格安SIM

格安SIM8社のかけ放題を解説!選び方や利用時の注意点も紹介

「電話かけ放題の格安SIM会社を知りたい」

「電話かけ放題の格安SIMはどこがおすすめかわからない」

格安SIMを取り扱う会社のなかには、電話かけ放題サービスを提供している会社も多くあります。

一方で電話かけ放題のプランの違いは、格安SIMに詳しくない人にはわかりづらいものです。

そこでこの記事では、電話かけ放題の格安SIMについて、下記のトピックをまとめています。

この記事を読むことで、各サービス提供の特徴や違いがわかり、あなたに合ったサービスが見つかるはずです。

かけ放題を提供している格安SIMの選び方

かけ放題を提供している格安SIMの選び方

格安SIMかけ放題を選ぶ際は、以下2つのポイントをチェックすることがおすすめです。

格安SIMかけ放題を選ぶポイント

とくに重要なのは、通話時間です。格安SIMを提供する会社によって、かけ放題の時間が違います。

また通話時間や頻度によって、自分に合ったプランを提供するサービスは変わるでしょう。

ここでは、かけ放題を提供する格安SIM会社の選び方を見ていきます。

ポイント1. 通話時間から選ぶ

ポイント1. 普段利用する通話時間から選ぶ

格安SIMは、会社によってさまざまなかけ放題プランを提供しています。よくあるプランは下記のとおりです。

かけ放題プランは多種多様なので、自分の通話スタイルに合ったものを選ぶ必要があります。通話スタイルで注目すべきは、通話時間です。

短時間の通話を何度もおこなうのなら、3分や10分かけ放題がおすすめでしょう。一方、長時間の電話が多いのなら、月60分や通話無制限のかけ放題を選んでください。

自分が月に何回電話をするのか、一回どのくらいの時間通話しているのかを事前に確認してみてください。

ポイント2. 通話料金から選ぶ

ポイント2. 通話にかかる料金から選ぶ

格安SIMの電話かけ放題は、追加料金のかかるオプション扱いとなります。かけ放題の時間が長くなるほど、オプション料金は高くなる傾向です。

格安SIMに乗り換える最大のメリットは、キャリアよりも料金を抑えられることになります。かけ放題料金の高い会社で契約をしていると、そのメリットを得られません。

格安SIMの料金体系は、下記のようにシンプルです。

格安SIM会社によっては、家族割やキャンペーンなどが適用され、さらに料金が安くなります。

ただし料金を抑える一番のポイントは、自分に合った通話時間のかけ放題プランに加入することです。

かけ放題を提供している格安SIMの料金比較表

かけ放題を提供している格安SIMの料金比較表
格安SIM名プラン名月額料金(税込)利用条件・備考
楽天モバイルRakuten UN-LIMIT VI3,278円Rakuten Linkアプリを使用
時間の制限無し
格安SIM名オプション名月額料金(税込)利用条件・備考
ワイモバイルだれとでも定額770円1回10分以内の国内通話かけ放題
スーパーだれとでも定額(S)1,870円24時間国内通話かけ放題
UQモバイル国内通話10分かけ放題770円1回10分まで
国内通話かけ放題1,870円時間の制限なし
イオンモバイルイオンでんわ10分かけ放題935円1回10分まで
050かけ放題1,650円050IP電話サービスを利用

時間の制限なし

LINEモバイル10分電話かけ放題968円1回10分まで
mineomineoでんわ10分かけ放題935円1回10分まで
BIGLOBEモバイル3分かけ放題660円1回3分まで
10分かけ放題913円1回10分まで
IIJmio誰とでも3分&家族と10分660円1回3分まで
家族となら1回10分まで
誰とでも10分&家族と30分913円1回10分まで
家族となら1回30分まで
OCN モバイル ONE10分かけ放題935円1回10分まで
トップ3かけ放題935円月間の通話料が高かった
上位3つの番号が無料になる
完全かけ放題1,430円時間の制限なし

