格安SIM

楽天モバイルとUQモバイルはどちらがおすすめ?通信速度・料金を比較!

「楽天モバイルとUQモバイルを比較したい」

「楽天モバイルとUQモバイル、自分にはどっちがいいかわからない」

この記事では、楽天モバイルとUQモバイルをさまざまな角度から比較しました。具体的には、次のような情報を紹介します。

最後までご覧いただければ、きっと自分にどちらが適しているのか判断できるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

※2020年4月7日をもって、格安SIMとしての楽天モバイルは新規申し込み受付を終了しています。現在はお得な料金設定を維持したまま、第4のキャリアとしてサービスを提供中です。

【結論】 楽天モバイルとUQモバイルはどちらがおすすめ?

 楽天モバイルとUQモバイルはどちらがおすすめ?
楽天モバイルUQモバイル
料金プラン(税込)Rakuten UN-LIMIT VI :月額基本料金 0円〜
※データ利用料によって変動、20GB以上は基本料金3,278円
・おひとりでもおトクなくりこしプランS :月額基本料金 1,628円〜
・おひとりでもおトクなくりこしプラン M:月額基本料金 2,728円〜
・おひとりでもおトクなくりこしプラン L:月額基本料金 3,828円〜
データ通信量Rakuten UN-LIMIT VI :無制限・おひとりでもおトクなくりこしプランS :3GBまで
おひとりでもおトクなくりこしプラン M:15GBまで
おひとりでもおトクなくりこしプラン L:25GBまで
※余った分は翌月に繰り越し可能
3日間通信制限なしあり
(3日間で6GB使用した場合)
速度制限時の通信速度国内 : 最大1Mbps
国外 : 最大128Kbps
・おひとりでもおトクなくりこしプランS : 最大300Kbps
おひとりでもおトクなくりこしプラン M:最大1Mbps
・おひとりでもおトクなくりこしプラン L:最大1Mbps
音声通話料金(税込)22円/30秒
※Rakuten Linkアプリの使用で無料
22円/30秒
通話オプション

(税込)

国際通話かけ放題:1,078円(税込)/月・通信パック(60分/月):550円(税込)/月
・かけ放題(10分/回):770円(税込)/月
・かけ放題(24時間いつでも):1,870円(税込)/月
支払い方法・クレジットカード
・口座振替
・クレジットカード
・口座振替
契約初期費用(税込)0円登録事務手数料:3,300円
実店舗ありあり

楽天モバイルとUQモバイルでは、料金プランやデータ容量、サービス内容などさまざまなポイントが異なります。

両者の特徴を踏まえると、楽天モバイルとUQモバイルがそれぞれおすすめな人は以下のとおりです。

楽天モバイルは、毎月のデータ使用量に応じて自動的に料金が適用される点が特徴です。20GB以上のデータ容量は一律料金となり、無制限にデータを使い放題なこともメリットでしょう。

一方UQモバイルは、選ぶプランによってデータ容量が異なり、データの使い過ぎを防げます。なお余ったデータは、翌月に繰り越して使える点も特徴です。

楽天モバイルとUQモバイルの共通点

楽天モバイルとUQモバイルの共通点

楽天モバイルとUQモバイルの代表的な共通点を挙げると、次のとおりです。

楽天モバイルとUQモバイルの共通点

一言でいえば楽天モバイルとUQモバイルは、料金面でのメリットと通信速度でのメリットが共通しています。

ここからは、楽天モバイルとUQモバイルのどのようなポイントが共通するのか、具体的に見ていきましょう。

共通点1. 月々の料金が安い

共通点1. 月々の料金が安い

楽天モバイルとUQモバイルの両方に共通している特徴として、月々の料金の安さがあります。

楽天モバイルの月額料金は、0円からの変動制です。まったくデータを使わない場合は料金が無料になり、どれだけ多く使っても最大料金は月額3,280円(税込)となります。

一方のUQモバイルは、おひとりでもおトクなくりこしプランS/M/Lの3種類から自分に適したプランを選ぶ仕組みです。選ぶプランにより、利用できるギガ数は違います。

もっとも容量の多い25GBのくりこしプランLでも、月額料金は3,828円(税込)です。

このように楽天モバイルとUQモバイルは、従来の3大キャリアと比べて料金が安い特徴が共通しています。

共通点2. 高速通信の安定性

共通点2. 高速通信の安定性

楽天モバイルとUQモバイルでは、高速通信の安定性も共通しています。

楽天モバイルには「楽天回線エリア」と呼ばれる独自の回線エリアがあるため、安定した通信速度が期待できるでしょう。三大キャリアと同様に、5G通信にも対応しています。

一方のUQモバイルは、3大キャリアのひとつであるauのサブブランドです。他社の格安SIMとは違う大手キャリアのサブブランドだからこそ、安定した速度で通信がおこなえます。

