格安SIM

楽天モバイルとワイモバイルはどちらがおすすめ?通信速度・料金を比較!

「楽天モバイルとワイモバイルを比較したい」

「楽天モバイルとワイモバイルのどちらがおすすめか知りたい」

楽天モバイルとワイモバイルは、どちらも通信速度が速いと評判の格安スマホです。この記事では、次のような情報をまとめています。

最後までお読みいただければ、きっとどちらが自分に最適か判断できるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

※2020年4月7日をもって、格安SIMとしての楽天モバイルは新規申し込み受付を終了しています。現在はお得な料金設定を維持したまま、第4のキャリアとしてサービスを提供中です。

【結論】 楽天モバイルとワイモバイルはどちらがおすすめ?

楽天モバイルとワイモバイルはどちらがおすすめ?
楽天モバイルワイモバイル
料金プラン(税込)Rakuten UN-LIMIT VI :月額基本料金 0円〜
※データ利用料によって変動、20GB以上は基本料金3,278円
シンプル S :月額基本料金 2,178円〜
シンプル M :月額基本料金 3,278円〜
シンプル L :月額基本料金 4,158円〜
データ通信量Rakuten UN-LIMIT VI :無制限シンプル S :月々3GBまで
シンプル M:月々15GBまで
シンプル L:月々25GBまで
3日間通信制限なしあり
(3日間で10GB使用した場合)
速度制限時の通信速度国内 : 最大1Mbps
国外 : 最大128Kbps
シンプル S : 最大300Kbps
シンプル M: 最大1Mbps
シンプル L: 最大1Mbps
音声通話料金(税込)22円/30秒
※Rakuten Linkアプリの使用で無料
22円/30秒
※1回の国内通話につき10分まで無料
通話オプション

(税込)

国際通話かけ放題:1,078円(税込)/月10分電話かけ放題:770円
かけ放題:1,870円
支払い方法・クレジットカード
・口座振替
・クレジットカード
・口座振替
契約初期費用(税込)0円登録事務手数料:3,300円
実店舗ありあり

楽天モバイルとワイモバイルは、どちらも高速通信が安定していると評判の格安スマホです。それぞれのサービスがおすすめな人の特徴は、以下のとおりになります。

楽天モバイルは、月間のデータ使用量に応じて段階料金が自動適用される特徴があります。

プランを選ぶ必要がなく、毎月の使用量に最適な料金になるのは複雑な携帯会社が多いなか、非常にわかりやすいです。

また専用アプリを使用すれば、国内通話が無料でかけ放題な点も楽天モバイルの特徴といえます。楽天回線エリアならデータ通信も無制限のため、ネットを使い放題で楽しむことが可能です。

一方のワイモバイルは、ソフトバンクからの乗り換え時に違約金や手数料が発生しない特徴があります。

ソフトバンクのインターネットとまとめると割引が適用になるほか、Yahoo!関連サービスがお得になる特典も魅力です。

楽天モバイルとワイモバイルの共通点

楽天モバイルとワイモバイル2つの共通点

楽天モバイルとワイモバイルには、以下の共通点があります。

このように楽天モバイルもワイモバイルも、月額料金が安くて通信速度が速い特徴のある格安スマホです。

それでは楽天モバイルとワイモバイルの料金と通信速度について、どのような点が共通しているのか解説します。

共通点1. 3大キャリアよりも格安

共通点1. 3大キャリアよりも格安

楽天モバイルとワイモバイルは、どちらも共通して3大キャリアよりも月額料金が安い特徴があります。

ドコモ・au・ソフトバンクには、いずれもデータ無制限のプランが用意されているでしょう。

3社で若干の価格差があるものの、割引適用前の料金はおおよそ月額7,300円(税込)ほどになります。

一方楽天モバイルは、データ量が無制限で最大料金は月額3,278円(税込)と格安です。

ワイモバイルにはデータ無制限のプランはなく、もっとも容量の多いプランで月額3,780円(税込)となっています。

このように楽天モバイルもワイモバイルも、三大キャリアより月額料金が安いです。

共通点2.  高速通信が安定している

共通点2.  高速通信が安定している

楽天モバイルとワイモバイルの共通点として、高速通信が安定している点が挙げられます。

楽天モバイルは独自回線をっており、ワイモバイルはソフトバンクの回線を使用しているため安定感があるでしょう。

ユーザーの体感速度をチェックできる「みんそく」では、楽天モバイルの下り平均速度は25.52Mbpsという結果が出ています。一方のワイモバイルでは、下り平均速度は41.55Mbpsです。