人気の格安SIM会社が提供するかけ放題プランを比較して、表にしました。

まず注目したいのが、楽天モバイルです。楽天モバイルのみが基本プラン内に、かけ放題機能がついています。

しかしかけ放題の対象となるのは、専用アプリを使用したときのみで、一部電話番号にはかけられません。魅力的なプランですが、通話品質が気になるところです。

家族との通話がメインなら、IIJmioがおすすめとなります。

IIJmioのかけ放題オプションでは、他者との通話なら3分以内ですが、家族となら10分以内かけ放題です。それでいて料金は月額660円(税込)と、群を抜いて安いのも魅力になります。

通話品質にこだわったり、ビジネスシーンで格安SIMを使ったりするのなら、ワイモバイルやUQモバイルがおすすめです。完全かけ放題で、大手キャリア回線を利用しているので安心できるでしょう。

格安SIM8社のかけ放題プラン・オプション

格安SIM8社のかけ放題プラン・オプション

かけ放題を提供している格安SIM8社の料金を比較しました。しかし上記の表で紹介したのは、かけ放題オプション料金のみです。

実際に加入する際には、基本プラン内容や特徴などもチェックしなければいけません。

そこでここからは、かけ放題を提供している人気格安SIM8社の特徴やおすすめポイントを解説します。

通話かけ放題SIM選びの参考にしてみてください。

ワイモバイル(Y!mobile)

ワイモバイル(Y!mobile)

参照:ワイモバイル(Y!mobile)

料金プラン(税込)シンプルS:月額基本料金 2,178円〜
シンプルM:月額基本料金 3,278円〜
シンプルL:月額基本料金 4,158円〜
データ通信量シンプルS:月々3GBまで
シンプルM:月々15GBまで
シンプルL:月々25GBまで
音声通話料金(税込)22円 / 30秒
※1回の国内通話につき10分まで無料
速度制限時の通信速度シンプルS: 最大300Kbps
シンプルM: 最大1Mbps
シンプルL: 最大1Mbps
支払い方法クレジットカード
口座振替
契約初期費用(税込)登録事務手数料:3,300円
実店舗あり
その他学割や家族割などお得なプラン有り

ワイモバイル(Y!mobile)のおすすめポイント

  • ソフトバンクと同水準の通話品質で話せる
  • 家族で入ると2回線目以降が月額1,080円(税込)も割引される
  • 月額1,870円(税込)の追加料金で24時間国内通話が無料になる

ワイモバイル(Y!mobile)の特徴

ワイモバイルは、ソフトバンクのサブブランドです。ソフトバンク回線を使用しているため、高品質の通話と高速通信に期待できます。

家族で入るなら、ワイモバイルがお得です。ワイモバイルは基本プラン料金はやや高めですが、家族で入ると2回線目以降は毎月1,080円(税込)が割引されます。

以下が基本プランと、家族割適用後の料金です。

プラン名月額基本料金(税込)2回線目以降の基本料金(税込)
S(3GB)2,178円990円
M(15GB)3,278円2,090円
L(25GB)4,158円2,970円

家族割は9回線まで適用され、同居していなくても利用できます。全員で入るほどお得になるため、家族でSIMにするのならワイモバイルがおすすめです。

ワイモバイル(Y!mobile)のかけ放題

オプション名月額料金利用条件・備考
だれとでも定額770円1回10分以内の国内通話かけ放題
スーパーだれとでも定額(S)1,870円24時間国内通話かけ放題

ワイモバイルは、3分以内の国内通話かけ放題と24時間の国内通話かけ放題を提供しています。3分以内のかけ放題は、他社のほうが安いため、ワイモバイルで加入する必要はないでしょう。

ワイモバイルで加入するべきなのは、24時間の国内通話かけ放題です。たとえば、以下の条件で加入したとします。

この場合、毎月の料金は2,860円(税込)になります。月額3,000円(税込)の範囲内で、高品質の電話がかけ放題になるのは大きな魅力でしょう。

UQモバイル

UQモバイル

参照:UQ mobile

料金プラン(税込)おひとりでもおトクなくりこしプランS:月額基本料金 1,628円〜
おひとりでもおトクなくりこしプランM:月額基本料金 2,728円〜
おひとりでもおトクなくりこしプランL:月額基本料金 3,828円〜
データ高速プラン : 980円〜
データ無制限プラン : 1,980円〜
データ通信量おひとりでもおトクなくりこしプランS:3GBまで
おひとりでもおトクなくりこしプランM:15GBまで
おひとりでもおトクなくりこしプランL:25GBまで