通信の品質において、楽天モバイルを選んでもUQモバイルを選んでも満足しやすいのではないでしょうか。

楽天モバイルとUQモバイルの違いを比較

楽天モバイルとUQモバイルの違いを比較

楽天モバイルとUQモバイルには、異なっているポイントもいくつか存在します。

ここでは以下の3つの要素について、楽天モバイルとUQモバイルの違いを比較していきましょう。

楽天モバイルとUQモバイルの違い

auから楽天モバイルへの乗り換えを考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

【通信速度】楽天モバイルとUQモバイルを比較

【通信速度】楽天モバイルとUQモバイルを比較
公式(上り)公式(下り)みんそく(上り)みんそく(下り)速度制限時(上り)速度制限時(下り)
楽天モバイル平均16.11Mbps平均25.61Mbps・楽天回線:制限なし
パートナー回線:最大1Mbps
・楽天回線:制限なし
パートナー回線:最大1Mbps
UQモバイル最大400Mbps平均9.69Mbps平均45.28Mbps・おひとりでもおトクなくりこしプランS:最大300Kbps
おひとりでもおトクなくりこしプランM/L:最大1Mbps
・おひとりでもおトクなくりこしプランS:最大300Kbps
おひとりでもおトクなくりこしプランM/L:最大1Mbps

まずは、楽天モバイルとUQモバイルの通信速度を比較します。楽天モバイルの具体的な速度は、公式発表されていません。

一方のUQモバイルは下り最大400Mbpsと発表されており、かなりの高速通信といえるでしょう。

なお下り速度とはダウンロード速度のことで、ネットを楽しむときには下り速度のほうが重視されます。

実際のユーザーによる実効速度を確認できる「みんそく」では、下り速度についてはUQモバイルのほうが平均45.28Mbpsと速い結果になりました。

楽天モバイルの下り速度は、平均25.61Mbpsです。UQモバイルには負けているものの、快適にネットが使える速度となっています。

【料金プラン】楽天モバイルとUQモバイルを比較

【料金プラン】楽天モバイルとUQモバイルを比較
通信容量月額料金(税込)学割(税込)
楽天モバイルRakuten UN-LIMIT VI :無制限Rakuten UN-LIMIT VI :月額基本料金 0円〜
※データ利用料によって変動、20GB以上は基本料金3,278円
なし
UQモバイル・おひとりでもおトクなくりこしプランS :3GBまで
おひとりでもおトクなくりこしプラン M:15GBまで
・おひとりでもおトクなくりこしプラン L:25GBまで
※余った分は翌月に繰り越し可能
・おひとりでもおトクなくりこしプランS :月額基本料金 1,628円〜
・おひとりでもおトクなくりこしプラン M:月額基本料金 2,728円〜
おひとりでもおトクなくりこしプラン L:月額基本料金 3,828円〜
・くりこしプランS:8カ月間 990円(税込)
くりこしプランM:12カ月間 990円(税込)
・くりこしプランL:12カ月間 2,090円(税込)※家族にも適用

次に、楽天モバイルとUQモバイルの料金プランを比較してみましょう。楽天モバイルとUQモバイルでは、料金プランの内容の差が大きいです。

楽天モバイルには、データ通信が無制限という特徴があります。毎月のデータ使用量に応じて料金が自動適用される仕組みで、プランは1種類のみとシンプルです。

なおUQモバイルは、必要なギガ数に応じて自分にぴったりのプランを選択できます。余ったデータ容量は翌月に繰り越して使え、賢く無駄なく利用できるのが特徴です。

またUQモバイルは、学割適用で家族も割引になる点もポイントでしょう。これらのポイントを踏まえ、楽天モバイルとUQモバイルを比較してみてください。

【iPhone価格】楽天モバイルとUQモバイルを比較

【iPhone価格】楽天モバイルとUQモバイルを比較

2021年4月現在、残念ながら楽天モバイルでiPhoneは販売されていません。楽天モバイルのSIMを契約すれば、他社で購入したiPhoneをシリーズによっては使えます。

