格安SIM

ワイモバイルとUQモバイルはどちらがおすすめ?通信速度・料金を比較!

ワイモバイルとUQモバイル

「ワイモバイルとUQモバイルは、どちらがお得か知りたい」

「料金や割引、回線速度を比較した情報を知りたい」

格安SIMの「ワイモバイル」と「UQモバイル」、どちらが自分にあっているか知りたい方も多いのではないでしょうか。今回は、以下の内容を解説していきます。

この記事を読めば、「ワイモバイル」と「UQモバイル」のどちらが自分に適しているかわかるはずです。

また2つのサービスの乗り換えの流れや、乗り換え時に注意すべき点も確認できます。ぜひ参考にしてみてください。

【結論】 ワイモバイルとUQモバイルはどちらがおすすめ?

【結論】 ワイモバイルとUQモバイルはどちらがおすすめ?
ワイモバイルUQモバイル
料金プラン(税込)シンプルS:月額基本料金 2,178円〜
シンプルM:月額基本料金 3,278円〜
シンプルL:月額基本料金 4,158円〜
おひとりでもおトクなくりこしプランS:月額基本料金 1,628円〜
おひとりでもおトクなくりこしプランM:月額基本料金 2,728円〜
おひとりでもおトクなくりこしプランL:月額基本料金 3,828円〜
データ通信量シンプルS:月々3GBまで
シンプルM:月々15GBまで
シンプルL:月々25GBまで
おひとりでもおトクなくりこしプランS:3GBまで
おひとりでもおトクなくりこしプランM:15GBまで
おひとりでもおトクなくりこしプランL:25GBまで
※余った分は翌月に繰り越し可能
3日間通信制限あり
(3日間で10GB使用した場合)
あり
(3日間で6GB使用した場合)
速度制限時の通信速度シンプルS: 最大300Kbps
シンプルM: 最大1Mbps
シンプルL: 最大1Mbps
おひとりでもおトクなくりこしプランS: 最大300Kbps
おひとりでもおトクなくりこしプランM:最大1Mbps
おひとりでもおトクなくりこしプランL:最大1Mbps
音声通話料金(税込)22円 / 30秒
※1回の国内通話につき10分まで無料
22円 / 30秒
通話オプション(税込)10分電話かけ放題:770円
かけ放題:1,870円
学割や家族割などお得なプラン有り
電話かけ放題などの別途オプションも有り
契約解除料なし
支払い方法クレジットカード
口座振替
クレジットカード
口座振替
契約初期費用(税込)登録事務手数料:3,300円登録事務手数料:3,300円
実店舗ありあり

家族全員で乗り換えるなら、ワイモバイルがおすすめでしょう。ワイモバイルは家族割に対応しており、2回線目以降は毎月1,080円(税込)も割引されます。

また、家族割が使えなくても、自宅の固定回線をソフトバンクが提供するサービスに切り替えれば「おうち割ひかりセット(A)」により、毎月1,080円(税込)が割引可能です。

さらにワイモバイルと契約すると、Yahoo!プレミアムの会費が無料になる特典もついてきます。

一方、ひとりで契約するならUQモバイルがおすすめでしょう。UQモバイルは家族割やおうち割がないかわりに、もとの料金プランがワイモバイルより安いのが特徴です。

そのため家族とは別にひとりで契約したい場合や、家の固定回線をひかない場合には、UQモバイルがいいでしょう。くわえて余ったデータ通信容量を翌月にくりこしをしたい場合も、UQモバイルがおすすめです。

ただし、UQ学割を応用して利用すれば、ワイモバイルの家族割のようにお得になります。
具体的にはくりこしプランSの場合、UQ学割を使うと毎月638円(税込)引きで、さらにくりこしプランM・Lの場合、UQ学割を使うと毎月1,100円(税込)引きになります。

