楽天モバイル

楽天モバイルを自宅でWiFiとして使う3つの方法!設定方法も解説

【注意】楽天モバイルの「プラン料金3カ月無料キャンペーン」が2月8日(火)で終了!詳細を今すぐチェック!


【結論】プラン料金3カ月無料は終了!ただし、楽天モバイルにはまだまだお得なキャンペーンがたくさん!

【2022年2月8日(火)まで】楽天モバイルの月額料金3カ月無料キャンペーンは終了!

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」プラン料金3カ月無料キャンペーンの受付は、2022年2月8日(火)に終了しました。

期間内に「Rakuten UN-LIMIT VI」を申し込むと、プラン料金とユニバーサルサービス料が、利用開始日から3カ月間無料になるキャンペーンでした。

現在、プラン料金が無料になるキャンペーンはありませんが、楽天モバイルにはお得なキャンペーンが数多くあります。

楽天モバイルを検討している人は、ぜひ申し込んでみてください!

↓今なら乗り換えが超お得↓
最大35,000円相当の
ポイント還元中!
楽天モバイルで公式サイトをみる\契約縛り期間なし/
契約解除料もなしで1GBまでは無料

公式サイト:
https://network.mobile.rakuten.co.jp/

楽天モバイルを自宅でWiFiとして使う方法について紹介します。

楽天モバイルを自宅でWiFiとして使う方法について知りたい方は、参考にしてみてください。


【結論】1GBまで月額0円 + 大手4キャリア内で満足度No. 1!最大35,000円相当の還元がある楽天モバイルはコスパ抜群!

【最新】楽天モバイルのおすすめポイント・キャンペーンまとめ

↓今なら乗り換えが超お得↓
最大35,000円相当の
ポイント還元中!
楽天モバイルで公式サイトをみる\契約縛り期間なし/
契約解除料もなしで1GBまでは無料

公式サイト:
https://network.mobile.rakuten.co.jp/

楽天モバイルを自宅でWiFiとして使う3つの方法

楽天モバイル

まず、楽天モバイルを自宅でWiFiとして使う3つの方法を確認していきましょう。

それぞれ順番に見ていきましょう。

↓今なら乗り換えが超お得↓
最大35,000円相当の
ポイント還元中!
楽天モバイルで公式サイトをみる公式サイト:
https://network.mobile.rakuten.co.jp/

1 .楽天モバイルを契約して、テザリングで自宅WiFiとして使う

ひとつめは、スマホの「テザリング」機能を使う方法です。

そもそもテザリングとは、スマホのデータ通信を利用して、タブレット端末やパソコン、ゲーム機などをインターネットに接続させる機能のことです。

テザリング機能には、3つの接続方法があります。

メリットデメリット
WiFi接続・対応する端末が多い
・通信速度はやや速い
・複数台の端末に接続できる
・消費電力が多い
USB接続・対応する端末が多い
・通信速度が速い
・充電しながら接続できる
・USBケーブルを用意する必要がある
・端末間のUSBケーブルの規格が合わない場合もある
・1度に1台までしか接続できない
Bluetooth接続・一度ペアリングすると移動時であっても楽に接続できる
・待機時の消費電力がWiFi接続より少ない
・通信速度は3つのなかでもっとも遅い

楽天モバイルのSIMカードが挿し込まれたスマホのテザリング機能を利用することで、別途WiFiルーターを用意しなくてもスマホをWiFiルーターとして使うこともできます。

テザリング機能のあるスマホにデータ通信が利用できるSIMカードを挿せば、どのようなスマホやSIMカードでもテザリングをすることは可能です。

2. 楽天モバイルのSIMカードと、モバイルルーターをセット購入する

2つめは、楽天モバイルのSIMカードとモバイルルーターをセット購入する方法です。

楽天モバイルのSIMカードをモバイルルーターに挿すことで、自宅WiFiとして使えるようになります。この方法を使う場合は、モバイルルーターを別途購入する必要があります。

