格安SIM

iPhoneが使えるおすすめ格安SIMを比較!乗り換え手順と注意点5選

「iPhoneが使える格安SIMを比較して、一番おすすめのサービスを選びたい」

「格安SIMでiPhoneを設定する手順がわからない」

今回は、iPhoneが使える格安SIMの疑問を解消できるように、以下のトピックを解説していきます。

この記事を読めば、自分に適した格安SIMが見つかるはずです。

格安SIMでiPhoneを使いたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

お得なキャンペーン!
プラン料金3カ月無料

楽天モバイル
  • アプリで国内通話が無料でかけ放題
  • 楽天市場:もらえるポイントが+1倍増える
  • iPhoneの乗り換え:最大2万ポイント還元
  • Rakuten Hand:最大24,999円相当のポイント還元
  • Rakuten WiFi Pocket:お試し + 本体代0円あり!
  • Rakuten Mini:本体価格1円(※在庫切れ注意)
  • パートナーエリア:1年間無料でau回線が月2ギガ使える
  • 楽天スーパーポイントが貯まる!使える!

↓今なら乗り換えが超お得↓
最大25,000円相当の
ポイント還元中!

 

\契約縛り期間なし/
契約解除料もなしで1GBまでは無料

公式サイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/

格安SIMをiPhoneで使うデメリットと注意点

格安SIMをiPhoneで使うデメリットと注意点

格安SIMは、大手キャリアの機能性を格安で楽しめる魅力的なサービスです。

iPhoneを使う際には、手持ちのものをそのまま利用したり、新しくセットで購入したりできます。

ただし、iPhoneで格安SIMを利用するのであれば、以下の点に注意してください。

格安SIMは、月額料金の安さが特徴的ですが、そのぶん使えるサービスが少なくなるデメリットがあります。

格安SIMに乗り換えた際の手間や注意点も押さえながら、慎重に検討してみてください。

格安SIMがiPhoneの最新モデルに対応していないことがある

動作確認表iPhone 12iPhone 12 ProiPhone 12 Pro MaxiPhone 12 mini
ワイモバイル
UQモバイル
y.u mobile
mineo
OCN モバイル ONE
IIJmio
BIGLOBEモバイル
b-mobile
エキサイトモバイル
DTI SIM
ロケットモバイル××××
リペアSIM××××
LIBMO
HISモバイル
イオンモバイル××
QTモバイル
nuroモバイル
NifMo
リンクスメイト
トーンモバイル××××
J:COMモバイル

格安SIMはまだ発展途上のサービスが多く、iPhoneの最新モデルに対応していないケースもあります。

今回、「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」「iPhone 12 mini」に対する動作確認の有無をチェックしたところ、以下の結果となりました。