学割が使えるかや、固定回線など各会社の特典と照らし合わせて一番お得になるプランを選びましょう。

ワイモバイルとUQモバイルの共通点

ワイモバイルとUQモバイルの共通点

ここではワイモバイルと、UQモバイルの3つの共通点を紹介します。

共通点はあるものの、細部は微妙に異なっています。それではひとつずつ見ていきましょう。

共通点1. 料金が安い

料金が安い

「ワイモバイル」と「UQモバイル」の共通点の1つめは、大手キャリアの携帯に比べて月額料金が安いことです。

プランにもよりますが、どちらも大手キャリアからの乗り換えで5,000円以上安くなることも珍しくありません。

格安SIMであるワイモバイルや、UQモバイルが安いのには複数の理由があります。まず1カ月あたりに消費できるデータ容量が、大手キャリアより少なめに設定してあることです。

ワイモバイルやUQモバイルでは、最大25GBのプランしか用意されていません。そのため、データ通信が無制限なプランを用意している大手キャリアとは対象的です。

さらに通信回線を大手キャリアからレンタルして運営していることも、月額料金が安い理由のひとつでしょう。

共通点2. 安定した高速通信

安定した高速通信

「ワイモバイル」と「UQモバイル」の2つめの共通点は、大手キャリアの回線をそのまま利用している点です。一般的に格安SIMサービスは、大手キャリアの回線の一部をレンタルしてサービスを提供しています。

しかし、ワイモバイルとUQモバイルは、自社のメインブランドで利用する回線をそのまま利用しているのがポイントです。

料金だけで選ぶなら、ワイモバイルやUQモバイルより安い格安SIMサービスはあります。
しかし回線の安定感も重視するなら、キャリアのサブブランドであるワイモバイルやUQモバイルがおすすめです。

共通点3. 「電話10分かけ放題」はオプション

「電話10分かけ放題」はオプション
月合計60分以内
電話かけ放題
10分以内の電話
電話かけ放題
電話かけ放題
ワイモバイルだれとでも定額:770円 / 月(税込)スーパーだれとでも定額(S):1,870円 / 月(税込)
UQモバイル通信パック(60分/月):550円 / 月(税込)かけ放題(10分/回):770円 / 月(税込)かけ放題(24時間いつでも):1,870円 / 月(税込)

「ワイモバイル」と「UQモバイル」の3つめの共通点は、どちらも有料オプションで電話かけ放題サービスをつけられることです。

オプションの詳細は、10分以内の電話かけ放題はワイモバイル・UQモバイルともに、770円 / 月(税込)。時間無制限の電話かけ放題は1,870円 / 月(税込)で、こちらも両サービス同額です。

なおUQモバイルのみ、月合計60分以内の電話がかけ放題になる「通信パック(60分/月)」がラインナップされています。

550円 / 月(税込)の「通信パック(60分/月)」は、頻繁に電話はかけないが、電話すると長電話になりやすい方に最適でしょう。

通話をよく利用する方は、これらの通話オプションの検討をおすすめします。

ワイモバイルとUQモバイルの違いを比較

ワイモバイルとUQモバイルの違いを比較

ここでは「ワイモバイル」と「UQモバイル」の違いを比較し、解説していきます。扱うのは以下の内容です。

似ている要素の多い2つのサービスですが、異なる部分もあります。違いを把握して、どちらのサービスがいいか選ぶときの判断基準にしてみてください。

【通信速度】ワイモバイルとUQモバイルを比較

【通信速度】ワイモバイルとUQモバイルを比較
公式(上り)公式(下り)みんそく(上り)みんそく(下り)速度制限時(上り)速度制限時(下り)
ワイモバイル最大75Mbps12.41Mbps42.42MbpsシンプルS:最大300kbps
シンプルM/L:最大1Mbps
UQモバイル最大150Mbps9.66Mbps43.58MbpsくりこしプランS:最大300kbps
くりこしプランM/L:最大1Mbps

「ワイモバイル」と「UQモバイル」では、公式発表の通信速度が異なります。

ワイモバイルでは下り最大75Mbps、UQモバイルでは下り最大150Mbps。数字だけで判断すると、UQモバイルのほうが速そうにも感じられるでしょう。

しかし、利用中の体感速度はほぼ変わりません。「みんなのネット回線速度」にある実際の速度測定結果を見ると、ワイモバイルとUQモバイルでほぼ変わらない速度が出ているのがわかります。

また通信制限時の速度も同じ速度設定がされているため、大きな違いはないようです。現状、ワイモバイルとUQモバイルを選ぶにあたって、通信速度は考慮すべきポイントにはなりにくいといえます。