楽天モバイルで販売されている楽天回線に対応したモバイルルーターは、次のとおりです。

Rakuten WiFi Pocket 2B|キャンペーンにより1円で販売

楽天モバイルの新規申し込み時に、1円で購入できる楽天オリジナルのルーターです。「Rakuten WiFi Pocket 2B」のスペックは、以下のとおりです。

製品名Rakuten WiFi Pocket 2B
カラー展開ホワイト/ブラック
サイズ(高さ/幅/厚さ)約63.8×約107.3×約15mm
重量約106g
連続待受時間(LTE/3G/GSM)約300時間/約300時間/-
連続通信時間(LTE/3G/GSM)約10時間/-/-
バッテリー容量約2,520mAh
テザリング16台
SIMタイプmicroSIM
付属品micro USB Type-Bケーブル/クイックスタートガイド

アンケートへの回答で1ポイントのプレゼントがあるので0円で購入できるほか、楽天モバイルの申し込みで5,000円分のポイントがプレゼントされます。

端末としての特徴は、コンパクトなボディの割にテザリングできる台数が多いことで、最大16台の同時接続に対応しています。

Aterm MP02LN|小さくて軽量なモバイルルーター

Aterm MP02LNは、13,800円(税込)で販売されているモバイルルーターです。

スペックを、以下の表にまとめました。

製品名Aterm MP02LN
カラー展開ミラーレッド/メタリックシルバー
サイズ(高さ/幅/厚さ)約91×約50×約12mm
重量約71g
連続待受時間(休止状態)約900時間
連続通信時間(WiFi)約10時間
バッテリー容量約1,670mAh
テザリング10台
付属品micro USB Type-Bケーブル/保証書/つなぎ方ガイド/ご利用にあたっての注意事項/らくらくQRスタート用QRコード(シール)

申し込み時の5,000ポイントを含めると、実質8,800円(税込)で購入できます。

「Aterm MP02LN」は、軽量かつコンパクトなモバイルルーターであり、カードサイズよりも小さなボディが大きな特徴です。

Aterm MR05LN RW|大容量バッテリーの搭載が特徴

Aterm MR05LN RWは、23,800円(税込)で販売されているモバイルルーターです。

スペックは、以下のとおりです。

製品名Aterm MR05LN RW
カラー展開ホワイト
サイズ(高さ/幅/厚さ)約115×約63×約11mm
重量約115g
連続待受時間(休止状態)約500時間
連続通信時間(WiFi)約14時間
バッテリー容量約2,500mAh
テザリング16台
付属品ACアダプター/micro USB Type-Bケーブル/保証書/つなぎ方ガイド/ご利用にあたっての注意事項/らくらくQRスタート用QRコード(シール)

新規申し込み時の楽天ポイント5,000円分を含めると、実質18,800円(税込)で購入できます。

ほかの2機種よりもバッテリー容量が大きく連続通信時間が14時間もあるので、長時間の外出時にも安心してインターネット接続ができます。

↓今なら乗り換えが超お得↓
最大35,000円相当の
ポイント還元中!
楽天モバイルで公式サイトをみる公式サイト:
https://network.mobile.rakuten.co.jp/

3. 楽天モバイルのSIMカードを、SIMフリーホームルーターに入れて使う

3つめは、楽天モバイルのSIMカードをSIMフリーのホームルーターに挿して使う方法です。

ひと括りにルーターといっても、モバイルタイプもあればホームタイプもあります。

SIMフリーのホームルーターでも同様に、楽天モバイルのSIMカードを挿せば自宅用のWiFiとして利用できます。

SIMフリーのホームルーターの相場は、以下のとおりです。

ホームルーターのタイプ相場
LTE/4G対応ルーター1万~2万円
5G3万円前後

ホームルーターは固定回線の代わりを前提としているため、同時に通信できる台数が多いことやWiFiの電波が端末まで届きやすいこと、デザインがインテリアに馴染みやすいといったメリットがあります。