数字だけ見れば、楽天モバイルのほうが遅いように感じてしまいます。しかし25Mbpsの速度があれば、普通にネットを使うぶんには問題なく利用できるでしょう。

なお下り速度とはダウンロード速度のことで、ネットや動画を楽しむ際に重視される指標です。

楽天モバイルとワイモバイルの違いを比較

楽天モバイルとワイモバイルの違いを比較

ここでは、楽天モバイルとワイモバイルで異なるポイントを比較していきましょう。具体的には、次の3つの要素に分けて比較します。

楽天モバイルとワイモバイルで異なるポイント

ネットの通信速度や料金プランの内容は、スマホ契約の根幹に関わる大事な部分です。

楽天モバイルかワイモバイルのどちらを選ぼうか迷っている人は、ぜひ判断材料にしてみてください。

【通信速度】楽天モバイルとワイモバイルを比較

【通信速度】楽天モバイルとワイモバイルを比較
公式(上り)公式(下り)みんそく(上り)みんそく(下り)速度制限時(上り)速度制限時(下り)
楽天モバイル平均15.99Mbps平均25.52Mbps楽天回線:制限なし
パートナー回線:最大1Mbps
楽天回線:制限なし
パートナー回線:最大1Mbps
ワイモバイル最大25Mbps(LTE)最大75Mbps(LTE)平均12.28Mbps平均41.55MbpsシンプルS:最大300Kbps
シンプルM:最大1Mbps
シンプルL:最大1Mbps
シンプルS:最大300Kbps
シンプルM:最大1Mbps
シンプルL:最大1Mbps

まずは、楽天モバイルとワイモバイルの通信速度を比較します。

残念ながら楽天モバイル公式では、通信速度の目安は公開されていません。ワイモバイルでは、LTEの下り最大速度は75Mbpsとされています。

実効速度を確認できる「みんそく」では、楽天モバイルの下り平均速度は25.52Mbpsです。一方のワイモバイルでは、下り平均速度は41.55Mbpsとなります。

どちらも快適にネットが楽しめる水準ではありますが、下り速度についてはワイモバイルのほうがやや高速です。

【料金プラン】楽天モバイルとワイモバイルを比較

【料金プラン】楽天モバイルとワイモバイルを比較
プラン名月額料金(税込)家族割(税込)おうち割(税込)学割(税込)通信容量
楽天モバイルRakuten UN-LIMIT Ⅵ〜1GB:0円
〜3GB:1,078円
〜20GB:2,178円
20GB〜:3,278円
なしなしなし無制限
ワイモバイルシンプルS2,178円ありありあり3GB
ワイモバイルシンプルM3,278円ありありあり15GB
ワイモバイルシンプルL4,158円ありありあり25GB

次に、楽天モバイルとワイモバイルの料金プランを比較していきましょう。

楽天モバイルにはとくに割引制度はなく、もともとの料金が安めに設定されています。

一方のワイモバイルには、「家族割引サービス」や「おうち割 光セット(A)」、「ワイモバ学割」など割引制度が豊富です。

もともとの料金は楽天モバイルよりも高いですが、適用できる割引内容によってはお得に使用できます。

ただしワイモバイルでは、併用できない割引もあるため注意してください。たとえば、「家族割引サービス」と「おうち割 光セット(A)」の併用はできません。

【新プラン】楽天モバイルとワイモバイルを比較

【新プラン】楽天モバイルとワイモバイルを比較
プラン名月額料金(税込)電話し放題(税込)通信容量
楽天モバイルRakuten UN-LIMIT Ⅵ〜1GB:0円
〜3GB:1,078円
〜20GB:2,178円
20GB〜:3,278円
国内通話かけ放題:専用アプリ使用で無料
国際通話かけ放題:1,078円
無制限
ワイモバイルシンプルS/M/LS:2,178円
M:3,278円
L:4,158円
国内通話10分かけ放題:770円
国内通話かけ放題:1,870円
S:3GB
M:15GB
L:25GB

次に、楽天モバイルとワイモバイルの新プランに含まれている内容や、通話オプションについて比較してみましょう。

楽天モバイルには、基本料金に国内通話の無料かけ放題が含まれているのがポイントでしょう。なお通話には、「Rakuten Linkアプリ」と呼ばれる専用アプリを使用します。