【料金プラン】ワイモバイルとUQモバイルを比較

【料金プラン】ワイモバイルとUQモバイルを比較
月額料金(税込)通信容量家族割(税込)おうち割
ワイモバイルシンプルS:月額基本料金 2,178円〜
シンプルM:月額基本料金 3,278円〜
シンプルL:月額基本料金 4,158円〜
シンプルS:月々3GBまで
シンプルM:月々15GBまで
シンプルL:月々25GBまで
1,080円 / 月割引
※2回線目以降
月々1,080円 / 月割引
※家族割と併用不可
UQモバイルくりこしプランS:月額基本料金 1,628円〜
くりこしプランM:月額基本料金 2,728円〜
くりこしプランL:月額基本料金 3,828円〜
くりこしプランS:3GBまで
くりこしプランM:15GBまで
くりこしプランL:25GBまで
くりこしプランS:-580円 / 月割引
くりこしプランM:-1000円 / 月割引
くりこしプランL:-1000円 / 月割引
※18歳以下の契約者がいる場合のみ

ワイモバイルとUQモバイル、どちらもデータ容量に応じて3つずつプランが展開されています。

料金だけに注目すると、UQモバイルのほうが安いです。しかし割引を考慮すると、条件次第でどちらがお得かは変わってくるでしょう。

たとえばワイモバイルには、自宅の固定回線をセットで契約すると月額料金から割引される「おうち割 光セット(A)」があります。

ほかにも、2回線目以降1,080円 / 月(税込)割引される家族割も魅力的です。こちらの2つの割引は、併用できないので注意してください。

一方UQモバイルには、18歳以下の契約者がいると本人と家族どちらもお得になる割引があります。この割引が適用されれば、ワイモバイルよりおとくに利用できる場合も多いでしょう。

各種割引を考慮しないとUQモバイルが安く、割引を考慮するとどちらがお得かは場合によるといえます。

【新プラン】ワイモバイルとUQモバイルを比較

【新プラン】ワイモバイルとUQモバイルを比較
プラン名月額料金(税込)電話し放題通信容量
ワイモバイルシンプルL4,158円有料オプション
・国内通話10分かけ放題:月額770円(税込)
・国内通話かけ放題:月額1,870円(税込)
25GB
UQモバイルくりこしプランL3,828円有料オプション
・国内通話10分かけ放題:月額770円(税込)
・国内通話かけ放題:月額1,870円(税込)
・最大60分/月の国内通話が定額:550円 (税込)
25GB

2021年2月から、ワイモバイルとUQモバイルでは新プランが始まっています。ここでは新プランのなかでも、大容量プランに注目して比較しました。

ワイモバイルの最大容量プランは「シンプルL」、UQモバイルの最大容量プランは「くりこしプランL」。どちらも通信容量は25GBと共通ですが、月額料金はUQモバイルが330円(税込)安いです。この点、料金面ではUQモバイルがお得といえるでしょう。

次に、通話オプションを比較してみてください。UQモバイルには、最大60分の国内通話が550円 / 月(税込)となるオプションが用意されています。ワイモバイルにはないこのオプションは、短い通話はあまりしないが時々長電話するユーザーのニーズを満たすでしょう。

また、通話料が30秒 / 22円(税込)であることをふまえると、1ヶ月に12.5分以上通話する場合はつけておくだけで通話料が節約できる優れたオプションです。以上の料金とオプションの2点が、ワイモバイルとUQモバイルの大容量プランの違いとなります。

【比較まとめ1】「UQモバイル」より「ワイモバイル」がおすすめな人

ワイモバイルがおすすめな人

ここでは、UQモバイルよりワイモバイルがおすすめな人を解説します。以下の2つのどれかにあてはまる方は、ワイモバイルを積極的に検討するといいでしょう。

とくに自宅でソフトバンクのWi-Fiを利用している人は、ワイモバイルならではのおうち割を適用できるため、UQモバイルより安くなることが多いです。

それではひとつずつ見ていきましょう。

ソフトバンクのWi-Fiを利用している人

ソフトバンクのWi-Fiを利用している人

ワイモバイルには、UQモバイルにはないおうち割の適用があります。おうち割とは、自宅のネット回線をあわせて契約すると、端末回線の月額料金から一定額が割引されるサービスです。

