格安SIM

ドコモ回線系の格安SIMのおすすめ5選!料金プラン・通信速度も比較

「ドコモ回線系のおすすめ格安SIMを知りたい」

「格安SIMに乗り換えるメリット・デメリットがわからない」

ドコモ(docomo)は有名で信頼性の高い通信会社だからこそ、同じ回線のMVNO・格安SIMが気になるはずです。

この記事では、次のような情報をまとめています。

  • ドコモ回線系の格安SIMの選び方
  • ドコモ回線系でおすすめの格安SIM
  • 乗り換えるメリット・デメリット

最後までお読みいただければ、きっと自分にぴったりのサービスが見つかるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

ドコモ回線系の格安SIMの選び方

ドコモ回線系の格安SIMの選び方

ドコモ回線系の格安SIMの選び方の例を紹介すると、次のとおりです。

利用シーンや家族構成を考えることで、自分にはどの格安SIMが適しているのか判断しやすくなるでしょう。

【料金】ドコモ回線系の格安SIMを比較

【料金】ドコモ回線系の格安SIMを比較

まずはドコモ回線系の格安SIMにおいて、とくに月額料金が安いサービスを解説していきます。具体的には、以下5つのサービスを比較してみましょう。

  • mineo(マイネオ)
  • BIGLOBEモバイル
  • イオンモバイル
  • OCN モバイル ONE
  • IIJmio

上記のドコモ回線系の格安SIMで、同じギガ数ならどのサービスのどのプランがもっとも安いのか見ていきましょう。

【音声通話付きプランの料金】ドコモ回線系の格安SIMを比較

【音声通話付きプランの料金】ドコモ回線系の格安SIMを比較

ソフトバンク回線系の格安SIMで、音声通話付きプランを比較しました。結果、容量別の最安値は次のようになりました。

このように、多くのギガ数においてイオンモバイルの料金が安い結果となりました。ただしmineoや、OCN モバイル ONEもギガ数によっては最安です。

BIGLOBEモバイルや、IIJmioには最安プランはありません。しかしそれぞれ異なる特徴があるため、よく比較して選びましょう。

【データ通信専用プランの料金】ドコモ回線系の格安SIMを比較

【データ通信専用プランの料金】ドコモ回線系の格安SIMを比較

ソフトバンク回線系の格安SIMで、データ通信専用プランを比較しました。結果、容量別の最安値は次のようになりました。

このようにドコモ回線系格安SIMのデータ専用プランにおいては、mineoとイオンモバイルが安い結果となりました。

ただし、他社の格安SIMもほぼ同程度の価格帯となっています。そのため、サービス内容も比較して選ぶといいでしょう。

【通信速度】ドコモ回線の格安SIMを比較

【通信速度】ドコモ回線の格安SIMを比較
格安SIM平均Ping値上り平均値下り平均値
mineo69.64ms10.92Mbps34.07Mbps
BIGLOBEモバイル54.26ms11.56Mbps23.78Mbps
イオンモバイル75.48ms8.62Mbps28.15Mbps
OCN モバイル ONE55.62ms13.26Mbps43.93Mbps
IIJmio65.91ms9.81Mbps42.47Mbps

ドコモ回線系の格安SIM5社を比較すると、上り平均値はOCN モバイル ONEがもっとも速い「13.72Mbps」という結果になりました。

下り平均値についてもOCN モバイル ONEがもっとも速く、「46.93Mbps」です。

通信速度における「上り・下り」とは、「アップロード・ダウンロード」のことを意味しています。

ネットを使用する場合には、ダウンロードのほうが利用機会が多いです。そのため、快適にネットを楽しみたいならとくに下り速度を重視してみてください。

ただし格安SIMの通信速度を比較する際、「平均Ping値」も忘れてはいけません。平均Ping値とは、ネットが応答する速度を表す値です。

ユーザーの快適度を示す指標ともいえるでしょう。値が小さいほど、ネットを快適に使えます。

比較表を見ると、平均Ping値がもっとも低いのはBIGLOBEモバイルの「54.13ms」です。通信速度では負けていますが、ネットの快適度という意味ではBIGLOBEモバイルも充分に検討対象となります。

ドコモ回線系の格安SIMのおすすめ5選!

