ワイモバイル

ワイモバイルの解約・MNP転出方法|違約金・タイミング・トラブルまとめ

「ワイモバイルの解約方法が知りたい」

「お得にワイモバイルを解約するタイミングがわからない」

ワイモバイルの解約は、Webでもワイモバイルショップでも可能です。ただし契約プランによっては、違約金が発生するので注意してください。

新規受付が終了しているプランでは、10,450円(税込)もの違約金が発生する場合もあります。

今回は、ワイモバイルの解約方法に関する疑問を解消できるように、以下のトピックを解説していきます。

この記事を読めば、ワイモバイルの解約方法への疑問が解消されて、自分に適したサービスが見つかるはずです。


【結論】ワイモバイル解約後は楽天モバイルがおすすめ!1GBまで月額0円 + 料金が3カ月無料のキャンペーン + 最大25,000円相当の還元!

Rakuten Linkで国内通話が無料でかけ放題!楽天モバイルのおすすめポイント12選

↓今なら乗り換えが超お得↓
最大25,000円相当の
ポイント還元中!
楽天モバイルで公式サイトをみる\契約縛り期間なし/
契約解除料もなしで1GBまでは無料

公式サイト:
https://network.mobile.rakuten.co.jp/

ワイモバイルの解約・MNP転出方法

ワイモバイルの解約・MNP転出方法

まずは、ワイモバイルの解約・MNP転出方法を確認していきましょう。

今回紹介するのは、以下の3つです。

順番にみていきます。

【ワイモバイルを解約】MNPなしで契約終了時の手続きの仕方

My Y!mobileから解約手続きをする方法

ワイモバイルに加入すると、マイページ「My Y!mobile」を持つことになります。

解約する際に窓口となるのは、「My Y!mobile」かワイモバイルショップです。

それぞれの解約方法は次のとおりとなります。

マイページ内で解約できる受付時間は、午前9時から午後8時までとなっています。

法人契約やMNP予約番号をすでに発行している場合は、オンライン受付ができません。

また、申し込み完了後はキャンセルもできませんので注意してください。

ワイモバイルショップで解約手続きをする方法

ワイモバイルショップにて解約の手続きを進める手順は、以下のとおりです。

近くのワイモバイルショップは、公式サイトから調べられます。

休日や平日の夜は混雑が予想されますので、あらかじめ来店予約しておくことがおすすめです。

【ワイモバイルのオプションを解約】手続きの方法まとめ

続いてワイモバイルでオプションを解約する方法について見ていきましょう。

オプションを解約する窓口は「My Y!mobile」「自動音声応答サービス」「ワイモバイルショップ」の3つとなります。

「My Y!mobile」でのオプションの解約方法は、次のとおりです。

「自動音声応答サービス」は24時間対応しており、契約時に決めた暗証番号さえ用意しておけば問題ありません。

「ワイモバイルショップ」で解約する場合は、本人確認書類・利用中の端末とSIMカード・印鑑を用意しましょう。

ただしオプション内容によっては一部利用できないサービスもあるため、注意してください。

【ワイモバイルからMNP転出】他社へ乗り換えるときの手続きの仕方