しかし、楽天モバイルで直接iPhoneを入手する方法はないのが現状です。

一方UQモバイルでは、複数種類のiPhoneが販売されています。iPhoneの購入価格の一例を紹介すると、以下のとおりです。

シリーズ価格
iPhone SE(第2世代)64GB:35,640円
128GB:47,520円
※Webで新規契約の場合
iPhone 7※店舗販売のみ/価格非公開

このようにUQモバイルでは、新品とau認定中古品のiPhoneが購入できます。

しかし残念ながらUQモバイルでも、最新のiPhoneは手に入りません。最新機種がほしい場合は、別のサービスで購入してみてください。

【比較まとめ1】「UQモバイル」より「楽天モバイル」がおすすめな人

「UQモバイル」より「楽天モバイル」がおすすめな人

UQモバイルよりも楽天モバイルのほうがおすすめな人の特徴は、以下のとおりです。

それぞれの特徴について、なぜUQモバイルより楽天モバイルのほうがおすすめなのか、詳しく解説していきます。

ギガ数を気にせずにスマホを使いたい人

ギガ数を気にせずにスマホを使いたい人

毎月のデータ使用量、つまりギガ数を気にせず使いたい人にはUQモバイルよりも楽天モバイルがおすすめといえます。UQモバイルは、最大容量のくりこしプランLでも25GBが上限です。

しかし楽天モバイルは20GBを超えた場合、何ギガ使っても料金が一定になります。そのため楽天モバイルでは、データ容量が無制限であり上限がありません。

動画やオンラインゲームを頻繁に利用する人でも、通信制限になる心配はないでしょう。

ただし楽天モバイルのデータ容量が無制限なのは、「楽天回線エリア」のみである点に注意してください。

それ以外の場所では「パートナー回線エリア」となり、月間5GBまでの制限があります。

プランをいちいち選ぶのが面倒な人

プランをいちいち選ぶのが面倒な人

データ容量を気にして料金プランを選ぶのが面倒な人も、UQモバイルより楽天モバイルがおすすめです。

UQモバイルの月額料金は、1カ月間に使ったデータ容量に応じて自動で決定されます。そのため、どの程度のデータ容量がいるのか考える必要はありません。

一方のUQモバイルは、自分のスマホの使い方に合わせて最適なプランを選ぶ必要があります。プラン選びの手間が面倒な人の場合は、楽天モバイルのほうが適しているでしょう。

楽天市場でよく買い物をする人

楽天市場でよく買い物をする人

通販サイト「楽天市場」でよく買い物をする人も、UQモバイルより楽天モバイルを選ぶのがおすすめです。

なぜなら楽天モバイルは、楽天市場をさらにお得に使える「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」の対象になります。

SPUとは、楽天グループの対象サービスを複数利用することで、楽天市場でのポイント還元率がアップするプログラムです。

楽天モバイルを契約すると、SPU適用で楽天市場でのポイントが+1倍アップします。

そのため「楽天市場」でよく買い物をする方は、楽天モバイルのほうがUQモバイルよりおすすめといえるでしょう。

【比較まとめ2】「楽天モバイル」より「UQモバイル」がおすすめな人

「楽天モバイル」より「UQモバイル」がおすすめな人

続いて、楽天モバイルよりUQモバイルを選ぶほうがおすすめな人の特徴を紹介します。以下の特徴に当てはまる人は、楽天モバイルよりUQモバイルのほうがおすすめです。

それぞれの特徴について、どのような内容なのか詳しく見ていきましょう。

auのスマホを使っている人

auのスマホを使っている人

現在auのスマホを使っている人は、楽天モバイルよりUQモバイルを契約するほうがおすすめです。なぜならauからUQモバイルへ乗り換える場合は、auの契約解除料が免除されるためです。