ドコモ回線系の格安SIMのおすすめ5選!

ドコモ回線系の格安SIMを選ぶなら、以下の5つがおすすめです。

  • mineo(マイネオ)
  • BIGLOBEモバイル
  • イオンモバイル
  • OCN モバイル ONE
  • IIJmio

ここまでには上記5つの格安SIMの、料金と通信速度を比較してきました。しかし格安SIMを選ぶ際には、それ以外にもチェックすべきポイントが多数あります。

ここでは、それぞれのドコモ回線系格安SIMの特徴を見ていきましょう。

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)

参照:mineo(マイネオ)

料金プラン(税込)デュアルタイプ :月額基本料金 1,298円〜
シングルタイプ :月額基本料金 880円〜
お試し200MBコース :月額基本料金 330円〜
※データ利用料によって変動
データ通信量デュアルタイプ  : 1GB/5GB/10GB/20GB
シングルタイプ : 1GB/5GB/10GB/20GB
お試し200MBコース :月々 200MBまで
音声通話料金(税込)22円 / 30秒
※シングルタイプ は通話なし
速度制限時の通信速度最大200Kbps
支払い方法原則クレジットカードのみ
契約初期費用(税込)SIMカード発行:440円
登録事務手数料:3,300円
実店舗あり
その他三大キャリアの回線を好きに選ぶことができる
家族割有り
テザリング無料

mineoのおすすめポイント

  • 動作確認済みのスマホ端末が500種類以上と豊富
  • 購入できる端末の種類が豊富で買い替えも安心
  • 実店舗があり直接相談もできる
  • 家族割の適用で月額料金が55円(税込)安くなる
  • 家族や恋人、友達と余った通信量をシェアできる独自サービス

mineoの特徴

mineoは、動作確認済み端末が500種類以上と豊富な格安SIMです。

動作確認済みの端末が多いからこそ、現在使っているスマホをそのまま使い続ける場合でも利用しやすいでしょう。

またmineoには、家族や恋人、友達と余ったデータ容量をシェアできる独自のサービスがあります。

さらに利用料金無料の「パケットギフト」サービスを使えば、自分のデータ通信量を別のmineoユーザーへプレゼントが可能です。

「自分はあまりデータを使わないけど、家族がたくさん使う」という人なら、一緒にmineoを契約するとデータ通信量をシェアできて便利でしょう。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

参照:BIGLOBEモバイル

料金プラン(税込)音声通話SIM:月額基本料金 1,078円〜
データSIM(データ通信+SMS):月額基本料金 1,122円〜
データSIM(データ通信のみ):月額基本料金 990円〜
※データ利用料によって変動
データ通信量音声通話SIM:1GB/3GB/6GB/12GB/20GB/30GB
データSIM(データ通信+SMS):3GB/6GB/12GB/20GB/30GB
データSIM(データ通信のみ):3GB/6GB/12GB/20GB/30GB
音声通話料金(税込)22円 / 30秒
※BIGLOBEでんわアプリ使用時は半額に
※データ通信専用SIMは通話不可
速度制限時の通信速度非公開
支払い方法BIGLOBE非会員:クレジットカードのみ
BIGLOBE会員:光回線の支払い方法
契約初期費用(税込)登録事務手数料:3,300円
SIMカード発行手数料:433円
実店舗あり
その他家族割有り
動画サービス見放題などのオプション有り
3分/10分国内通話かけ放題オプション有り

BIGLOBEモバイルのおすすめポイント

  • 「エンタメフリー・オプション」でYouTubeなどのデータ通信がカウントフリーになる
  • 2回線目以降は家族割で月額220円(税込)割引
  • 「BIGLOBEでんわ」アプリで通話料が半額
  • 余ったデータ容量は翌月へ繰り越し
  • プランによってはデータシェアも可能

BIGLOBEモバイルの特徴

BIGLOBEモバイルは、動画や音楽、電子書籍などのエンタメを楽しみたい人におすすめの格安SIMです。

「エンタメフリー・オプション」と呼ばれるオプションに加入すれば、対象サービスのデータ通信が無制限に使えます。

なおBIGLOBEモバイルのエンタメフリー・オプションの対象サービスの例は、以下のとおりです。

動画・YouTube
・ABEMA
・U-NEXT
・YouTube Kids
音楽・YouTube Music
・Apple Music
・Amazon Music