My Y!mobileからMNP転出をする方法

MNP予約番号の取得は、他社へ乗り換える際に必要な手続きです。

MNP予約番号を取得する方法には、「My Y!mobile」「電話」「ワイモバイルショップ」が挙げられます。

まず「My Y!mobile」で取得する方法は次のとおりです。

暗証番号の入力では3回ミスすると、一定時間制限がかかりますので注意してください。

電話でMNP転出をする方法

電話窓口からMNP予約番号を取得する方法は、次のとおりです。

電話窓口での受付時間は9:00~20:00となります。

ワイモバイルショップでMNP転出をする方法

ワイモバイルの店舗でMNP予約番号を取得する方法は、次のとおりです。

ワイモバイルショップで受付する際には、必要書類を持っていくことを忘れないようにしましょう。

ワイモバイル解約時の契約解除料は?MNP転出手数料・違約金の負担まとめ

ワイモバイル解約時の契約解除料は?MNP転出手数料・違約金の負担まとめ

次に、ワイモバイル解約時の契約解除料について見ていきましょう。

ワイモバイル解約時の契約解除料に関して、以下の3つを紹介します。

それぞれ順番に確認していきます。

ワイモバイルの違約金・解約金【10,450円】

ワイモバイルでは契約しているプランによって契約解除料が異なるため、注意が必要です。

とくに新規受付が終了しているプランでは、10,450円(税込)もの違約金が発生する場合もあります。

現在ワイモバイルで契約更新月以外に解約すると、違約金がかかるプランは以下のとおりです。

ケータイやPocket WiFi、データ通信の場合は同じプランであっても、契約機種により違約金の有無が変わっていきます。

解約前には更新月のタイミングと、契約しているプランを必ず確認しておきましょう。

ワイモバイルのMNP転出手数料【なし】

ワイモバイルではMNP転出に関して、手数料を一切とっていません。

他社に乗り換える際には、いつでも手軽にMNP予約番号を取得できますが、有効期限は15日間のみです。

乗り換え先のキャリアによっては「有効期限が○日以上残っていること」が条件となる場合もあります。

期日を過ぎていなくても無効になってしまうため、取得後は迅速な手続きを心がけましょう。

ワイモバイルの端末代の残金【解約後も請求される】

ワイモバイルでは契約更新月のタイミングさえ気を付ければ、違約金もMNP転出手数料も無料で乗り換えられます。

ただしワイモバイルで購入した端末の代金は、解約後でも継続しての支払いが必要です。

残金については「My Y!mobile」か、電話窓口での「自動音声応答サービス」から確認できます。

なお支払い回数と分割支払金の詳細については「My Y!mobile」内にある「割賦契約の確認」で照会することが可能です。

「自動音声応答サービス」で確認する場合は、繋がり次第、短縮番号「#26」と入力していきましょう。

音声ガイダンスでは契約時に決めた暗証番号が求められるため、あらかじめ用意しておくことが大切です。

ワイモバイルの解約・MNP転出タイミングはいつがベスト?お得な解約月や時期!

ワイモバイルの解約・MNP転出タイミングはいつがベスト?お得な解約月や時期!

