います。

引用:Amazon

今までのフードは、私にとってニオイが気になってました
これは問題ないです
涙やけも減りました
わんこも美味しそうに食べてますが、大きさがまちまちです

引用:Amazon

ナチュロルドッグフードの悪い口コミ・評判

続いて、ナチュロルドッグフードの悪い口コミ・評判を紹介します。食いつきに定評がありますが、やはり個体差はあり中には食べない犬もいるようです。また、品質には満足しているものの高価格なため継続が難しいとの声もあります。

好き嫌いが激しい子で、フードジプシーです。
評判が良いみたいなので買ってみました。が・・・食べません。
何をしても、トッピングしても、一粒も食べません。それどころか逃げ回っています(泣)
全く好みではなかったようです。良さそうなフードなのに残念です。

引用:Amazon

お試しサイズを頼んだ後、自動的に定期になります。うちのヨーキーには粒が大きく硬いので返品したかったのに、段ボール箱を開けただけで返品出来ないと言い張られます。お試しサイズを頼む方は気をつけて下さい。

引用:Amazon

好き嫌いが多いウチの犬も食い付きは良かった
継続したいけど値段が高くて考え中です

引用:Amazon

ナチュロルドッグフードの原材料や成分を評価

犬の健康に良いとされているナチュロルですが、詳しい原材料や成分は本当に健康だと言えるのでしょうか。ここでは、ナチュロルドッグフードの原材料や成分の詳細を確認していきます。

ナチュロルドッグフードの主な原材料は新鮮な生肉と魚肉

まずは、ナチュロルドッグフードの具体的な原材料を紹介します。

ナチュロルドッグフードの原材料は次のとおりです。

新鮮牛生肉、新鮮鶏生肉、新鮮馬生肉、新鮮魚生肉、タピオカ、魚粉、紫さつまいも、チーズ、ココナッツ、りんご繊維、鶏粉末、胡麻、ひまわり油、乳清、安定・持続型ビタミンC、天然バイオフラボノイド、海藻、脱脂粉乳、オリゴ糖、乳酸菌
引用:ナチュロル公式ホームページ

このように、由来がはっきりしない原材料や添加物は使用しておらず、原材料に信頼できるドッグフードです。公式サイトを見るとそれぞれの原材料について詳細や使用目的が記載されており、より安心して愛犬に与えることができます。

最も重要なたんぱく質源としては、「牛・鶏・馬・魚」4種類の肉が使われています。いずれも新鮮な生肉が使用されており、低価格なドッグフードに使われることが多い品質の悪いたんぱく質は入っていません。これらの肉は低温調理することで元来含まれる酵素を残し、犬のお腹にも優しくなっています。

また、新鮮な魚肉に含まれる「オメガ3脂肪酸・オメガ6脂肪酸」は、皮膚や毛並み健康を維持し、さらに子犬の脳・目の発達や免疫にも役立つ栄養成分です。

複数のたんぱく質源を使っている点は、将来のアレルギーを予防するという観点からも評価できます。

ただし、いずれかの肉に対してアレルギーを持っている場合には与えることができません。加えて、もしもアレルギーを発症してしまった場合には、具体的にどの原材料がアレルゲンとなっているのかすぐにはわからないという難点もあります。

ナチュロルドッグフードの成分

続いて、ナチュロルドッグフードに含まれる成分の割合を確認していきます。

ナチュロルドッグフードの成分表は次のとおりです。

項目ナチュロル
粗たんぱく質23~27%
粗脂肪10%以上
荒繊維2~4%
水分9%以下
カロリー400kcal/100g
安定・持続型ビタミンC1,000㎎/㎏
天然バイオフラボノイド200㎎/㎏
引用:ナチュロル公式ホームページ

ナチュロルドッグフードは、AAFCO(米国飼料検査官協会)の基準を満たしている総合栄養食です。総合栄養食とは、それだけを食べていれば生きるのに必要な栄養が十分摂れるようなフードです。ナチュロルは全犬種・全年齢対応なため、すべての犬に必要な栄養を与えることができます。