ただし、ホームルーターは大きく重量もあるので、外出先でも利用する場合はポケットWi-Fiのほうが便利です。

楽天モバイルを自宅でWiFiとして使うメリット

続いて、楽天モバイルを自宅でWiFiとして使うメリットをみていきましょう。

具体的に、以下3つの内容を紹介します。

それぞれ順番に確認していきます。

↓今なら乗り換えが超お得↓
最大35,000円相当の
ポイント還元中!
楽天モバイルで公式サイトをみる公式サイト:
https://network.mobile.rakuten.co.jp/

Rakuten Casaを無料で利用できる

ひとつめのメリットは、Rakuten Casa(楽天カーサ)を無料で利用できることです。

Rakuten Casaは小型の室内アンテナ(フェムトセル)であり、自宅など屋内に設置してインターネット接続することで電波状況を改善できます。

Rakuten Casaのスペックについては、以下を参考にしてみてください。

製品名Rakuten Casa
カラー展開ホワイト/ブラック
サイズ(高さ/幅/厚さ)約187×286×70mm
最大同時接続数LTE:16台、WiFi:30台
WiFi規格2.4GHz(11b/g/n)
5GHz(11a/n/ac)
WiFi最大通信速度(送受信最大)2.4GHz(300Mbps)
5GHz(867Mbps)

申し込む際は、本体レンタル料と月額利用料は無料で事務手数料の3,000円(税込)が発生します。

ただし、楽天モバイルがRakuten Casaの設置を確認したあとに、3,000円相当の楽天ポイントを還元するので、実質無料での利用が可能です。

電波状況が気になる人には、Rakuten Casaの利用を検討してみてください。

楽天回線エリアならデータ使い放題で利用できる

2つめのメリットは、楽天回線エリアならデータ使い放題で利用できることです。

そもそも楽天が提供するエリアには、「楽天回線エリア」と「パートナー回線エリア」の2種類が存在しています。

そして大手キャリア他社と同様に、楽天回線エリアのなかにも4G LTEエリアや5Gエリアが存在しています。

この楽天回線エリア内での利用については、データ無制限で利用できるのです。

ちなみに、自宅が楽天回線エリア内に含まれているかどうかは楽天モバイルの公式サイトから確認できます。

主に都市部を中心にエリア展開されているため、自宅が首都圏にあってデータ使い放題で利用したい人には楽天モバイルがおすすめです。

↓今なら乗り換えが超お得↓
最大35,000円相当の
ポイント還元中!
楽天モバイルで公式サイトをみる公式サイト:
https://network.mobile.rakuten.co.jp/

いつ解約しても違約金が発生しない

3つめのメリットは、楽天モバイルには契約期間が存在しないことです。

契約期間がないので、違約金が発生することはありません。

楽天モバイルを実際に使って「通信速度が遅い」などの不満が出て、契約後すぐに他社へ乗り換えても違約金がかからないため、大きな負担にはならないといえます。

2019年10月1日に施行された電気通信事業法の改正によって、2年契約などの「縛り」を設定する場合には違約金を上限1,000円(税抜)としなければならなくなったので、契約期間を設けるキャリアも減少したのです。

ただし、規模が大きくない事業者は適用されないため、今でも違約金が発生する場合もあります。

「使ってみて不便な場合は乗り換えたい」という人にも、楽天モバイルがおすすめです。

楽天モバイルは自宅でWiFiとして使うデメリット・注意点

ここでは、自宅でWiFiとして使うデメリット・注意点をみていきましょう。

具体的に、以下4つの内容を紹介します。

それぞれ順番に確認していきます。

↓今なら乗り換えが超お得↓
最大35,000円相当の
ポイント還元中!
楽天モバイルで公式サイトをみる公式サイト:
https://network.mobile.rakuten.co.jp/

自宅WiFiにテザリングを利用するとスマホのバッテリー消耗が激しい

楽天モバイルをテザリングで利用する場合、バッテリーの消耗には注意してください。

スマホの通常の使用時は、基地局とスマホ本体間だけでデータ通信をします。しかし、テザリング機能を使うことで、基地局とスマホ間にくわえてスマホとパソコンも接続する必要があります。

