ポケットWi-Fi

ポケットWi-Fiの速度比較ランキング!最速モバイルルーターを決定

ポケットWi-Fiの速度比較ランキング

ポケットWi-Fiの速度は、契約先やルーター端末によって異なります。そのため、「通信速度が気になる」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、最速のポケットをWi-Fiを徹底調査。実際の速さで比較して、以下の内容について解説していきます。

ちなみにフレッツ光やドコモ光など、自宅のインターネットの速さは、「光回線の速度比較ランキング」で紹介しています。

ここではポケットWi-Fiの速度を中心にまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

ポケットWi-Fiの速度を比較するポイント

Wi-Fi速度の比較ポイント

ポケットWi-Fiの通信速度で、使われている単位は「Mbps」や「ping」などです。また「下り速度」と「上り速度」という数値もあります。

使用用途によって比較するポイントが異なるため、ポケットWi-Fiの速度を調べるときは、これらを正しく理解することが大切です。

なので最速のポケットWi-Fiを紹介する前に、まずは通信速度の単位や、「下り速度」と「上り速度」の違いについて解説していきます。

まずは通信速度「Mbps」で比較する

Mbpsの速さで比較する

Mbps(メガビーピーエス)は、「1秒間にどのくらいのデータ量を送受信できるか」を表した単位です。この数値が大きいほど、通信速度は速くなります。

一般的にポケットWi-Fiは、約30〜40Mbpsの速度です。30Mbps以上あると、ネットや動画でも快適に楽しめます。

ただしデータ量の多いオンラインゲームをする場合には、100Mbps以上が目安です。なので、ポケットWi-Fiで通信するのはあまり向いていません。

「ping値」についても確認しておく

ping値についても確認

ping(ピン/ピング)とは、「インターネット通信においてどのくらいの時間がかかるか」を表した単位です。ping値が速いほど、動作が快適でラグも少なくなります。

ポケットWi-Fiであれば、一般的なping値は50〜60msです。こちらもネットや動画なら問題なく使えますが、オンラインゲームだと厳しいでしょう。

Wi-Fiの速度を比較するときは、Mbpsの数値と合わせて、ping値もチェックしてみてください。

「下り速度」と「上り速度」の違い

下り通信速度と上り通信速度の違い

下り速度は「ダウンロードするときの速さ」、上り速度は「アップロードするときの速さ」です。Wi-Fiの速度を調べてみると、ほとんどの場合、一緒に表示されています。

それぞれ用途が異なるので、意味をしっかり理解しておきましょう。普通にインターネットを使うなら、下りの通信速度が特に重要です。

Wi-Fi速度の違い
下り通信速度が
重要になる
・メールや写真、データの受信
・WebサイトやSNSの閲覧
・画像や動画のダウンロード
上り通信速度が
重要になる
・メールや写真、データの送信
・SNSやブログ、動画サイトへの投稿

比較結果:1番速いポケットWi-Fiは「WiMAX」

最速ポケットWi-Fiは「WiMAX」
ランキング
順位
契約先端末機種下りの平均速度上りの平均速度ping値
1位WiMAXSpeed Wi-Fi NEXT
W06
46.18Mbps6.84Mbps63.02ms
2位ワイモバイル803ZT40.36Mbps5.95Mbps50.88ms
3位縛りなしWi-FiSpeed Wi-Fi NEXT
W06
34.64Mbps1.92Mbps74.0ms
4位ソフトバンク803ZT31.76Mbps16.09Mbps46.57ms
5位WiMAXSpeed Wi-Fi NEXT
WX06
22.03Mbps2.87Mbps52.66ms
6位ドコモHW-01L17.68Mbps4.57Mbps56.01ms
7位ZEUSWi-FiH0117.19Mbps12.66Mbps91.09ms
8位NEXT mobileFS030W15.62Mbps6.21Mbps67.91ms
9位THE Wi-FiU2s10.52Mbps8.54Mbps90.83ms

※横にスクロールできます。
※WiMAXの速度はUQWiMAXで比較しています。
みんなのネット回線速度を参照しています。

ではここから、ポケットWi-Fiの速度をランキング形式で解説します。1番速かったのは、WiMAXの「Speed Wi-Fi NEXT W06」という端末でした。

これは通信速度の速さと、電波の安定性が特徴的なモバイルルーターです。下り平均速度が46.18Mbpsだったので、他社と比較しても快適でしょう。

なので迷ったときは、WiMAXを契約するのがおすすめです。

高速ポケットWi-Fiをお得に契約できる業者はこれ!