たんぱく質は23~27%と高めになっていますが、一方で脂質は10%と低めに設定されており、ヘルシーなドッグフードです。ただし、たんぱく質の量に幅がある点は少し心配なポイントになります。

とくに子犬にとっては、最低値の23%では少ない場合もあるため、注意が必要です。また、カロリーは100gあたり400kcalと高めになっており、給与量には気をつけなければなりません。

ナチュロルドッグフードの体重ごとの目安給与量は?

つづいて、ナチュロルドッグフードの体重ごとの目安給与量を確認していきます。

犬は種類によって体重が大きく変わるため、それに合わせてドッグフードの量も調整する必要があります。その点、ナチュロルは公式サイトで体重別の目安給与量表が公開されており、調整がしやすいのが特徴です。目安量は1日分なので、成犬なら2回、子犬なら3~4回の食事回数で考えて与えましょう。

ナチュロルドッグフードの体重ごとの目安給与量は、次のとおりです。

1㎏1.5㎏2㎏2.5㎏3㎏3.5㎏4㎏4.5㎏5㎏6㎏
成犬標準値26g32g38g47g55g60g64g69g74g83g
4か月までの幼犬期45g56g66g81g96g105g113g122g131g147g
4~9か月までの幼犬期38g47g55g68g80g87g94g102g109g132g
7㎏8㎏9㎏10㎏15㎏20㎏30㎏40㎏50㎏
成犬標準値93g103g111g120g176g233g313g412g510g
4か月までの幼犬期164g181g197g212g311g410g552g726g899g
4~9か月までの幼犬期139g151g164g176g259g342g460g605g740g
引用:ナチュロル公式ホームページ

【人気ドッグフード】モグワンとナチュロルの違い

ナチュロルモグワン
容量850g1.8㎏
価格3,300円4,356円
主原料牛・鶏・馬・魚生肉チキン・サーモン
穀物不使用不使用
動物性食材の割合55%以上50%以上
たんぱく質量23~27%27%以上
脂質10%以上10%以上
カロリー400kcal/100g363kcal/100g
※料金は全て税込表示です。

ナチュロルと同様に高品質で人気があるドッグフードとして、モグワンが挙げられます。モグワンは、株式会社レティシアンの商品で、イギリスの工場で生産されているドッグフードです。

ヒューマングレードの原材料にこだわっている点、食いつきに定評がある点、グレインフリーである点、店舗での販売がない点などナチュロルとの共通点が多くあります。

2つの違いとしては、まずは内容量と価格が挙げられます。ナチュロルは850gでモグワンは1.8gとなっています。そして100gあたりの値段に換算すると、ナチュロルは約388円、モグワンは約242円となり、モグワンのほうがお手頃です。予算に不安がある方には、モグワンのほうがおすすめできます。

原材料にも細かな違いがありますが、とくに主原料となっている肉は大きく違います。ナチュロルは4種類の肉を使っているのに対し、モグワンはチキンとサーモンの2種類です。

また、ナチュロルは新鮮な生肉を使用していますが、モグワンは生肉だけでなく乾燥チキンや乾燥サーモンも使っています。この点は、モグワンのほうが低価格になっている要因とも言えそうです。

さらに、ナチュロルは400kcal/100gと高カロリーであるのに対し、モグワンは363kcal/100gと一般的な値です。このことから、たくさん食べたい犬にとってはモグワンのほうが向いていると言えます。ただし、どちらも総合栄養食であり、その他の栄養成分に大きな違いはないようです。

公式サイト・Amazon・楽天の価格を徹底比較!最安値はどこ?