つまり、スマホ1台で受信と送信を一度にすることから、バッテリーの消耗は激しくなってしまうのです。

実際、送受信を繰り返すWiFiルーターは、大容量バッテリーを搭載していても連続通信時間は数時間しか持たないことがほとんどです。

パソコンやゲーム機に接続する回数や時間が多いのであれば、ルーターを購入してSIMカードを挿して使うことをおすすめします。

自宅が楽天回線エリア外では使い放題にならない

楽天回線エリア外(パートナー回線エリア)は、使い放題ではない点にも注意してください。

楽天回線エリア内であればデータ無制限なのですが、パートナー回線エリアでは5GBを超過すると制限がかかってしまうからです。

もともと楽天モバイルは実測値で31.55Mbpsの速度(引用:みんなのネット回線速度)がありますが、制限がかかると最大1Mbpsまで低速化してしまいます。

低速化する期間は5GBの超過直後であり、制限は月末まで継続します。

楽天回線エリア内であれば使い放題で利用できてお得なのですが、自宅が楽天回線エリア外であれば5GB以上を使うのに実用的とはいえません。

自宅が楽天エリア外であれば、違うキャリアやSIMカードへの乗り換えや併用も検討してみてください。

↓今なら乗り換えが超お得↓
最大35,000円相当の
ポイント還元中!
楽天モバイルで公式サイトをみる公式サイト:
https://network.mobile.rakuten.co.jp/

たとえ自宅が楽天回線エリア内でも1日約10GBで制限が発生する

楽天回線エリア内でも、1日約10GBを超過すると制限が発生する点にも注意してください。

楽天モバイルの公式サイトには「公平にサービスを提供するため通信速度の制御をする場合があります。」とだけ記載されていますが、1日約10GBを超過すると制限がかかるといわれています。

以下で、実際にデータ通信量を確認したと思われるユーザーの声をご紹介します。

つまり、オンラインゲームや大容量データの送受信などで1日に大量のデータ通信料を消費する場合は、すぐに制限がかかってしまいます。

1日10GB以上の利用がある人は、光回線やドコモ home5Gなどのサービスを検討してみてください。

ルーターを別に購入する必要がある

楽天モバイルをルーターを使って自宅WiFiとするなら、ルーターの購入が必須です。

楽天モバイルで販売されている「Rakuten WiFi Pocket 2B」のように無料で利用できるルーターもありますが、ホームルーターなどは1万円~3万円ほどの本体代金が発生します。

一部のサービスでは、本体代金や工事費を分割払いにすると毎月同じ金額が割引されるようなキャンペーンなども展開しているので、場合によっては大きな出費になってしまいます。

ルーターの端末代金が大きな負担になるのであれば、他社のサービスも視野に入れたうえで検討してみてください。

↓今なら乗り換えが超お得↓
最大35,000円相当の
ポイント還元中!
楽天モバイルで公式サイトをみる公式サイト:
https://network.mobile.rakuten.co.jp/

楽天モバイルを自宅WiFiとして使った人の口コミ・評判

続いて、楽天モバイルを自宅WiFiとして使った人の口コミ・評判をみていきましょう。

具体的に、以下2つの内容を紹介します。

それぞれ順番に確認していきます。

いい評判:楽天モバイルの速度は速く料金も安い

楽天モバイルを自宅WiFiとして利用する方々の口コミを調査したところ、下記のような評判であることがわかりました。

いい評判では、通信費の安さや楽天ポイントが貯まりやすくなるなど「料金の魅力」を評価する声がもっとも多く見られました。

ほかにも、「通信速度が速くなった」という意見も意外と多く、他社から乗り換えて満足している人も多い印象を受けました。

また、楽天モバイルは料金の安さだけでなく、SPU(スーパーポイントアッププログラム)があるので、楽天ポイントが貯まりやすくなる点も大きな魅力といえるでしょう。

↓今なら乗り換えが超お得↓
最大35,000円相当の
ポイント還元中!
楽天モバイルで公式サイトをみる公式サイト:
https://network.mobile.rakuten.co.jp/