ワイモバイルで解約・MNP転出をおこなうベストタイミングは、次のとおりです。

ワイモバイルは契約プランによっては、10,450円(税込)の違約金が発生する点がデメリットとなります。

解約するのであれば、契約解除料のかからないタイミングを見極めておくことが大切です。

また、端末代金は解約後にも支払い義務が生じるため、なるべく払い切ってからの解約を目指しましょう。

ワイモバイルの解約・MNP転出時の注意点

ワイモバイルの解約・MNP転出時の注意点

ワイモバイルを解約・MNP転出する際、注意点はどのようなものがあるのでしょうか。

今回は、以下の3点を紹介します。

順番に確認していきましょう。

月の途中で解約しても、日割りでの料金請求はなし

ワイモバイルでは月の途中で解約したとしても、請求される基本使用料は満額となります。

ただし必ず満額請求となるのはスマートフォン・タブレット・ケータイの契約プランのみ。

Pocket WiFiの場合、以下の契約プランは日割り計算となるため注意してください。

上記のプランは、新規受付が終了しているプランとなります。

ワイモバイルでPocket WiFiの契約がある場合は、自身が加入しているプランをチェックしておきましょう。

解約後、SIMカードは返却が必要

購入したSIMカードの所有権は、ワイモバイルにあります。ワイモバイル解約後はSIMカードの返却を忘れずにおこないましょう。

なお返送先の住所などは記載されていないため、電話で問い合わせるか店舗に直接向かうのがおすすめです。

ただし「シンプルS/M/L」のプランなどに対応しているeSIM(イーシム)は、返却不要となっています。

eSIMはスマートフォンの内部にあらかじめ組み込まれている、機種と一体型のSIMカードのことです。解約する際には返却せずに、自身で破棄してください。

破棄する前には個人情報保護の観点から、eSIMプロファイルの削除が推奨されています。

消去方法については公式サイトで提示されているため、ぜひチェックしてみてください。

【そのほか】ワイモバイルの解約・MNP転出時の注意点まとめ

注意点詳細
違約金はプランによって異なる契約プラン・契約種別で違約金の有無が決まる
解約のタイミングによっては違約金が発生する契約更新月以外の解約は違約金がかかる
プランによって解約月にかかる基本料の計算方法が異なる満額or日割り請求はプランによって異なる
利用料金の支払い確認ができないとMNP転出手続きは不可となるMNP転出手続きには利用料金の支払いが必須
MNP予約番号には有効期間がある予約日を含めて15日間
解約手続き完了の連絡はない乗り換え先で契約が成立すると自動解約となる
ワイモバイルのメールアドレスは使えなくなる@yahoo.ne.jpのメールアドレスは利用不可となる
「My Y!mobile」は一定期間を過ぎると閲覧不可となる閲覧できる期間は解約後90日間
SIMカードの種類によっては返却が必要eSIMは返却不要
MNP転出をおこなう前には乗り換え先を決める必要がある乗り換え先のキャリアが決まっていない状態でMNP転出はおこなえない
解約後のキャンセルは不可解約の申し込み後にはキャンセルはできない
おサイフケータイのデータ移行および削除は自身で行わなければならない詳細についての問い合わせ先は利用中のサービス提供事業者となる

ワイモバイルでは契約プランとその内容によって違約金が異なる点に注意してください。

また契約更新月以外のタイミングでは最大10,450円(税込)の契約解除料が発生することにも要注意です。

ワイモバイルの解約・MNP転出でよくある質問

ワイモバイルの解約・MNP転出でよくある質問

最後に、ワイモバイルの解約・MNP転出でよくある質問を見ていきましょう。

今回解説するのは、以下12点です。

それぞれ見ていきましょう。

解約・MNP転出で必要なものは?

ワイモバイルショップで解約・MNP転出をおこなう際に必要となるものは以下のとおりです。

またワイモバイルでは店舗以外に、マイページや電話で解約・MNP転出をおこなうこともできます。

その際には上記のほか、契約時に決めた暗証番号が必要になるため覚えておきましょう。

ネットではなく、店舗で解約できる?

ワイモバイルでは店舗での解約も受け付けています。

ワイモバイルショップで解約する場合には、受付窓口で解約申込書を記入することが可能です。

専門のスタッフが指示してくれるため、オンラインや自宅での手続きが不安な人は店舗で解約していきましょう。

即時解約はしてもいい?短期解約するとどうなる?

ワイモバイルではプランによって最低利用期間が決まっています。

プランの最低利用期間内にある限りは、即時解約や短期解約をおこなうことはできません。

もし契約期間内に解約を申し込んだ場合、最大10,450円(税込)の違約金が発生しますのでご注意ください。

解約後、使えなくなるタイミングはいつ?

ワイモバイルではMNP転出をおこなって他社に乗り換える場合、他社での契約が完了するまでは使えます。

使えなくなるタイミングは他社での契約が成立したタイミングです。

しかし店舗やオンラインで解約申し込みをした場合、使えなくなるのは申し込み直後となります。

どの方法で解約するかによってタイミングがやや異なるため注意してください。

MNP転出後、ワイモバイルで使用していた電話番号は引き継げる?

MNP転出手続きをおこなえば、キャリアを変えてもワイモバイルで使っていた電話番号を引き継ぐことができます。

MNP転出をおこなう方法は電話・オンライン・店舗と多岐にわたりますので、使いやすい方法を選んでいきましょう。

ただし有効期限は15日間となるため、取得後はスムーズな手続きを心がけることが大切です。

「最低利用期間」や「お得な解約月までの日数」を確認する方法は?