公式サイトAmazon楽天
料金通常:3,300円
定期2袋:5,478円
3,900円1袋:4,380円
2袋:8,400円
4袋:15,300円
送料通常:770円
定期初回:無料
定期:275円
(遠方料金あり)
無料無料
割引定期:17%
まとめ:最大30%
なしなし
※料金は全て税込表示です。

ナチュロルは通販でのみ購入できるようになっていて、2022年4月現在で購入できるのは公式サイト・Amazon・楽天の3つです。ここでは、公式サイト・Amazon・楽天の価格を比較し、ナチュロルを最も安く買う方法を紹介します。

最安値は公式サイト

ナチュロルの最安値は公式サイトです。公式サイトでは通常購入と定期購入ができ、通常価格は3,300円です。この価格に送料の770円(税込)がプラスされます。

さらに、定期購入で17%オフ、まとめ買いで最大30%オフとなり、送料も275円に割引されます。また、合計で10,000円以上の購入をすると送料は無料です。

ただし、北海道や沖縄、その他の離島などに届ける場合は遠方料金が加算されるため、公式サイトよりAmazonなどのほうが安くなります。

定期購入の通常送料が275円のところ、北海道は418円、沖縄・離島は925円と割高です。10,000円以上の購入でも、通常は送料無料になるところを北海道は143円、沖縄・離島は650円がかかります。

一方、Amazonでは1袋3,900円(税込)で販売されています。送料なども考慮すると、単品での購入は公式サイトとそれほど変わりません。楽天では1袋だけでなく2袋や4袋セットでの購入もできます。

1袋は4,380円(税込)とAmazonより高めですが、4袋セット15,300円(税込)は1袋3,825円換算で若干お得となるため、たくさん利用したい方にはAmazonよりも楽天がおすすめです。

定期購入を申し込めば、30g100円(税込)のお試し商品が利用できるという点も、公式サイトのメリットです。これに対して、Amazonや楽天ではお試し商品の取り扱いはありませんでした。

公式サイトの定期購入は通常より最大30%オフ

ナチュロルドッグフードの公式サイトからは、通常購入だけでなく定期購入の申し込みも可能です。定期購入は通常の価格から割引されており、ナチュロルをお得に購入することができます。

定期購入の名称は「らくトク犬康コース」です。こちらは初回のみ30g100円(税込)のお試し商品が送料無料で利用できます。その後2回目以降は850gが2袋ずつ届き、1回の料金は通常の17%オフである5,478円(税込)です。

1袋あたり2,739円(税込)となり、送料も275円(税込)に割引されるため、他の通販サイトと比較してもお得な最安値となります。

以上が定期コースの初期設定となっていますが、1回で届く数量や間隔は好きなように設定することができます。数量は「2袋、4袋、6袋、8袋、12袋、16袋、20袋」から選択可能で、それぞれ数量が多くなるほど割引も大きくなり、最大の20袋では30%オフとなります。

さらに4袋以上の購入では、1回の料金が10,000円以上となるため送料も無料です。

加えて、定期購入であれば返金保証が利用できるという利点もあります。ただし、返金保証が適用されるのは初回お試しで申し込んだ方のみです。

ナチュロル100円お試しの申し込み方法

ナチュロルドッグフードには、1食分30gを100円で利用できるお試しがあり、食いつきなどを気軽に試せることがメリットです。ここでは、100円お試しの申し込み方法を解説します。

公式サイトから定期コースの申し込み

ナチュロルドッグフードの100円お試し商品は、公式サイトからのみで他の通販サイトや店舗で購入することはできません。

また、公式サイトからであっても100円お試しを単品で購入することはできず、定期コースに申し込むことで利用できる制度です。このようにナチュロルの100円お試しは、定期コースについてくる特典のような扱いとなっています。

申し込み方法は、公式サイトから上述の定期コース「らくトク犬康コース」を選択します。購入ページの最下部に個人情報や届け先、支払方法を入力する欄があり、こちらから定期購入の申し込みが可能です。また、Amazonのアカウントを使った簡単な申し込みもできるようになっています。