悪い評判:楽天モバイルの電波が自宅に入りにくい

一方の否定的な口コミを調査したところ、下記のような評判があることもわかりました。

楽天モバイルを自宅WiFiとして利用するユーザーの悪い評判では、とくに「家に電波が入らない」という意見が圧倒的に多かった印象があります。

2020年4月8日に大手キャリアに参入したばかりの新規サービスなので、ほかの3社に比べると価格面では優遇されても実用面では劣るのが現状です。

今後はサービスエリアを拡大する予定ですが、電波が入らずに利用が難しい場合もあるので、無料期間が適用されている間に継続か乗り換えを判断する必要があります。

楽天モバイルを自宅WiFiとして使うなら!おすすめスマホ

次に、楽天モバイルを自宅WiFiとして使う場合のおすすめスマホをみていきましょう。

具体的に、以下2つの内容を紹介します。

それぞれ順番に確認していきます。

↓今なら乗り換えが超お得↓
最大35,000円相当の
ポイント還元中!
楽天モバイルで公式サイトをみる公式サイト:
https://network.mobile.rakuten.co.jp/

AQUOS sense4 lite|バッテリー持ちがいいので自宅でのテザリング向き

楽天モバイルを自宅WiFiとして利用する場合におすすめしたいのは、「AQUOS sense4 lite」です。

4,570mAh大容量バッテリーにくわえてSHARP独自の省エネ技術「IGZO」の採用により、最大で1週間は電池が持ちます。

以下は、「AQUOS sense4 lite」のスペックです。

製品名AQUOS sense4 lite
価格25,001円(税込)
カラー展開ライトカッパー/シルバー/ブラック
サイズ約148×約71×約8.9mm
重量約176g
ディスプレイサイズ/種類:約5.8インチ/IGZO

解像度:FHD+/2,280×1,080

連続待受時間(LTE)約1,020時間
連続通話(通信)時間(LTE)約63.3時間
CPUQualcomm® Snapdragon™ 720G / オクタコア 2.3GHz + 1.8GHz
OSAndroid™ 10
内蔵メモリ4GB (RAM) / 64GB (ROM)
メインカメラ(外側)約1,200万画素 + 約800万画素
フロントカメラ(内側)約800万画素
バッテリー容量約4,570mAh
ワイヤレス充電非対応
おサイフケータイ/NFC対応/対応
防水/防塵対応(IPX5/IPX8/IP6X)
生体認証対応/対応
VoLTE(Rakuten,docomo,au,softbank)対応/対応/対応/対応
WiFi規格IEEE802.11a/b/g/n/ac
テザリング(WiFi)10台
SIMタイプnanoSIM/eSIM
付属品保証書/クイックスタートガイド
※充電器の付属はなし

価格は25,001円(税込)ですが、新規の申し込みで楽天ポイント25,000円分がプレゼントされるので、実質1円で購入できます。

電池持ちがいい機種なので、WiFiルーター代わりとしての利用にも適しています。電池の残量が少ない時は、「超エネスイッチ」によって電池の消耗を抑えることも可能です。

以上の理由から、テザリングのようにバッテリー消耗の激しい使い方をする場合には「AQUOS sense4 lite」がおすすめです。

Rakuten Hand|安さと使いやすいサイズ感が魅力

楽天モバイルを自宅WiFiとして利用する際におすすめしたい機種の2つめは、「Rakuten Hand」です。

「Rakuten Hand」は、楽天モバイルのラインアップでもっとも廉価な12,980円(税込)で販売されているほか、コンパクトで軽量であることも大きな魅力です。

そんな「Rakuten Hand」のスペックは、以下のとおりです。

製品名AQUOS sense4 lite
価格12,980円(税込)
カラー展開ブラック/ホワイト/クリムゾンレッド
サイズ約138×約63×約9.5mm
重量約129g
ディスプレイサイズ/種類:約5.1インチ/有機EL