Rakuten Linkアプリは、ナビダイヤルなどの有料電話を除き、ほぼ普通の電話と同じように使用可能です。

一方のワイモバイルには、基本料金には国内通話のかけ放題が含まれていません。国内通話かけ放題は、別途オプションをつける必要があります。

【比較まとめ1】「ワイモバイル」より「楽天モバイル」がおすすめな人

【比較まとめ1】「ワイモバイル」より「楽天モバイル」がおすすめな人

ここまでに比較してきた内容をまとめると、以下の特徴に当てはまる人にはワイモバイルよりも楽天モバイルがおすすめです。

ワイモバイルよりも楽天モバイルがおすすめな人の特徴について、詳しくみていきましょう。

価格をより安く抑えたい人

価格をより安く抑えたい人

月額料金を少しでも安く抑えたい人であれば、ワイモバイルよりも楽天モバイルのほうがおすすめです。

月間データ使用量ごとの月額料金を比較表にまとめると、以下のとおりです。

月間データ使用量ワイモバイルの月額料金(税込)楽天モバイルの月額料金(税込)
〜1GB2,178円(シンプルS)0円(自動適用)
〜3GB1,078円(自動適用)
〜15GB3,278円(シンプルM)2,178円(自動適用)
〜20GB4,158円(シンプルL)
〜25GB3,278円(自動適用)
25GB〜※別途オプションが必要

このようにすべての月間データ使用量の場合において、楽天モバイルのほうが月額料金は安くなっています。

ただしワイモバイルは、家族割や学割などの各種割引が適用できれば、状況によっては楽天モバイルより安くなる場合もあるようです。そのため家族構成や、家庭の状況に合わせて選ぶのがおすすめでしょう。

プランをいちいち選ぶのがめんどうな人

プランをいちいち選ぶのがめんどうな人

プラン選びが面倒な人にも、楽天モバイルのほうがおすすめです。楽天モバイルで用意されている料金プランは、Rakuten UN-LIMIT VIの1種類のみです。

月間データ使用量に合わせて自動的に段階料金が適用され、自分でプランを選ぶ必要がありません。

このような特徴から、楽天モバイルは毎月のデータ使用量にばらつきがある人にもおすすめです。

一方のワイモバイルは、選んだプランにより使用できるデータ容量に上限があります。「自動適用だと使い過ぎが心配」と感じる人なら、楽天モバイルを検討するといいでしょう。

楽天のサービスを頻繁に利用する人

楽天のサービスを頻繁に利用する人

楽天グループのサービスを頻繁に利用する人なら、ワイモバイルより楽天モバイルのほうがおすすめでしょう。楽天モバイルは、楽天市場の「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」の対象です。

楽天モバイルを契約すると楽天市場でのポイント倍率が+1倍になり、お得に買い物ができます。

ほかにも対象となる楽天サービスを利用すれば、楽天市場でのポイント倍率は最大16倍にもなるようです。

そのため楽天グループのサービスをよく利用する人なら、ぜひ楽天モバイルを検討してみてください。

【比較まとめ2】「楽天モバイル」より「ワイモバイル」がおすすめな人

【比較まとめ2】「楽天モバイル」より「ワイモバイル」がおすすめな人

以下の特徴に当てはまる人は、楽天モバイルよりワイモバイルを利用するほうがおすすめです。

楽天モバイルよりワイモバイルのほうがおすすめな人の特徴について、それぞれ詳しくみていきましょう。

ソフトバンクを使っている人

ソフトバンクを使っている人

現在はソフトバンクを契約している人なら、ワイモバイルへの乗り換えがおすすめでしょう。

なぜならソフトバンクからワイモバイルへの乗り換え時の違約金や事務手数料が、今ならキャンペーンで無料になっているためです。

ソフトバンクでは、契約しているプランによっては更新時期以外の解約に契約解除料が発生する場合があります。ワイモバイルへの移行ならそれが不要になるため、お得にスマホの乗り換えが可能です。

またソフトバンクでは、2021年3月17日からMNP転出手数料が廃止されました。MNPとは、現在の電話番号を乗り換え先でも使い続けられるサービスのことです。

これらのポイントにより、ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えは非常にお得といえるでしょう。