iPhone 5s(iOS11.3)以降に対応、iPhone 6s(iOS11.3)以降に対応とあっても、注意が必要です。

最新モデルで格安SIMに乗り換えたい場合は、必ず動作確認端末をチェックしてみてください。

とはいえ、全21種のなかで最新モデルに対応していなかったのは、上記4種のみとなります。

今後、検証が進んでいく可能性もありますので、定期的にチェックしておくといいでしょう。

APN設定を自分でする必要がある

格安SIMでiPhoneを使うことになったら、APN設定をしなければなりません。

APN設定とは「アクセスポイントネーム」の略称で、インターネットに接続した状態を作る重要な作業です。

大手キャリアでは、あらかじめ設定されているものになりますが、格安SIMの場合は自分自身で設定する必要があります。

ネット環境が必要になるため、Wi-Fiに接続できる場所で設定を進めてみてください。

とはいえ格安SIMでは、iPhoneでAPN設定をする方法について、紹介しているサービスも多くあります。

手順も細かく示してあり、わからなくなったらサポート対応も可能です。スムーズに済めば3分ほどで終わる作業なので、焦らず設定してみてください。

キャリアメールは利用できなくなる

手持ちのiPhoneをそのまま利用する際は、キャリアメールの取り扱いに注意が必要です。

格安SIMに乗り換えると、キャリアメールが利用不可となります。

新しいアドレスを取得しなければなりませんが、メールアドレス自体を用意しない格安SIMも少なくありません。

また用意していたとしても、サービスによって有料か無料かは異なります。

手持ちのiPhoneをそのまま使って格安SIMへ移行する場合は、メールサービスにも注意してください。

LINEアプリの年齢認証・ID検索はできない

格安SIMでiPhoneを利用する際には、LINEの年齢認証に関するサービス全般が使えなくなります。

LINEで年齢認証などのサービスが使えるのは、大手キャリアとLINEが連携しているからです。

一方、格安SIMはLINEとは連携しておらず、ユーザー情報の共有もしていません。

そのため、年齢認証が必須となる「ID検索」や「電話番号での友だち検索」には制限がかかります。また、「オープンチャット」の表示も規制の一部です。

ただし、最近では「イオンモバイル」など、一部のMVNOでも年齢認証に対応する格安SIMが登場しています。

契約形態を踏まえながら、自分の使い方に合った格安SIMを探してみてください。

キャリアのiPhoneを使う場合はSIMロック解除に注意

大手キャリアで購入したiPhoneを使用したい場合には、SIMロック解除に注意が必要です。

SIMロック解除の有無については、格安SIMで使う回線や、iPhoneを購入したキャリアで確認してみてください。

まずは、SIMロック解除ができるかどうか、購入先のキャリアで手持ちのiPhoneをチェックすることが大切です。

また、iPhoneの発売時期によっては、オンラインでの手続きができないサービスもあります。

店頭受付のみとなると、手数料が発生するので必ず確認しておくことが大切です。

なおSIMロック解除の際は、スマホ内のデータが消える可能性があるため、データ移行を忘れずにしてみてください。

格安SIMをiPhoneで使うメリット

格安SIMをiPhoneで使うメリット

格安SIMをiPhoneで使うメリットとして、以下などが挙げられます。

まず押さえておきたいのが、格安SIMでよく実施されている「乗り換えキャンペーン」の活用です。

キャッシュバックを提供する格安SIMもあり、うまく使えば乗り換えによる負担を少なくできます。

また、手持ちのiPhoneで乗り換えることで金額が上がったり、iPhoneとSIMの同時購入でお得になったりするサービスもあります。

自分が使う端末に合わせて、もっともお得なキャンペーン特典を利用してみてください。

また格安SIMに乗り換えると、データ容量を大幅にアップさせない限り、月額料金が安くなります。

さらに、iPhoneも大手キャリアから買う必要はなく、Apple Storeで格安で購入可能です。

もし中古のiPhoneや、昔使っていたiPhoneがある場合は、子ども用スマホとして再利用するのもおすすめです。

対応機種であることを確認して、格安SIMへお得に乗り換えてみてください。

iPhoneが使えるおすすめ格安SIM3選を比較

iPhoneが使えるおすすめ格安SIM3選を比較

ここでは、iPhoneが利用できる格安SIMで、おすすめのサービスを3つ紹介していきます。

今回紹介する格安SIMは、次の3つです。

iPhoneが使えるおすすめ格安SIM

それぞれの特徴と強みを踏まえながら、自分に合ったサービスを探してみてください。

ワイモバイル

ワイモバイル(Y!mobile)
料金プラン
(税込)
・シンプルS:
月額基本料金 2,178円〜

・シンプルM:
月額基本料金 3,278円〜
・シンプルL:
月額基本料金 4,158円〜
データ通信量・シンプルS:月々3GBまで
・シンプルM:月々15GBまで
・シンプルL:月々25GBまで
音声通話料金
(税込)
22円 / 30秒
※1回の国内通話につき10分まで無料
通信速度
(※速度制限時)
・シンプルS:最大300Kbps
・シンプルM:最大1Mbps
・シンプルL:最大1Mbps
支払い方法・クレジットカード
・口座振替
契約初期費用
(税込)
登録事務手数料:3,300円
実店舗あり

ワイモバイルはソフトバンクグループが提供しており、ソフトバンクから乗り換えるメリットが多い格安SIMです。

現在取り扱っているiPhoneの機種は、iPhone 12・iPhone 12 mini・iPhone SEの3種類。iPhoneシリーズの最新モデルにも、対応する格安SIMとなります。