・LINE MUSIC
・Spotify
・dヒッツ
・楽天ミュージック
・AWA
・RecMusic
ラジオ・radiko
・らじる★らじる
電子書籍・dマガジン
・dブック
・楽天マガジン

・楽天Kobo
その他のアプリ・Facebook Messenger
・au PAY マーケット

このようなサービスをデータ無制限で使えるのは、魅力的です。ただしサービスごとに対象外の通信もあるため、事前に確認してみてください。

イオンモバイル

イオンモバイル

参照:イオンモバイル

料金プラン(税込)音声プラン:月額基本料金 1,243円〜
データプラン:月額基本料金 528円〜
シェア音楽プラン:月額基本料金 1,958円〜
やさしいプランmini.S.M.L : 月額基本料金 1,078円〜
※データ利用料によって変動 
データ通信量音声プラン  :
500MB/1GB/2GB/4GB/6GB/8GB/12GB/14GB/20GB/30GB/40GB/50GB
データプラン :
1GB/2GB/4GB/6GB/8GB/12GB/14GB/20GB/30GB/40GB/50GB
シェア音楽プラン :
4GB/6GB/8GB/12GB/14GB/20GB/30GB/40GB/50GB
やさしいプランmini.S.M.L :
200MB/3GB/6GB/8GB
音声通話料金(税込)22円 / 30秒
※データプランは通話不可
速度制限時の通信速度最大200Kbps
支払い方法クレジットカードのみ
契約初期費用(税込)SIMカード発行:3,300円
実店舗あり
その他60才以上のお得なプランが有り

イオンモバイルのおすすめポイント

  • プランが豊富で、自分にぴったりのギガ数を選べる
  • 60歳以上限定の「やさしいプラン」がお得
  • 家族とデータをシェアできるプランも用意
  • 全国200以上のイオン店舗でサポートが受けられて安心
  • 「イオンでんわ」アプリを使えば通話料が半額

イオンモバイルの特徴

イオンモバイルは、イオングループが提供する格安SIMサービスです。料金プランが豊富な特徴があり、プランによってギガ数が細かく分かれています。

そのため自分にぴったりのデータ容量で契約でき、毎月の料金に無駄がありません。

またイオンモバイルには、60歳以上限定のお得な「やさしいプラン」が用意されています。

家族でデータ通信量をシェアできるプランもあり、家族みんなで使うにもおすすめの格安SIMです。

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE

参照:OCN モバイル ONE

料金プラン(税込)音声対応SIM:月額基本料金 1,298円〜
SMS対応SIM:月額基本料金 1,100円〜
データ通信専用SIM:月額基本料金 968円〜
※データ利用料によって変動 
データ通信量音声対応SIM:1GB/3GB/6GB/10GB/20GB/30GB
SMS対応SIM:3GB/6GB/10GB/20GB/30GB
データ通信専用SIM:3GB/6GB/10GB/20GB/30GB
音声通話料金(税込)22円 / 30秒
※OCNでんわアプリ使用時は半額に
※データ通信専用SIMは通話不可
速度制限時の通信速度最大200Kbps
支払い方法クレジットカードのみ
契約初期費用(税込)登録事務手数料:3,300円
SIMカード発行手数料:433円
実店舗あり
その他最低利用期間や解約違約金なし

OCN モバイル ONEのおすすめポイント

  • 「MUSICカウントフリー」で対象音楽サービスがデータ無制限
  • 「OCNでんわアプリ」の利用で通話料金が半額
  • 自宅のネット「OCN光」とまとめて月額220円(税込)割引
  • ドコモ回線通信品質で二期連続総合1位獲得
  • 実店舗がありトラブル時のサポートも安心

OCN モバイル ONEの特徴

ドコモ回線系のOCN モバイル ONEは、安定した通信品質を利用したい人におすすめの格安SIMです。

「MM総研 2020年10月 MVNOネットワーク品質調査」によると、OCN モバイル ONEはドコモ回線通信品質において二期連続で1位を獲得しています。

さらにOCN モバイル ONEでは、「MUSICカウントフリー」と呼ばれる無料のサービスで、対象の音楽サービスがデータ無制限で利用可能です。

MUSICカウントフリーの対象サービスを見てみましょう。

  • Amazon Music
  • LINE MUSIC
  • Spotify
  • dヒッツ
  • AWA
  • RecMusic
  • ANiUTa
  • ひかりTVミュージック