ワイモバイルは契約した料金プランや時期によって、最低利用期間が異なります。なお、2019年10月以降に契約した方は、2年縛りがありません。

また、お得な解約月までの日数を確認する方法は、次のとおりです。

マイページでは、あわせて加入中プランの契約期間も確認できます。

更新期間をチェックしてお得な解約月までの日数を計算していきましょう。

解約後に再契約はOK?再契約でお得なキャンペーンはある?

ワイモバイルでは解約後にも、再契約ができます。

ただしキャンペーン特典は新規契約者限定のものがほとんどです。

再契約者対象のキャンペーンは実施していないので、解約時はご注意ください。

解約金免除のパターンはある?違約金を払わない方法が知りたい!

ワイモバイルで契約解除料が発生するプランの場合、契約更新月を狙うと解約金が免除になります。

違約金が発生しない期間は、契約更新月を含めた3カ月のみです。

期間についてはマイページから確認できるため、解約を考えている場合は先に見ておきましょう。

MNP転出をキャンセルできる?商品送付後のタイミングでも可能?

MNP転出のキャンセルは、「自動音声応答サービス」か「My Y!mobile」にて可能です。

なお商品送付後のキャンセル受付については、公式サイトで明らかにしていません。

契約しているプランや送付後のタイミングで異なる可能性もあるため、個別に問い合わせていきましょう。

MNP転出時、予約番号の再発行はできる?手続きの仕方は?

15日間の有効期限内であれば、同じ予約番号も新しい予約番号も再発行できます。

ただし同じ予約番号を発行した場合には、有効期限は変わらないため注意してください。

有効期限外なら新規での予約番号の発行が可能です。

手続きの方法は最初に発行した際と同じ手順になります。

店舗・電話・オンラインから好きな方法を使っていきましょう。

解約・MNP転出ができない!トラブル時のお問い合わせ窓口は?

ワイモバイルで解約・MNP転出した際に起こりやすいトラブルは、次のとおりです。

なおトラブル時にはワイモバイルショップや、自動音声応答サービスで問い合わせが可能です。

またTwitterでの問い合わせも可能ですので、合わせて活用していきましょう。

解約したくても電話がつながらない!対処する方法は?

ワイモバイルで解約したくても電話がつながらないときの対処方法は、次のとおりです。

店舗でもオンラインでも解約手続きができるのは、ワイモバイルならではの強みです。

電話がつながらないときは、ほかの窓口も上手く活用していきましょう。

ワイモバイルの解約・MNP転出方法まとめ

ワイモバイル
料金プラン
(税込)
・シンプルS:
月額基本料金 2,178円〜

・シンプルM:
月額基本料金 3,278円〜
・シンプルL:
月額基本料金 4,158円〜
データ通信量・シンプルS:月々3GBまで
・シンプルM:月々15GBまで
・シンプルL:月々25GBまで
音声通話料金
(税込)
22円 / 30秒
※1回の国内通話につき10分まで無料
通信速度
(※速度制限時)
・シンプルS:最大300Kbps
・シンプルM:最大1Mbps
・シンプルL:最大1Mbps
支払い方法・クレジットカード
・口座振替
契約初期費用
(税込)
登録事務手数料:3,300円
実店舗あり

ワイモバイルの解約方法についてまとめました。ワイモバイルは、Webでもワイモバイルショップでも解約が可能です。

ワイモバイルの解約方法をまとめると、以下のようになります。

ワイモバイルは、契約プランによっては違約金が発生します。

そのため解約する場合、契約解除料のかからないタイミングを見極めるのが重要といえるでしょう。

↓今なら乗り換えが超お得↓
最大25,000円相当の
ポイント還元中!

 

※本記事は執筆時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。