連携するYahoo!関連サービスが特徴的で、加入すると「Yahoo!ウォレット」を無料で利用可能です。

また、特典の多い「Yahoo!プレミアム for Y!mobile」も、他社にはない人気のサービス。

「Yahoo!プレミアム for Y!mobile」では、「Yahoo!ショッピング」や「PayPayモール」で使えるポイント還元に、雑誌・マンガが読み放題となる「読み放題プレミアム」がついてきます。

電子マネー利用や、オンラインショッピングが多い人は、ぜひ一度チェックしてみてください。

↓今なら乗り換えが超お得↓
最大1万円相当の
ボーナスプレゼント!

 

UQモバイル

UQモバイル

料金プラン
(税込)
・くりこしプランS:
月額基本料金 1,628円〜
・くりこしプランM:
月額基本料金 2,728円〜
・くりこしプランL:
月額基本料金 3,828円〜
データ通信量・くりこしプランS:3GBまで
・くりこしプランM:15GBまで
・くりこしプランL:25GBまで
※余った分は翌月に繰り越し可能

音声通話料金
(税込)
22円 / 30秒
通信速度
(※速度制限時)
・くりこしプランS:最大300Kbps
・くりこしプランM:最大1Mbps
・くりこしプランL:最大1Mbps
支払い方法・クレジットカード
・口座振替
契約初期費用
(税込)
登録事務手数料:3,300円
実店舗あり

UQモバイルは、「くりこしプランS/M/L」の3種類の料金プランを用意する格安SIMです。

手持ちのiPhoneでの乗り換えも簡単で、最新モデルでも以下の3ステップで切り替えられます。

取り扱っているiPhoneはiPhone 12・iPhone 12 mini、iPhone 11、iPhone SE、iPhone 7の5種類。

5G通信機能やデュアルカメラシステムなど、最新モデルならではの高品質な機能も利用できます。

また、余ったデータ容量を繰り越して使える「くりこし機能」も魅力的なポイントです。

低速時には、最大1Mbpsの「節約モード」に切り替えることで、SNSのデータ消費をノーカウントにできます。

格安SIMへの乗り換えでも、従来とほとんど変わらないiPhoneの機能性が楽しめる人気のサービスです。

↓今なら乗り換えが超お得↓
最大1万円の
キャッシュバック実施中!

 

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE

料金プラン
(税込)
・音声対応SIM:
月額基本料金 770円〜
・SMS対応SIM:
月額基本料金 990円〜
・データ通信専用SIM:
月額基本料金 858円〜
※データ利用料によって変動 
データ通信量・音声対応SIM:
1GB/3GB/6GB/10GB
・SMS対応SIM:
3GB/6GB/10GB
・データ通信専用SIM:
3GB/6GB/10GB
音声通話料金
(税込)
22円 / 30秒
※OCNでんわアプリ使用時は半額に
※データ通信専用SIMは通話不可
通信速度
(※速度制限時)
最大200Kbps
支払い方法クレジットカードのみ
契約初期費用
(税込)
・登録事務手数料:3,300円
・SIMカード発行手数料:433円
実店舗あり

OCN モバイル ONEでは、iPhoneと開通済みのSIMカードをセットで購入できます。

用意されているiPhoneの機種は、以下のとおりです。

低速時に高速通信となる「バースト転送機能」もあるため、通信速度や安定性をキープしたい人におすすめです。

OCN モバイル ONEの
お得なキャンペーンを確認!