ワイモバイルのおうち割「おうち割光セット(A)」は自宅の回線として「ソフトバンク光」や「SoftBank Air」をあわせて契約すると、毎月1,080円(税込)割引されるためお得でしょう。

現在ソフトバンクの固定回線を契約している方や、契約を検討してもいい方は、ワイモバイルを選ぶのもおすすめです。

家族割を利用できる人

家族割を利用できる人

ワイモバイルには、UQモバイルにはない家族割(家族割引サービス)を利用できるメリットがあります。家族割とは、家族でワイモバイルを利用すると、2回線目以降の月額料金から1,188円(税込)の割引を受けられるサービスです。

例として、家族3人でワイモバイルの「シンプルM」と、その競合プランであるUQモバイルの「くりこしプランM」を契約した場合の料金を比較してみましょう。ワイモバイルの料金は、主回線が3,278円 / 月(税込)、家族割が適用された2、3回線目が2,090円 / 月(税込)となり、合計7,458円 / 月(税込)となります。

これに対し、UQモバイルの「くりこしプランM」を3回線契約すると8,184円 / 月(税込)となるため、ワイモバイルが726円(税込)安い計算です。これ以降、最大9回線まで家族が増えれば増えるほど、638円(税込)ずつ差が開くかたちでワイモバイルがUQモバイルより安くなっていきます。

結果的に、家族2人以上で契約するなら、ワイモバイルの「シンプルS/M/L」のすべてで、競合する「くりこしプランS/M/L」より安くなることがわかりました。

【比較まとめ2】「ワイモバイル」より「UQモバイル」がおすすめな人

UQおすすめ

次に、ワイモバイルよりUQモバイルがおすすめな人を見ていきましょう。以下に該当する人は、UQモバイルが適しているといえます。

2021年2月に両サービスが新プランになってからは、UQモバイルが料金面で総合的に一歩リードしている印象です。データ専用SIMの料金に関しても、それは変わりません。

ひとつずつ解説していきましょう。

月額料金を安くしたい方

月額料金を安くしたい方
プラン名月額料金(税込)通信容量
ワイモバイルシンプルS/M/LシンプルS:2,178円
シンプルM:3,278円
シンプルL:4,158円
シンプルS:3GB
シンプルM:15GB
シンプルL:25GB
UQモバイルくりこしプランS/M/LくりこしプランS:1,628円
くりこしプランM:2,728円
くりこしプランL:3,828円
くりこしプランS:3GB
くりこしプランM:15GB
くりこしプランL:25GB

月額料金を安くしたい方は、ワイモバイルよりUQモバイルがおすすめです。ここで簡単に、料金を比較してみましょう。

どちらも通信容量は、3GB・15GB・25GBの3プランずつです。ワイモバイルが、UQモバイルより料金が安いのがおわかりいただけるのではないでしょうか。3GB・15GBのプランでは550円 / 月(税込)安く、25GBのプランで比較すると、330円 / 月(税込)安いです。

なおワイモバイルには、家族割と「おうち割 光セット(A)」があるため、一概にはUQモバイルが安くなるとはいえません。しかし、これらの割引を考慮せずに契約するなら、ほとんどの場合UQモバイルが安くなるのは間違いないでしょう。

余ったデータをくりこしたい方

余ったデータをくりこしたい方

データ容量のくりこしがしたい方も、ワイモバイルよりUQモバイルがおすすめです。

2021年2月1日から始まったUQモバイルの新プラン「くりこしプラン」では、その名のとおり当月の余ったデータを翌月に繰り越して利用できます。

毎月のデータ消費量に差がある方は、くりこし機能をもつUQモバイルを選ぶとムダなくデータ容量を活用できるでしょう。

なお、くりこし上限はくりこしプランSが最大3GB、くりこしプランMが最大15GB、くりこしプランLが最大25GBまでとなっています。

ワイモバイルとUQモバイルを交互に乗り換えるとお得?

ワイモバイルとUQモバイル 交互に乗り換えると、新規割引を継続できる?