100円お試しを利用した後は、自動的に定期コースに切り替わります。2回目の850g2袋が発送されるのは、初回お試し発送の8日後です。その後は設定した数量・間隔で定期的に届きます。

解約はお試し到着日から5日以内

100円お試しを利用した後は自動的に定期コースに切り替わります。しかし、愛犬に試してみたものの、食いつきが悪かったという場合もあるかもしれません。

その際は、お試しだけを利用して2回目以降の定期コースを解約することができます。

ただし、解約ができるのはお試し商品の「発送日から5日以内」となっているので、気をつけなければなりません。公式サイトにも明記されていますが、「発送日から5日以内」を「到着日から5日以内」だと勘違いして失敗してしまったという例も多いようです。

発送されればメールなどで連絡が来るため、その日付から期日を確認しておく必要があります。到着日にもよりますが、タイムリミットは意外と短いです。

初回の発送から5日を過ぎると2回目をキャンセルすることができず、2袋が届き料金も請求されてしまいます。食いつきが悪い可能性も考慮して、しっかり期日を確かめておくことが大切です。

ナチュロルドッグフードのよくある質問

最後に、ナチュロルドッグフードに関するよくある質問に答えていきます。

ナチュロルなら食物アレルギーの心配はいりませんか?

ナチュロルはグレインフリー・グルテンフリーのドッグフードなので、穀物やグルテンにアレルギーを持っている犬にも安心して与えることができます。穀物の代わりとして使われることがある大豆やジャガイモも比較的アレルギーが多いですが、これらの食材も不使用です。

「牛・鶏・馬・魚」4種類の肉をブレンドして使っていることも、アレルギー対策の観点から評価できます。これは、単一のたんぱく質を摂り続けることがアレルギーの大きな原因となるという説もあるからです。

さらに粗悪なたんぱく質によってアレルギーを発症する可能性も指摘されており、その点でも高品質で新鮮な生肉を使っているナチュロルは安心できます。

ただし、たんぱく質の種類は多くなっているため、アレルギーのリスクがまったくないわけではないです。とくに、牛肉アレルギーを持つ犬は比較的多く、そのような犬には与えられません。

また、もし新たにアレルギーを発症してしまった場合も、アレルゲンとなりえる原材料が多いため、すぐには特定できないという難点もあります。

実店舗で購入できるところはありますか?

ナチュロルは公式サイトからの注文、あるいはAmazonや楽天など通販サイトからの注文のみ購入することができます。買い忘れの可能性も考えると近くのホームセンターなどでも購入できるほうが安心ですが、実店舗での取り扱いはありません。

実店舗での販売は便利である一方、商品の扱い方は店舗側にゆだねられるというリスクもあります。店舗によっては商品を雑に取り扱う可能性も考えられ、それによってフードの品質に問題が発生してしまうかもしれません。

高品質にこだわっているナチュロルは店舗での品質の悪化を防ぐため、基本的に公式サイトからの注文のみ受け付け、消費者に直接商品を届けるようにしています。多少不便ですが、それだけ品質は信頼できると言えます。買い忘れを防ぐためにも、公式の定期購入は便利です。

まとめ

今回は、ナチュロルドッグフードのメリット・デメリット、口コミや最安値などを解説してきました。

ナチュロルは原材料にこだわった高品質のドッグフードで、ヒューマングレード・グレインフリー・無添加で厳選された食材のみ使用しています。健康だけでなく食いつきにも定評があるようです。しかしそれだけ高価格ともなっており、予算との兼ね合いは重要になります。

実店舗での販売はなく公式サイトや通販サイトでのみ購入できますが、最安値は公式サイトの定期コースです。定期コースは100円のお試しを利用することもできます。

品質にこだわったドッグフードを探しているという方は、ぜひナチュロルを試してみてはいかがでしょうか。

※2022年4月時点の情報です。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。

<参考>
ナチュロル

目次
閉じる