なおMUSICカウントフリーは無料ですが、申し込み手続きが必要な点のみ注意してください。

IIJmio(みおふぉん)

IIJmio

参照: IIJmio

料金プラン(税込)音声通話機能付きSIM:月額基本料金 1,298円〜
SMS機能付きSIM:月額基本料金 528円〜
データ通信専用SIM:月額基本料金 990円〜
※データ利用料によって変動 
データ通信量音声通話機能付きSIM: 3GB/6GB/12GB
SMS機能付きSIM: 3GB/6GB/12GB
データ通信専用SIM:3GB/6GB/12GB
音声通話料金(税込)22円 / 30秒
※みおふぉんダイアル使用時は半額に
※データ通信専用SIMは通話不可
速度制限時の通信速度非公開
支払い方法クレジットカードのみ
契約初期費用(税込)登録事務手数料:3,300円
SIMカード発行手数料:433円
実店舗あり
その他光回線とセットで月額660円引き

IIJmioのおすすめポイント

  • 「みおふぉんダイアル&アプリ」で通話料が半額
  • 自宅のネット「IIJmioひかり」とセット契約で月額660円(税込)割引
  • 利用シーンに合わせて選べる豊富な料金プラン
  • 定額制プランの場合、余ったデータ容量を翌月へ繰り越し可能
  • 多くのプランでデータシェアが可能

IIJmioの特徴

IIJmioは、自宅のインターネット「IIJmioひかり」とのセット割引がお得な格安SIMです。

ネットとのセット割引額は月額660円(税込)であり、他社の格安SIMよりも大幅な月額料金の値下げが期待できます。またIIJmioは、料金プランの種類が豊富な点も要チェックです。

データ使用量に応じて料金が自動適用される従量制プランや、複数のSIMでデータシェアできる定額プランがあります。利用シーンや家族構成に合わせて、最適な使い方ができる点がメリットです。

【Q&A】ドコモ回線系の格安SIMでよくある質問

【Q&A】ドコモ回線系の格安SIMでよくある質問

ドコモ回線系の格安SIMを検討する際、次のような疑問をもつ人も多いのではないでしょうか。

  • ドコモ回線系の格安SIMのメリット・デメリットは?
  • ドコモ回線系の格安SIMへ乗り換える注意点は?

ここでは、これらの疑問へお答えします。ドコモ回線系の格安SIMに関して上記のような疑問がある人は、ぜひ参考にしてみてください。

ドコモ回線系の格安SIMへ乗り換えるメリットとデメリットは?

ドコモ回線系の格安SIMへ乗り換えるメリットとデメリットは?

ドコモ回線系の格安SIMへ乗り換えるメリット・デメリットは、以下のとおりです。

ドコモからドコモ回線系の格安SIMへ乗り換える場合、端末の相性はそれほど心配ないでしょう。

しかしauや、ソフトバンクなど他社で購入した端末の場合は、端末との相性が悪い可能性はゼロではありません。

ドコモ回線系の格安SIMへ乗り換えるときの注意点は?

ドコモ回線系の格安SIMへ乗り換えるときの注意点は?

ドコモ回線系の格安SIMへ乗り換える際は、事前に格安SIMの公式サイトを見て、使っている端末が動作確認済みかどうかチェックしてみてください。

動作確認済みの端末でない場合は、せっかく格安SIMを契約しても正常に通信ができない恐れがあります。

auやソフトバンクなど、ドコモ以外で購入したスマホ端末の場合は、格安SIMを快適に使うためにも必ず確認するようにしてください。

またドコモで端末を購入した人であっても、念のためにチェックしておくことをおすすめします。

ドコモ回線系の格安SIMのおすすめまとめ

今回は、ドコモ回線系の格安SIMに関する情報を総合的に解説しました。記事の要点をおさらいすると、以下のとおりです。

この記事で紹介したドコモ回線系の格安SIMは、どれも評判が高いおすすめのサービスです。

気になった格安SIMがあれば、まずは公式サイトで動作確認済み端末をチェックしてみましょう。