※余った分は翌月に繰り越し可能
データ高速プラン :3GBまで
データ無制限プラン : 無制限
音声通話料金(税込)22円 / 30秒
速度制限時の通信速度おひとりでもおトクなくりこしプランS: 最大300Kbps
おひとりでもおトクなくりこしプランM:最大1Mbps
おひとりでもおトクなくりこしプランL:最大1Mbps
支払い方法クレジットカード
口座振替
契約初期費用(税込)登録事務手数料:3,300円
実店舗あり
その他学割や家族割などお得なプラン有り
電話かけ放題などの別途オプションも有り
契約解除料なし

UQモバイルのおすすめポイント

  • 国内通話10分かけ放題が月額770円(税込)とお得
  • 余ったデータ容量は翌月に繰り越せるから、ネットを使わない人もお得
  • 節約モード中ならSNSと音楽をデータフリーで楽しめる

UQモバイルの特徴

UQモバイルは、余ったデータ容量を繰り越せるSIMプランを提供しているのがポイントです。

たとえば15GB契約で、月のデータ消費量が13GBだったとします。その場合、翌月のデータ消費量は前月の余り2GB+15GBの17GBです。

またUQモバイルの基本プラン料金は、下記のとおりです。

総務省の調査では、約70%の人が月に5GB以内の消費となっているので、迷ったらSプランがいいでしょう。

さらに節約モード中は、SNSや音楽のデータ消費量がゼロになります。万が一データが足りなくなっても、データの追加購入は可能です。

UQモバイルではSプラン+節約モードの使用で、月額料金を抑えるといいかもしれません。

UQモバイルのかけ放題

オプション名月額料金(税込み)利用条件・備考
国内通話10分かけ放題770円1回10分までかけ放題
国内通話かけ放題1,870円時間制限なしでかけ放題

UQモバイルで注目のかけ放題は、国内通話10分かけ放題です。10分以内の通話なら、何度おこなっても無料になります。

他社も10分かけ放題を提供していますが、月額900円(税込)を超えるところが多いです。

その点、UQモバイルは月額770円(税込)と割安なのでおすすめとなります。

楽天モバイル【キャリアサービス提供中】

楽天モバイル

参照: 楽天モバイル

料金プラン(税込)Rakuten UN-LIMIT VI :月額基本料金 0円〜
※データ利用料によって変動、20GB以上は基本料金3,278円
データ通信量Rakuten UN-LIMIT VI :無制限
音声通話料金22円 / 30秒
※Rakuten Linkアプリの使用で無料
速度制限時の通信速度国内 : 最大1Mbps
国外 : 最大128Kbps
支払い方法クレジットカード
デビットカード
楽天ポイント
口座振替
契約初期費用(税込)0円
実店舗あり
その他データ使用量によってプランが自動で切り替わる
楽天カードでの支払いでポイントがが2倍貯まる

楽天モバイルのおすすめポイント

  • 1GBまで無料だからネットを使わない人はお得
  • 専用アプリ利用で国内通話とSMSが無料
  • メールアドレスも無料で提供される予定

楽天モバイルの特徴

楽天モバイルは、シンプルな料金体系の格安SIMを提供しています。契約時に料金プランを決めるのではなく、毎月のデータ使用量で料金が決まる仕組みです。

データ使用量ごとの月額料金は、以下のとおりになります。

1GBまでの使用なら、月額料金が無料になるのは魅力的です。専用アプリと1GB未満のデータ利用を組み合わせて、無料でSIMを使うことも可能でしょう。

格安SIM提供会社としては珍しく、メールアドレスを提供予定なのもうれしいポイントです。ネットをたっぷり使う人にも、あまり使わない人にもおすすめの格安SIMといえます。

※2020年4月7日をもって、格安SIMとしての楽天モバイルは新規申し込み受付を終了しています。現在はお得な料金設定を維持したまま、第4のキャリアとしてサービスを提供中です。