解像度:HD+/720×1,520

連続待受時間(LTE)約402時間
連続通話(通信)時間(LTE)約18時間
CPUQualcomm® Snapdragon™ 720G / オクタコア 2.3GHz + 1.8GHz
OSAndroid™ 10
内蔵メモリ4GB (RAM) / 64GB (ROM)
メインカメラ(外側)約4,800万画素 + 約200万画素
約1,600万画素
バッテリー容量約2,630mAh
ワイヤレス充電非対応
おサイフケータイ/NFC対応/対応
防水/防塵対応(IPX2/IPX5)
生体認証対応/対応
VoLTE(Rakuten,docomo,au,softbank)対応/非対応/非対応/非対応
WiFi規格IEEE802.11a/b/g/n/ac
テザリング(WiFi)10台
付属品ACアダプタ/USB Type-Cケーブル/クイックスタートガイド(保証書)/安全上のご注意

「Rakuten Hand」の購入も、新規契約であれば12,980円分の楽天ポイントがプレゼントされるので、実質0円で購入できます。

安価に購入できてサイズも手頃なので、お出かけ時には持ち出したいという場合の利用には「Rakuten Hand」がぴったりです。

楽天モバイルを自宅WiFiとして使う際によくある質問

最後に、楽天モバイルを自宅WiFiとして使う際によくある質問を見ていきましょう。

具体的に、以下4つの質問に回答していきます。

それぞれ順番に確認していきます。

Rakuten WiFi Pocket 2Bに他社SIMを入れて使うことはできる?

microSIMであれば、他社SIMを入れて使用できます。

ただし、microSIM以外には対応しておらず、別のサイズで利用すると故障の原因になってしまう恐れがあります。また、5Gにも対応していないので、microSIMでも5G対応のものは使えません。

スマホのSIMカードはほとんどがnanoSIMなので、スマホのSIMカードを「Rakuten WiFi Pocket 2B」に使用する際はSIM交換手続きをします。

届いたマルチSIMカードは、microSIMサイズに切り離して使用する必要があります。

楽天モバイルでSIM交換手続きをするのは無料ですが、他社の場合は使用するキャリアの公式サイトを確認してみてください。

楽天モバイルを自宅WiFiとして使う際、つながらないときはどうする?

楽天モバイルを自宅WiFiとして使う際につながらないときは、「Rakuten Casa」を試してみてください。

「Rakuten Casa」という小型の室内アンテナ(フェムトセル)を購入すれば、自宅がエリア外であってもエリア内にすることが可能だからです。

ただし、「Rakuten Casa」を使用する場合はインターネット回線につながったルーターのLANポートに接続する必要があるので、注意してください。

楽天回線に接続されているかどうかを調べるだけであれば、「my楽天モバイル」から利用中の回線を確認できます。

上記3種類のいずれかが表示されます。

たとえ楽天回線エリアにいても、電波の状況によっては接続できないこともあります。

楽天モバイルを自宅WiFiとして使う際、Band3固定の設定方法は?

「Rakuten WiFi Pocket 2B」でBand3固定する方法は、以下のとおりです。

ただし、バンド固定はパートナー回線エリアでなく、楽天回線エリアでないと設定できないので注意してください。

また、ルーターによっては電源を一度オフにすると、バンド固定設定がすべてリセットされてしまうので、再度Band3固定の設定をする必要があります。

Rakuten Turbo5Gというホームルーターが発売予定?

「Rakuten Turbo5G」について、楽天からの発表はありません。

しかし、総務省が公開している「電波利用ホームページ」において、工事設計認証が与えられていることがわかります。

楽天モバイルの主要パートナーであるフィンランドの「Nokia Solutions and Networks」(ノキア社製)のルーターであり、ドイツの「Phoenix Testlab」を通じて電波法に基づく工事設計認証を取得しています。

無線LANの周波数も取得済みであり、周波数帯域は2.4GHzと5GHz帯の利用が可能です。

据え置き型ルーターであることは判明しているものの、正式名称や販売価格、性能といった詳細はまだ明らかになっていません。

楽天モバイルの月額0円が廃止?いつから無料で運用できなくなる?