 

【キャリア回線別】iPhoneが使えるおすすめ格安SIM

【キャリア回線別】iPhoneが使えるおすすめ格安SIM

ここでは、キャリア回線別におすすめしたい格安SIMを紹介していきます。

同じキャリア回線であっても、特徴やメリットはサービスで異なるので注意が必要です。

【キャリア別】iPhoneが使えるおすすめ格安SIM

ソフトバンク・ドコモ・auにわけて解説しているので、使いたい回線をチェックしてみてください。

【ソフトバンク回線】iPhoneが使えるおすすめ格安SIM

ソフトバンク回線で、iPhoneが使えるおすすめ格安SIMは次のとおりです。

どれも、iPhoneの最新モデルまで対応している格安SIMです。

iPhone専用プランや故障時のキャッシュバックなど、それぞれのメリットも押さえてみてください。

【ドコモ回線】iPhoneが使えるおすすめ格安SIM

ドコモ回線で、iPhoneが使えるおすすめ格安SIMは次のとおりです。

ただしリペアSIMでは、「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro Max」の動作確認をしていません。

イオンモバイルも「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」のみ対応となるため、注意してください。

【au回線】iPhoneが使えるおすすめ格安SIM

au回線で、iPhoneが使えるおすすめ格安SIMは次のとおりです。

イオンモバイルで対応しているiPhoneは、「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」のみなので注意してください。

格安SIMでiPhoneを使う方法や設定手順

格安SIMでiPhoneを使う方法や設定手順

格安SIMでiPhoneを使う方法には、以下の3つが挙げられます。

それぞれの設定手順と注意点をまとめているので、確認してみてください。

方法1. 使用中のiPhoneに格安SIMカードを入れて使う

手持ちのiPhoneを使って乗り換える際は、手数料や残債など、金銭的な負担がかかる点に注意してください。

キャンペーンを利用したり、解約のタイミングを見計らったりして、なるべくお得に乗り換えるのがおすすめです。

方法2. 「iPhone」と「格安SIM」の端末セットを購入して使う

端末とのセット購入では、事前に「端末」と「回線」の相性を確認しなくていいというメリットがあります。

その代わりに選べる機種が少ないため、決まった機種を探している際は注意してください。

方法3. SIMフリー版のiPhoneを購入して使う

SIMフリーのiPhoneを、格安SIMの公式サイト以外で購入すると、通常よりも安く購入できるでしょう。

ただし、サポート面における専用窓口はないため、あらかじめ注意してください。

iPhoneが使える格安SIMでよくある質問

iPhoneが使える格安SIMでよくある質問

最後にiPhoneが使える格安SIMで、よくある質問と回答をまとめていきます。

iPhoneが使える格安SIMへお得に乗り換えるためにも、上記3点をしっかりチェックしてみてください。

iPhoneが使える格安SIMに乗り換える際、なにが必要?

iPhoneが使える格安SIMに乗り換える際に、必要なものは次のとおりです。

なおSIMピンは、スマホ購入時のケースに入っています。

もし用意できない場合は、ペーパークリップで代用してみてください。

格安SIMでも、iPhoneでテザリングはできる?

格安SIMでも、iPhoneでテザリングができます。

ただし、すべての格安SIMで対応しているわけではないので、事前に確認してみてください。

ほとんどの格安SIMでは、動作確認端末の一覧でテザリング機能の可否を載せています。

対応端末を確認する際に、あわせてチェックしてみてください。

iPhoneならではのおすすめの使い方はある?

手持ちのiPhoneで乗り換える際、設定画面からバッテリーの消費状態を確認してみてください。

乗り換え前には一度バッテリーを見て、端末の状態を把握しておくのがおすすめです。

またiCloudには、iPhoneユーザー同士で利用できる「共有アルバム」があります。

ONにすると、ほぼ無制限で写真や動画が保存できるため、積極的に活用してみてください。

さらに格安SIMで、子ども用スマホを検討している人は、「ファミリー共有」も押さえてみてください。

「ファミリー共有」を使うと、設定したメンバーに対して、「アプリの使用時間」を管理できます。

iPhoneが使えるおすすめ格安SIMまとめ

ここまでで、iPhoneが使える格安SIMについてまとめました。

格安SIMの場合、サービスによっては最新機種のiPhoneに対応していないこともあるので注意が必要です。

iPhoneが使える格安SIMについてまとめると、以下のようになります。

格安SIMは、それぞれのサービスによっておすすめのポイントが異なります。

iPhoneが使える格安SIMを検討する際は、それぞれのメリットやデメリットを比較して、選んでみてください。