楽天モバイルのかけ放題

オプション名月額料金(税込み)利用条件・備考
Rakuten Linkアプリ無料アプリを通して国内通話がかけ放題

楽天モバイルは基本プラン内で、通話かけ放題を利用できます。そのため、追加料金を支払うオプションはありません。

楽天モバイルでかけ放題を使うには、無料の「Rakuten Link」アプリのダウンロードが必須です。アプリを通すことで、いつでも無料通話できます。

イオンモバイル

イオンモバイル

参照:イオンモバイル

料金プラン(税込)音声プラン:月額基本料金 1,243円〜
データプラン:月額基本料金 528円〜
シェア音楽プラン:月額基本料金 1,958円〜
やさしいプランmini.S.M.L : 月額基本料金 1,078円〜
※データ利用料によって変動 
データ通信量音声プラン  :
500MB/1GB/2GB/4GB/6GB/8GB/12GB/14GB/20GB/30GB/40GB/50GB
データプラン :
1GB/2GB/4GB/6GB/8GB/12GB/14GB/20GB/30GB/40GB/50GB
シェア音楽プラン :
4GB/6GB/8GB/12GB/14GB/20GB/30GB/40GB/50GB
やさしいプランmini.S.M.L :
200MB/3GB/6GB/8GB
音声通話料金(税込)22円 / 30秒
※データプランは通話不可
速度制限時の通信速度最大200Kbps
支払い方法クレジットカードのみ
契約初期費用(税込)SIMカード発行:3,300円
実店舗あり
その他60才以上のお得なプランが有り

イオンモバイルのおすすめポイント

  • 家族でギガを好きなようにシェアできる
  • 24時間かけ放題オプションが月額1,650円(税込)と割安
  • 050電話番号がもらえるから仕事やプライベートとの使い分け可能

イオンモバイルの特徴

イオンモバイルは、イオンが提供する格安SIMサービスです。Webからの申し込みのほか、全国200店舗以上あるイオンでの対面申し込みもできます。

対面で丁寧に説明してくれるため、はじめてSIMを利用する方でも安心して契約できるでしょう。

イオンモバイルは、豊富な料金プランを提供しています。なかでも、家族に人気なのがギガを分け合えるシェア音声プランです。

たとえば8GBで契約した場合、ネットを使う子どもは4GB、両親は2GBずつとわけられます。

また60歳以上限定の、低速・低容量の格安プランにも注目です。通話がメインの「やさしいプランmini.」は、200MBで月額1,078円(税込)となります。

家族で加入したり、高齢者のSIMを探したりしているのなら、イオンモバイルはいい選択肢でしょう。

イオンモバイルのかけ放題

オプション名月額料金(税込)利用条件・備考
イオンでんわ10分かけ放題935円1回10分まで
050かけ放題1,650円050IP電話サービスを利用

時間の制限なし

イオンモバイルは、10分かけ放題と国内通話かけ放題を用意しています。おすすめは国内通話かけ放題です。

他社の国内通話かけ放題料金は月額1,880円(税込)ほどのなか、イオンモバイルは月額1,650円(税込)と割安価格で提供しています。

そして050番号が無料でもらえるため、仕事とプライベートの使い分けが可能です。

IP電話となるので通話品質には不安が残りますが、通話専用SIMとして使ってもいいでしょう。

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)

参照:mineo(マイネオ)

料金プラン(税込)デュアルタイプ :月額基本料金 1,298円〜
シングルタイプ :月額基本料金 880円〜
お試し200MBコース :月額基本料金 330円〜
※データ利用料によって変動
データ通信量デュアルタイプ  : 1GB/5GB/10GB/20GB
シングルタイプ : 1GB/5GB/10GB/20GB
お試し200MBコース :月々 200MBまで
音声通話料金(税込)22円 / 30秒
※シングルタイプ は通話なし
速度制限時の通信速度最大200Kbps
支払い方法原則クレジットカードのみ
契約初期費用(税込)SIMカード発行:440円
登録事務手数料:3,300円
実店舗あり
その他三大キャリアの回線を好きに選ぶことができる
家族割有り
テザリング無料