通信速度の速いポケットWi-Fi「WiMAX」は、契約先(プロバイダ)によって料金・キャンペーンが異なります。なのでここからは、お得にWiMAXを申し込める業者を紹介します。

ちなみにどれを選んでも、同じWiMAXルーターを契約できるので、Wi-Fiの通信速度は変わりません。ぜひ気になるところをチェックしてみてください。

高速ポケットWi-Fi「WiMAX」を
契約するならこれ!
GMOとくとくBBキャッシュバックが高額でお得
Broad WiMAX乗り換え割引が充実している
カシモ WiMAXシンプルな定額制プランで安い

GMOとくとくBB

GMOWiMAXのキャッシュバック202104
GMOとくとくBBの基本情報
月額料金1ヶ月目〜2ヶ月目:月額3,969円
3ヶ月目以降:月額4,688円
初期費用3,300円
キャンペーンキャッシュバック特典:最大33,200円
auスマートバリュー:月額1,100円割引
UQモバイル割引:月額550円割引
契約期間3年
解約金20,900円(1ヶ月目~12ヶ月目)
15,400円(13ヶ月目~24ヶ月目)
10,450円(25ヶ月目以降)
0円(契約更新月)
WiMAX2+端末無料
オプション安心サポート:月額330円
安心サポートワイド:月額550円
Wi-Fi接続オプション:月額398円
インターネット安心セキュリティ:月額550円

GMOとくとくBBは、データ容量を無制限で使える「ギガ放題プラン」が人気のプロバイダです。1年以上使うと、30,000円前後のキャッシュバック特典も受け取れます。

また端末代は無料で、20日以内なら違約金無料でキャンセルできる、お試しサービスがある点もポイントです。ポケットWi-Fiを契約するのがはじめての方でも、安心して使えるでしょう。

さらに、少ない容量でお得な「7GBプラン」には、月単位で変更できます。自分の使用量に合わせて最適なプランを選んでみてください。

GMOとくとくBB公式サイトで詳細を見る

Broad WiMAX

BroadWiMAX公式サイト
出典:BroadWiMAX
Broad WiMAXの基本情報
月額料金1〜2ヶ月目:2,999円
3〜24ヶ月目:3,753円
25ヶ月目以降:4,413円
初期費用事務手数料:3,300円
初期費用:20,743円(実質無料)
キャンペーン月額割引:24ヶ月割引
乗り換え割引:最大19,000円まで負担
auスマートバリュー:月額1,100円割引
UQモバイル割引:月額550円割引
契約期間3年
解約金20,900円(12ヶ月以内)
15,400円(13ヶ月目~24ヶ月目)
10,450円(25ヶ月目以降)
0円(契約更新月)
WiMAX2+端末無料
オプション安心サポートプラス:月額605円
My Broadサポート:月額997円
okaimoa:月額660円
解約サポートオプション:無料
LTEエリア利用料:無料

Broad WiMAXには「乗り換えキャンペーン」があります。他社ポケットWi-Fiの解約にかかる違約金を、最大19,000円まで負担してもらえるプロバイダです。

また初期費用もお得になるので、現在乗り換えを検討している方にはぴったりでしょう。月額料金も安いので、コスパよくWi-Fiを使えますよ。

キャンペーン条件が決まっているので、Webページから申し込むようにしてください。また支払い方法は、クレジットカード払いを選択すると、損することなく契約できます。

Broad WiMAX公式サイトで詳細を見る

カシモWiMAX

カシモWiMAX
カシモWiMAXの基本情報
月額料金1ヶ月目:月額1,518円
2ヶ月目以降:月額3,971円
初期費用3,300円
キャンペーン月額割引
UQスマホ割引:月額550円割引
端末代無料
プラン内容ライトプラン:7GB
ギガ放題プラン:無制限
契約期間3年
解約金20,900円(0ヶ月目~12ヶ月目)
15,400円(13ヶ月目~24ヶ月目)
10,450円(25ヶ月目以降)
0円(契約更新月)
オプション安心サポート:月額330円
スマートシネマ with U-next:月額2,189円

カシモWiMAXは、シンプルな料金設定が特徴のプロバイダです。月額3,971円の定額制で、初月料金は2,000円以下でスタートできます。

また端末保証オプションなども充実していますが、契約時に必須となる条件はありません。そのため、必要最低限のコストで利用できるでしょう。

初期費用を抑えたい方にはぴったりのポケットWi-Fiなので、ぜひ一度チェックしてみてください。

カシモWiMAX公式サイトで詳細を見る

参考:ポケットWi-Fiの速度の測定方法は?