2022年5月13日に楽天モバイルより新プランが発表され、2022年7月1日以降は月額0円での運用が徐々にできなくなる予定です。

Q. 楽天モバイルは今後どうなる?
  • 5月13日に新しい通信プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」を発表
  • 前のプラン「Rakuten UN-LIMIT VI」では、1GBまでは月額0円だった
  • 新しい通信プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」では、3GBまでの場合は月額1,078円(税込)となり、月額0円で使えなくなる
  • 3GBを超えた場合は2,178円(税込)、20GB以上の場合は3,278円(税込)
  • 新しい通信プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」は、2022年7月1日から開始
  • 既存プランの加入者も新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」に自動移行
  • 既存のUN-LIMIT VIユーザーは、月額データ利用量が1GB以下の場合、月額料金が実質無料になるキャンペーンを10月末まで展開する予定(7~8月は月額料金が無料となり、9月と10月は月額料金相当の楽天ポイントを付与)
  • UN-LIMIT VIIの新規契約者には、楽天ポイントを3000ポイントを付与するキャンペーンを展開する予定
  • 6月1日から、楽天市場のポイントが最大6倍
  • 月額1,100円(税込)の「15分通話かけ放題」が、初回申し込み時は3カ月無料
  • さまざまな楽天グループサービスが無料になる予定

まとめ:楽天モバイルは自宅でWiFiとしても使える!ただし対応エリアには注意!

楽天モバイルを自宅でWiFiとして使う方法を紹介しました。

楽天モバイルでは、テザリングなどを利用して、自宅でWiFiとしても使えます。

なお、楽天モバイルをテザリングで利用する場合、バッテリーの消耗に気をつけてください。

↓今なら乗り換えが超お得↓
最大35,000円相当の
ポイント還元中!
楽天モバイルで公式サイトをみる公式サイト:
https://network.mobile.rakuten.co.jp/

あわせて読みたい記事

▶︎格安SIM26社比較でわかるおすすめ8選【2022年5月】MVNOの料金表まとめ

▶︎【2022年5月】格安SIM13選のキャンペーンを比較!MVNOのキャッシュバック・乗り換え特典

▶︎楽天モバイルのキャンペーン特典一覧【2022年5月最新】乗り換え・新規契約時のエントリー方法と適用条件まとめ

▶︎楽天モバイルのクーポン12選まとめ【2022年】割引・限定あり?配布先と入手方法を確認

▶︎【2022年5月】楽天モバイルの評判は実際どう?口コミ評価を徹底レビュー

▶︎楽天モバイルの新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」の特徴と新プランへの移行方法

▶︎楽天モバイルのSMS料金は?受信できない・届かない原因と対処法!使い方もまとめ

▶︎楽天モバイルの速度は遅い?低速モード時の速さは?回線スピードを徹底比較!

▶︎楽天モバイルの対応エリアで圏外になる!つながらないままの原因と対処法【電波悪い?】

▶︎楽天モバイルの店舗契約とWeb申し込みを比較!ショップでできることは?

▶︎【デメリット10選】楽天モバイルをおすすめしない人と注意点とは?7つのメリットも!

▶︎【要注意】ドコモから楽天モバイルの乗り換え手順とデメリット7つ

▶︎【要注意】auから楽天モバイルの乗り換え手順とデメリット6つ

▶︎【要注意】ソフトバンクから楽天モバイルの乗り換え手順とデメリット6つ

▶︎楽天モバイルのポケットWiFiの評判は実際どう?口コミは悪い?評価を徹底レビュー

▶︎楽天でんわとは?アプリの使い方・料金・評価まとめ!解約方法も紹介

※本記事は執筆時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。サービスの価格やスペック、契約・解約、キャンペーン等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。