auでは通常、「2年契約」の場合に10,450円(税込)、「2年契約N」の場合に1,100円(税込)の契約解除料が発生します。

しかしauからUQモバイルへ乗り換える場合は、契約解除料や番号移行手数料などが発生しない仕組みです。

「まだ契約期間が残っているけど他社に乗り換えたい」と考えているauユーザーは、ぜひUQモバイルを検討してみてください。

学割が適用できる方

学割が適用できる方

UQモバイルの「UQ学割」の適用対象になる人であれば、楽天モバイルよりもUQモバイルを選ぶほうがおすすめです。

なぜなら楽天モバイルには学割がなく、UQモバイルならではの割引特典だからです。

UQモバイルの学割の適用条件はそれほど難しくなく、学生本人と家族がUQモバイルを契約すればおおよそ適用されるでしょう。

さらにUQモバイルの学割は、学生本人はもちろん家族にも割引が適用される特徴があります。学生のいる家庭なら、家族みんなで割引を受けることが可能です。

データ繰り越しを使いたい人

データ繰り越しを使いたい人

余ったデータを繰り越したい人も、楽天モバイルよりUQモバイルのほうがおすすめです。楽天モバイルの料金プランは、月間データ使用量に応じて自動で料金が適用されます。

そのため自分のスマホの使い方によって、最適な料金になる点は楽天モバイルのメリットです。

しかし回線エリアがまだ限られていたり、自動適用なので裏を返すとデータを使いすぎる心配もあります。

一方のUQモバイルは、選んだプランの上限までしか高速通信が利用できません。そのため楽天モバイルと違って、データの使い過ぎの心配はないです。

さらに使わなかったデータ容量は、翌月に繰り越して使えます。UQモバイルなら、無駄なく賢い使い方ができるでしょう。

「楽天モバイル・UQモバイル」と「3大キャリアの新プラン」を比較

「楽天モバイル・UQモバイル」と「3大キャリアの新プラン」を比較
月額(税込)割引通信規格通信容量国内電話(税込)
楽天モバイルRakuten UN-LIMIT VI :月額基本料金 0円〜
※データ利用料によって変動、20GB以上は基本料金3,278円
なし
※ポイントアップなどキャンペーンはあり
4G / 5G・〜1GB/月:0円
・〜3GB/月:1,078円
〜20GB/月:2,178円
・20GB〜/月:3,278円
専用アプリ:無料かけ放題
通常の電話:22円 / 30秒
UQモバイル・くりこしプランS:1,628円
くりこしプランM:2,728円
・くりこしプランL:3,828円
学割4G / 5G・くりこしプランS:3GB
くりこしプランM:15GB
くりこしプランL:25GB
22円 / 30秒
ahamo2,970円ファミリー割引4G / 5G20GB5分以内国内通話無料
(5分超過後は、22円 / 30秒)
LINEMO2,728円4G / 5G20GB5分以内国内通話無料
(5分超過後は、22円 / 30秒)
povo2,728円4G / 5G20GB22円 / 30秒
(月額550円で5分以内国内通話無料に)

楽天モバイルとUQモバイル、そして三大キャリアの新プランを比較表にまとめました。

いずれも料金面では、いい勝負をしています。しかしデータ容量が無制限という点では、楽天モバイルが優れているようです。

また楽天モバイルは、専用アプリを使った電話が無料でかけ放題な点もメリットでしょう。

UQモバイルは、三大キャリアの新プランにはない少ないデータ容量でも選べる点がメリットです。

使わなかった容量を翌月に繰り越せるのも特徴であり、「それほど多くのデータ通信はしない」という人におすすめできます。

三大キャリアのメリットは、楽天モバイルやUQモバイルよりもさらに通信速度や通話が安定する点です。

少しでも快適にスマホを利用したい人なら、3大キャリアの新プランを検討するといいでしょう。

楽天モバイルとUQモバイルの比較まとめ

今回は、楽天モバイルとUQモバイルの通信速度や料金プラン、サービスの特徴などを徹底比較しました。

楽天モバイルとUQモバイルの特徴をおさらいすると、以下のとおりです。

楽天モバイルUQモバイル
5G対応対応
通話専用アプリで国内かけ放題
※アプリを使わないと22円/30秒(税込)
各種かけ放題オプションあり
※通常は22円/30秒(税込)
サービスの特徴・楽天回線エリアでデータ通信が無制限
・データ使用量に応じて段階料金が自動適用
・楽天市場での買い物がさらにお得になる
・auの契約解除料が無料
・学割あり
・余ったデータを翌月に繰り越せる
このような人におすすめ・毎月のギガ数を気にしたくない人
・ギガ数を気にしてプランを選ぶのが面倒な人
・楽天市場でよく買い物をする人
・現在スマホをauで契約中の人
・学割が適用できる人
・データを繰り越して使いたい人

楽天モバイルもUQモバイルも、インターネットからかんたんに申し込みが可能です。まずは両方の公式サイトをチェックして、自分にぴったりなほうを選んでみてください。