mineo(マイネオ)のおすすめポイント

  • 3大キャリア500以上の端末対応だから高確率でSIMを使える
  • 基本料金が5GBで月額1,150円(税込)と格安
  • mineoでんわ10分かけ放題をつけても、5Gプランで計2,315円しかかからない

mineo(マイネオ)の特徴

mineoは、スマホ料金を抑えたい方におすすめの格安SIMです。

mineoの通話 + データ通信が備わったSIMの基本料金プランは、下記のとおりになります。

他社だと、3GBで月額料金が月額1,700円(税込)を超えるところが多いです。しかしmineoは、5GBで月額1,518円(税込)となります。

格安料金でたっぷりネットを使えるのは、うれしいポイントです。

mineo(マイネオ)のかけ放題

オプション名月額料金(税込み)利用条件・備考
mineoでんわ10分かけ放題935円1回10分まで

mineoは専用アプリから通話することで、30秒当たり10円の料金しかかかりません。そのため、たまにしか通話しない方はオプションなしで充分といえるでしょう。

一方、頻繁に通話をする方は10分かけ放題を追加してみてください。10分かけ放題をつけても、5Gプランで合計2,315円(税込) / 月しかかかりません。

ネットを使いつつ短時間の通話をし、料金を抑えたい方にはmineoがおすすめです。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

参照:BIGLOBEモバイル

料金プラン(税込)音声通話SIM:月額基本料金 1,078円〜
データSIM(データ通信+SMS):月額基本料金 1,122円〜
データSIM(データ通信のみ):月額基本料金 990円〜
※データ利用料によって変動
データ通信量音声通話SIM:1GB/3GB/6GB/12GB/20GB/30GB
データSIM(データ通信+SMS):3GB/6GB/12GB/20GB/30GB
データSIM(データ通信のみ):3GB/6GB/12GB/20GB/30GB
音声通話料金(税込)22円 / 30秒
※BIGLOBEでんわアプリ使用時は半額に
※データ通信専用SIMは通話不可
速度制限時の通信速度非公開
支払い方法BIGLOBE非会員:クレジットカードのみ
BIGLOBE会員:光回線の支払い方法
契約初期費用(税込)登録事務手数料:3,300円
SIMカード発行手数料:433円
実店舗あり
その他家族割有り
動画サービス見放題などのオプション有り
3分/10分国内通話かけ放題オプション有り

BIGLOBEモバイルのおすすめポイント

  • 毎月528円の追加でYouTubeなどの動画や音楽が見放題になる
  • 専用アプリからの通話で通話料金は30秒20円→9円になる
  • 家族割で2回線目以降は毎月ずっと200円お得

BIGLOBEモバイルの特徴

BIGLOBEモバイルは、YouTubeなどの動画や音楽を頻繁に使う方におすすめです。

動画視聴には、膨大な通信量がかかってしまいます。そのため、ギガ数の多いプランに加入するのが普通です。

しかしBIGLOBEモバイルなら、月額528円(税込)のオプション「エンタメフリー」を追加するだけでギガの心配は必要ありません。

エンタメフリーを追加すると、動画や音楽配信、書籍配信などデータゼロで楽しめます。

これはほかにはない強みなので、BIGLOBEモバイルに加入するのならエンタメフリーは追加してみてください。

一方、基本料金プランは平均的なので、動画などを観ない方は他社がおすすめです。

BIGLOBEモバイルのかけ放題

オプション名月額料金(税込み)利用条件・備考
3分かけ放題660円1回3分まで
10分かけ放題913円1回10分まで

BIGLOBEモバイルでは、アプリを通して通話したとき、30秒20円の料金が9円まで下がります。そのため、たまにしか通話しない方はオプショはつけないほうがお得です。

頻繁に通話する場合は、3分かけ放題もしくは10分かけ放題を選びましょう。どちらも指定時間内の通話なら、何度かけても無料となります。

IIJmio(みおふぉん)