過去、ワイモバイルとUQモバイルに2年の最低利用期間があった時期は、2年ずつ交互に乗り換えることでお得に利用できていました。

しかし2019年10月1日に法改正がなされ、どちらのサービスもそれ以降の新規契約はすべて最低利用期間・違約金が撤廃されることになります。

法改正に伴い、ヤマダ電機やヨドバシカメラ、ビックカメラなどの量販店でも「一括0円」を売り文句に携帯電話が販売されることがなくなりました。

また、ワイモバイルやUQモバイルにおいても、2年契約すれば「契約から1年間は割引」などの販売方法はありません。

ただし、依然として「MNPで乗り換えると○円分のポイント進呈」のようなキャンペーンは開催されているのが現状です。

そのため昔ほどではないにしても、ワイモバイルとUQモバイルを交互に乗り換えるメリットは今でも存在するといえます。

ワイモバイルからUQモバイルへの乗り換え手順

ワイモバイルからUQモバイルへの乗り換え手順

ここでは、ワイモバイルからUQモバイルへの乗り換え手順をみていきましょう。

乗り換えには以下の2つのパターンが存在します。

ワイモバイルからUQモバイルへの乗り換え手順

どちらも全体的な流れは同じです。

ただし、どちらもオンラインでUQモバイルに申し込む場合は、MNP予約番号を取得してから2日以内に申し込むことを忘れないでください。

それではひとつずつ手順を確認していきましょう。

UQモバイルで端末を購入する場合

UQモバイルで端末を購入する場合

まずは、UQモバイルで端末を購入する場合の流れを説明します。この場合、以下の6つの手順でおこなうといいでしょう。

ポイントは、端末データのバックアップとデータ復元です。これらの工程は厳密にいうと、MNPの手続きに含まれるわけではありません。

しかし旧端末内のデータを、新端末に移行させて利用するには必須の工程といえます。

バックアップと復元の方法は、クラウドによる同期・SDカード・PCによる同期のどれかを使っておこなうのが一般的です。端末のOSによっても可能なバックアップ方法は異なるため、注意しておこないましょう。

UQモバイルでSIMのみを購入する場合

UQモバイルでSIMのみを購入する場合

次に、UQモバイルでSIMのみを購入する場合の乗り換え手順を説明します。この場合は、以下の流れでおこなうといいでしょう。

ポイントは、手順3の「LINEの年齢認証を済ませる」です。本来、UQモバイルではLINEのID検索はできません。

ただし、UQモバイルに乗り換える前にLINEの年齢認証を済ませておけば、乗り換え後もID検索が可能です。なお、2のSIMロック解除の工程は、SIMフリー端末を利用するなら必要ありません。

UQモバイルからワイモバイルへの乗り換え手順

UQモバイルからワイモバイルへの乗り換え手順をわかりやすく解説

ここではUQモバイルから、ワイモバイルへの乗り換え手順をみていきましょう。この場合は、以下の2つのパターンにわけられます。

なお、ワイモバイルのオンラインストアで手続きする場合は、MNP有効期限が10日間以上残っている必要があります。

15日間あると思って安心していると、期限切れになる可能性もあるため、早めに手続きをしてみてください。

ワイモバイルで端末を購入する場合

ワイモバイルで端末を購入する場合

まずは、ワイモバイルで端末を購入する手順を紹介します。この場合、以下の流れでおこなうといいでしょう。

新しい端末もセットで購入する場合、ワイモバイルで申し込みする前に、旧端末のデータを保存しておく必要があります。方法としては、クラウドにバックアップ・SDカードに保存・PCに保存の3つです。

端末のOSによって対応する方法や保存できるデータの範囲が異なるため、事前に確認しておくといいでしょう。

ワイモバイルでSIMのみを購入する場合

ワイモバイルでSIMのみを購入する場合

次に、ワイモバイルでSIMのみを購入する場合の流れを紹介します。この場合は以下の手順でおこなうといいでしょう。

旧端末をそのままワイモバイルで利用するため、データのバックアップ・復元の作業は必要ありません。

最後の「初期設定をおこなう」では、APN設定という端末をインターネットに接続する設定をおこないます。この接続をする際、iPhoneなど特定の端末はWi-Fi環境が必要になることがあります。