家のWi-Fiがソフトバンクの人

家のWi-Fiがソフトバンクの人

自宅のWi-Fiにソフトバンクを契約している人であれば、楽天モバイルよりワイモバイルのほうがおすすめです。

ワイモバイルには、「おうち割 光セット(A)」と呼ばれる割引サービスがあります。

おうち割 光セット(A)とは、ワイモバイルと「ソフトバンク 光」または「ソフトバンク Air」をセット契約することで、シンプルS/M/Lが毎月1,188円(税込)割引になるサービスです。

楽天モバイルには、自宅のネット回線とのセット割引がありません。そのため、自宅のネットとまとめるならワイモバイルがおすすめです。

ただしソフトバンク 光の場合は指定オプションの契約が必要など条件がある点に注意してください。

ヤフオク!など、Yahoo!のサービスをよく使っている人

ヤフオク!など、Yahoo!のサービスをよく使っている人

「ヤフオク!」をはじめとするYahoo!のサービスをよく利用する人なら、楽天モバイルよりワイモバイルのほうがおすすめです。

ワイモバイルには「Yahoo!プレミアム for Y!mobile」と呼ばれるサービスが付いています。そのため、Yahoo!の各種サービスをお得に利用可能です。

Yahoo!プレミアム for Y!mobiledでは、ヤフオク!の手数料が安くなったり、Yahoo!ショッピングのポイント還元率が2%アップしたりとうれしい特典があります。

「楽天のサービスよりYahoo!のサービスを使うほうが多い」という人なら、ぜひワイモバイルを利用してみてください。

「楽天モバイル・ワイモバイル」と「3大キャリアの新プラン」を比較

「楽天モバイル・ワイモバイル」と「3大キャリアの新プラン」を比較
月額料金(税込)割引通信規格通信容量国内電話(税込)
楽天モバイル〜1GB:0円
〜3GB:1,078円
〜20GB:2,178円
20GB〜:3,278円
4G/5G無制限無料かけ放題
(アプリ非使用で22円/30秒)
ワイモバイルシンプルS:2,178円
シンプルM:3,278円
シンプルL:4,158円
家族割
おうち割
学割
4G / 5GシンプルS:3GB
シンプルM:15GB
シンプルL:25GB
22円 / 30秒
ahamo2,970円ファミリー割引4G / 5G20GB5分以内国内通話無料
(5分超過後は、22円 / 30秒)
LINEMO2,728円4G / 5G20GB5分以内国内通話無料
(5分超過後は、22円 / 30秒)
povo2,728円4G / 5G20GB22円 / 30秒
(月額550円で5分以内国内通話無料に)

最後に、楽天モバイル・ワイモバイルと3大キャリアの新プランを比較してみましょう。3大キャリアの新プランは、3種類ともデータ容量は20GBが上限です。

楽天モバイルの20GBまでの月額料金は2,178円(税込)であり、3大キャリアの新プランよりも安くなっています。

ワイモバイルで、25GBまで容量があるシンプルLの月額料金は4,158円(税込)です。

この金額に無料通話も含まれていないことを考えると、3大キャリアの新プランのほうが魅力的ではないでしょうか。

しかしワイモバイルには割引制度が多く、それを利用できるなら検討する価値はあります。

家族でスマホを持ちたい人や、自宅のネットがソフトバンクの人などは確認してみてください。

楽天モバイルとワイモバイルの比較まとめ

今回は、楽天モバイルとワイモバイルを徹底的に比較しました。

楽天モバイルとワイモバイルの違いや特徴、おすすめな人をおさらいすると以下のとおりです。

楽天モバイルワイモバイル
5G対応対応
通話専用アプリで国内かけ放題

※アプリを使わないと22円/30秒

各種かけ放題オプションあり

※通常は22円/30秒

サービスの特徴・楽天回線エリアでデータ通信が無制限

・データ使用量に応じて段階料金が自動適用

・楽天市場での買い物がさらにお得になる

・ソフトバンクの違約金や手数料が無料

・家族割や学割などの割引サービスが豊富

・Yahoo!サービスの利用がさらにお得になる

このような人におすすめ・価格をより安く抑えたい人

・プランをいちいち選ぶのがめんどうな人

・楽天のサービスを頻繁に利用する人

・ソフトバンクを使っている人

・家のWi-Fiがソフトバンクの人

・ヤフオク!など、Yahoo!のサービスをよく使っている人

かんたんにいえば、割引なしでも安いのが楽天モバイルで、割引ありで安いのがワイモバイルです。

楽天モバイルとワイモバイルのどちらが自分に適しているか判断できたら、さっそく公式サイトをチェックしてみましょう。