IIJmio

参照: IIJmio

料金プラン(税込)音声通話機能付きSIM:月額基本料金 1,298円〜
SMS機能付きSIM:月額基本料金 528円〜
データ通信専用SIM:月額基本料金 990円〜
※データ利用料によって変動 
データ通信量音声通話機能付きSIM: 3GB/6GB/12GB
SMS機能付きSIM: 3GB/6GB/12GB
データ通信専用SIM:3GB/6GB/12GB
音声通話料金(税込)22円 / 30秒
※みおふぉんダイアル使用時は半額に
※データ通信専用SIMは通話不可
速度制限時の通信速度非公開
支払い方法クレジットカードのみ
契約初期費用(税込)登録事務手数料:3,300円
SIMカード発行手数料:433円
実店舗あり
その他光回線とセットで月額660円引き

IIJmioのおすすめポイント

  • 使ったぶんだけの支払いだからネットを使わない人もお得
  • 月額660円(税込)と割安料金で10分以内の家族通話が無料になる
  • 専用アプリ利用で30秒の通話が11円まで下がる

IIJmioの特徴

IIJmioは、従量制プランが人気の格安SIM会社です。従量制プランとは、毎月のデータ使用量に応じて月額料金が変わることを指します。

たとえば1GBまでの使用なら月額1,298円(税込)、3GBまでなら月額1,760円(税込)です。1GBごとに料金は変わるので、ネットをあまり使わない人にもお得でしょう。

また通話を頻繁にしない方は、専用アプリから通話するのがおすすめです。

通常発信の場合、30秒当たり22円の料金がかかりますが、専用アプリから通話すると30秒当たり11円まで下がります。

IIJmioのかけ放題

オプション名月額料金(税込み)利用条件・備考
誰とでも3分&家族と10分660円1回3分まで
家族となら1回10分まで
誰とでも10分&家族と30分913円1回10分まで
家族となら1回30分まで

IIJmioは、家族と頻繁に通話する方におすすめです。IIJmioは、「3分かけ放題」と「10分かけ放題」を用意しています。

他社と同じように、指定時間内の通話なら何度おこなっても無料のサービスに見えるでしょう。しかし、IIJmioのかけ放題オプションには下記の特徴があります。

月額660円(税込)の追加で、家族と10分以内の通話が無料になるのは大きな魅力です。IIJmioは、家族との通話が多い方におすすめとなります。

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE

参照:OCN モバイル ONE

料金プラン(税込)音声対応SIM:月額基本料金 1,298円〜
SMS対応SIM:月額基本料金 1,100円〜
データ通信専用SIM:月額基本料金 968円〜
※データ利用料によって変動 
データ通信量音声対応SIM:1GB/3GB/6GB/10GB/20GB/30GB
SMS対応SIM:3GB/6GB/10GB/20GB/30GB
データ通信専用SIM:3GB/6GB/10GB/20GB/30GB
音声通話料金(税込)22円 / 30秒
※OCNでんわアプリ使用時は半額に
※データ通信専用SIMは通話不可
速度制限時の通信速度最大200Kbps
支払い方法クレジットカードのみ
契約初期費用(税込)登録事務手数料:3,300円
SIMカード発行手数料:433円
実店舗あり
その他最低利用期間や解約違約金なし

OCN モバイル ONEのおすすめポイント

  • アプリからの通話で30秒の通話料金がたった11円になる
  • 通話上位3番号となら何時間話しても通話料金無料のオプションがある
  • OCNモバイルONEのドコモ回線速度はトップクラスの速さ

OCN モバイル ONEの特徴

OCNモバイルONEは、ドコモユーザーにおすすめの格安SIMです。

ドコモ回線を提供している格安SIM業者のなかでも、OCNモバイルONEは20.52Mbps(2位のLineモバイルは10.19Mbps)とトップクラスの速さを誇ります。

また月のデータを使い切ったあとでも、比較的快適なネット利用が可能です。

なぜなら「バースト転送機能」という、データを使い切ったとしてもある一定の容量までは高速通信になる機能があるからです。

WebやSNSの読み込みは高速でおこなえるため、ストレスフリーでネットを利用できるでしょう。

ネットを快適に利用したいドコモユーザーに、おすすめの格安SIMです。

OCN モバイル ONEのかけ放題

オプション名月額料金(税込み)利用条件・備考
10分かけ放題935円1回10分まで
トップ3かけ放題935円月間の通話料が高かった
上位3つの番号が無料になる
完全かけ放題1,430円時間の制限なし