Wi-Fiの速さの測定方法

ポケットWi-Fiの速度を測るなら、簡単にスピードテストできる計測サイトがおすすめです。クリックするだけのタイプもあれば、細かく設定できるタイプもあります。

また「RBB SPEED TEST」なら、Wi-Fi速度だけでなく、他人の測定結果と比較できます。なので気になる人は、どれぐらいの速さなのかを調べてみるとよいでしょう。

測定結果の目安や、おおよその平均値については、別のページでもまとめています。

インターネットの回線速度の目安
インターネット回線速度の目安がわかる!測定方法やスピードテスト平均値も【単位の見方も解説】インターネットの回線速度の平均値は、自宅のネット環境によって大きく異なります。そこで今回は、どれくらいの速さが快適なのか、通信速度の目安を徹底調査しました!実際の速度(実測値)で測定できるスピードテストの方法も紹介しています。...

ただし測定結果は利用環境で大きく変わる

利用環境によってWi-Fi速度は異なる

ポケットWi-Fiの速さは、利用環境で大きく変化します。電波の悪い地下や、人が多く集まる都心部では、通信速度が遅くなってしまうでしょう。

また回線が混雑しやすい時間帯も、測定結果は悪くなりがちです。特にランチタイムや夜の時間帯は、アクセスが集中しやすくなります。

なのでポケットWi-Fiの速度を比較するときは、自分が頻繁に利用する場所・時間帯で、複数回チェックしておくことをおすすめします。

ポケットWi-Fiが遅いときの主な原因・解決策

Wi-Fi速度が遅いときの原因・対処法
ポケットWi-Fiの速度が遅い場合
主な原因ルーター端末の不具合
利用しているエリア・時間帯
Wi-Fiの接続台数が多い
速度制限になっている
通信障害が起きている
まず試すことルーター・スマホ・パソコンの再起動
ケーブルやICカードの抜き差し
アップデートの確認・更新
リセットボタンを押す

ポケットWi-Fiが遅いときの主な原因として、端末の性能や、利用しているエリアなどがあります。なのでまずは再起動をしてみたり、場所を移動してみたりするとよいでしょう。

またWi-Fiの速度制限・通信障害などの可能性も考えられます。この場合、自分では何もできないので注意が必要です。

詳しくは別のページでまとめているので、気になる人はチェックしてみてください。

Wi-Fiの調子が悪いときの原因と対処法
【すぐ解決】Wi-Fi接続が遅い・調子が悪い・繋がりにくいときの対処法【操作が苦手な方でも簡単】Wi-Fiが遅い、調子悪い、繋がりにくいときの原因と対処法をまとめてみました!iPhone、Android、Windows、Mac別の裏技もご紹介!急にWi-Fi接続が悪いと感じても、すぐに直せる改善方法を公開しています。...

最速ポケットWi-Fiで快適!Wi-Fi速度の比較結果まとめ

今回はポケットWi-Fiの速度を比較して、1番速いところをまとめてみました。

実測値で最速だったのは、WiMAXの「Speed Wi-Fi NEXT W06」という端末です。ネットや動画程度なら、ストレスなく楽しめる速さでした。

ちなみにWiMAXを契約するなら、月額料金やキャンペーンなどもしっかり確認しておきましょう。お得な契約先(プロバイダ)を選ぶことで、コスパよくWi-Fiを使えますよ。

通信速度の速いポケットWi-Fiを探している方は、ここで紹介した比較結果をぜひ参考にしてみてください。

高速ポケットWi-Fi「WiMAX」を
契約するならこれ!
GMOとくとくBBキャッシュバックが高額でお得
Broad WiMAX乗り換え割引が充実している
カシモ WiMAXシンプルな定額制プランで安い