自宅にインターネット環境がない方は、インターネット接続できる場所で設定することも想定しておくといいでしょう。

ワイモバイルとUQモバイルと三大キャリアの新プランの比較

ワイモバイルとUQモバイルと3大キャリアの新プランの比較
月額料金(税込)割引通信規格通信容量国内電話(税込)
ワイモバイルシンプルS:2,178円
シンプルM:3,278円
シンプルL:4,158円
家族割
おうち割
学割
4G / 5GシンプルS:3GB
シンプルM:15GB
シンプルL:25GB
22円 / 30秒
UQモバイルくりこしプランS:1,628円
くりこしプランM:2,728円
くりこしプランL:3,828円
学割4G / 5GくりこしプランS:3GB
くりこしプランM:15GB
くりこしプランL:25GB
22円 / 30秒
ahamo2,970円ファミリー割引4G / 5G20GB5分以内国内通話無料
(5分超過後は、22円 / 30秒)
LINEMO2,728円4G / 5G20GB5分以内国内通話無料
(5分超過後は、22円 / 30秒)
povo2,728円4G / 5G20GB22円 / 30秒
(月額550円で5分以内国内通話無料に)

2021年春に三大キャリアから新料金ブランドが登場します。ワイモバイルやUQモバイルと何が違うのか、表にしてまとめました。

まず注目すべきポイントは、3ブランドとも料金設定がひとつしかないことです。

auの新ブランドであるpovo(ポヴォ)、ソフトバンクの新ブランドLINEMO(ラインモ)が2,728円 / 月(税込)となっています。一方で、ドコモの新ブランドであるahamo(アハモ)は、2,970円 / 月(税込)です。

なおpovoでは、5分以内の国内通話無料が550円 / 月(税込)のオプションを提供しています。

ワイモバイルやUQモバイルと比較すると、20GBで2,728〜2,970円 / 月(税込)とコストパフォーマンスがいいです。また5分以内の国内通話も利用できるのが、新ブランドの大きなメリットといえます。

15GB以上のデータ容量が必要で、5分以内の国内通話無料に魅力を感じるユーザーであれば、3つの新ブランドは有力な選択肢になるでしょう。

ワイモバイルとUQモバイルの比較まとめ

最後にワイモバイルとUQモバイルで、それぞれがおすすめな人の特徴をまとめます。

ワイモバイルUQモバイル
料金プラン(税込)シンプルS:月額基本料金 2,178円〜
シンプルM:月額基本料金 3,278円〜
シンプルL:月額基本料金 4,158円〜
おひとりでもおトクなくりこしプランS:月額基本料金 1,628円〜
おひとりでもおトクなくりこしプランM:月額基本料金 2,728円〜
おひとりでもおトクなくりこしプランL:月額基本料金 3,828円〜
データ通信量シンプルS:月々3GBまで
シンプルM:月々15GBまで
シンプルL:月々25GBまで
おひとりでもおトクなくりこしプランS:3GBまで
おひとりでもおトクなくりこしプランM:15GBまで
おひとりでもおトクなくりこしプランL:25GBまで
※余った分は翌月に繰り越し
3日間通信制限あり
(3日間で10GB使用した場合)
あり
(3日間で6GB使用した場合)
速度制限時の通信速度シンプルS: 最大300Kbps
シンプルM: 最大1Mbps
シンプルL: 最大1Mbps
おひとりでもおトクなくりこしプランS: 最大300Kbps
おひとりでもおトクなくりこしプランM:最大1Mbps
おひとりでもおトクなくりこしプランL:最大1Mbps
音声通話料金(税込)22円 / 30秒
※1回の国内通話につき10分まで無料
22円 / 30秒
通話オプション(税込)10分電話かけ放題:770円
かけ放題:1,870円
学割や家族割などお得なプラン有り
電話かけ放題などの別途オプションも有り
契約解除料なし
支払い方法クレジットカード
口座振替
クレジットカード
口座振替
契約初期費用(税込)登録事務手数料:3,300円登録事務手数料:3,300円
実店舗ありあり

この記事を参考に、ワイモバイルやUQモバイルの利用を検討してみてください。