3つあるかけ放題オプションのなかでも、注目したいのがトップ3かけ放題。

トップ3かけ放題とは、月間の通話料が高かった上位3つの番号との通話料金が無料になるオプションです。

たとえば恋人と月10時間、母と8時間話したとしましょう。この場合、恋人と母親との通話時間が上位3番号内なら、通話量は無料になります。

特定の人物とのみ長時間話すのなら、トップ3かけ放題がおすすめです。

完全かけ放題の格安SIMなら「ワイモバイル」

ワイモバイル(Y!mobile)

参照:ワイモバイル(Y!mobile)

ワイモバイルの基本料金だけ見ると、高いと感じる人もいるでしょう。しかし、基本プランの内容を確認すると割安なSIMだとよくわかります。

以下が、ワイモバイルの基本プランに含まれている内容です。

これだけ内容が充実していて、3GBプランで月額2,178円(税込)で、家族割適用なら2回線目以降が月額990円(税込)です。完全かけ放題を追加しても、月額料金は4,048円(税込)となります。

キャリア提供のスマホと同じ品質+通話かけ放題で、約4,000円になるのはワイモバイルならではの強みです。

スマホの品質は落とさずに、料金だけ抑えたい方にはワイモバイルがおすすめとなります。

時間に制限のあるかけ放題の格安SIMなら「UQモバイル」

UQモバイル

参照:UQ mobile

UQモバイルは、auのサブブランドとなります。大手キャリアauの回線を使用しているため、回線品質に大きな期待が可能です。

実際に、格安SIMで4年連続通信速度ナンバーワンを達成しています。

UQモバイルの強みは、ネット利用です。以下の特徴をそろえているのは、UQモバイルならではとなります。

月10分以内の通話が多くて、快適なネット通信も楽しみたい方には、UQモバイルがおすすめです。

かけ放題を提供している格安SIMの注意点

かけ放題を提供している格安SIMの注意点

かけ放題を提供する格安SIMを選ぶ際は、下記2点に注意してください。

とくに24時間国内通話かけ放題の格安SIMが少ない点には、注意が必要です。大多数の格安SIMでは、3分や10分以内と通話時間に制限を設けています。

ここでは、かけ放題の格安SIMに加入する際の2つの注意点を見ていきましょう。

注意点1. 完全なかけ放題ではないものが多い

注意点1. 制限のあるかけ放題が多い

かけ放題の格安SIMの大多数は、通話時間に制限を設けています。よく見られるのが、3分・10分通話かけ放題です。

指定時間内の通話なら、何度おこなっても通話料金は無料となります。しかし、通話時間を超えると通話料金が発生するため注意が必要です。

短い通話を繰り返すのなら、時間制限のあるかけ放題がいいでしょう。完全かけ放題よりも、料金はお得になります。

なお、まとまった時間通話する場合は、完全かけ放題の格安SIMに加入したほうがお得です。

注意点2. 通話時の品質が落ちる場合がある

注意点2. 通話時の品質が落ちる場合がある

格安SIMによっては、かけ放題の通話品質が落ちる場合があります。以下が、通話品質が落ちる可能性が高い格安SIMの特徴です。

スマホと同じ通話品質を望む場合、格安SIM会社の回線をチェックしてみてください。

たとえばワイモバイルはソフトバンク回線、UQモバイルはau回線を通話時に利用するため、スマホと同じ通話品質を提供できます。

アプリやIP電話は料金が安くなるぶん、どうしても通話品質が落ちやすいです。

クリアな音声通話をしたいなら、大手キャリアの回線を利用した格安SIMを選んでみてください。

 通話し放題の格安SIM会社まとめ

今回は、 通話し放題の格安SIM会社を紹介しました。この記事で紹介したサービスを再度まとめます。

今回紹介した、かけ放題提供の格安SIM会社はどれもおすすめです。

ぜひ記事を参考にして、あなたに合ったかけ放題の格安SIMを見つけてみてください。