動画配信サービス

dTVの月額料金は?支払い方法やレンタル作品の値段・期間も解説

dTVの料金は月額550円(税込)です。

作品については、見放題の12万本以上の作品と、別途レンタルで借りられる作品の2つにわかれています。

ただ、ほかの動画配信サービスとの違いがわからず、「実際にdTVに加入して満足できるのか?」を判断できていない人もいるかもしれません。

この記事では、主に下記4点についてまとめてみました。

最後まで読むことで、dtvの料金やメリット・デメリットについて知れるはずです。ぜひ参考にしてみてください。

初回限定で実施中!
31日間無料の
キャンペーン

 

dTVの料金形態はシンプル【月額550円+レンタル代】

【dTVの料金形態】月額550円(税込) + レンタル代
月額見放題プランレンタル作品
利用料金(税込)550円 / 月約110〜550円 / 作品
コンテンツの特徴12万本以上の作品話題の新作や名作

dTVの料金形態のポイントを、以下3点にまとめてみました。

さらに詳しくみていきましょう。

月額プランの値段は「550円(税込)」のみ【12万本以上の作品が見放題】

dTV

参照:dTV

月額料金(税込)550円
配信作品数(見放題)12万本以上
無料期間31日間
オフライン視聴可能
画質・標準画質
・高画質
・最高画質
倍速再生1.5~2.0倍
配信作品の特徴・洋画
・邦画
・アニメ
・海外ドラマ
・国内ドラマ
・韓流・華流
・キッズ
・バラエティ
・オリジナル
・音楽
オリジナル作品
(※自社制作、独占配信を含む)
あり
対応端末・スマートテレビ
・レコーダー
・セットトップボックス
・ストリーミングデバイス
・パソコン
・スマートフォン
・タブレット
同時視聴が可能な台数同時視聴は不可
動画以外のコンテンツなし
家族アカウントの有無なし
還元ポイントあり
※ドコモ回線がある:1,000円で10~100ポイント
※ドコモ回線がない:100円につき1ポイント
支払い方法【ドコモの回線契約がある場合】
・ドコモ ケータイ払い
・クレジットカード払い(VISA、MASTER、JCB、AMEX)
【ドコモの回線契約がない場合】
・クレジットカード払い(VISA、MASTER、JCB、AMEX)
・App Storeでの購入
・コンビニでのシリアルコード購入
・gifteeでの購入
※dポイント / ドコモポイントを月額料金の支払いに充当可能
※dポイント / ドコモポイントをレンタル購入で使用可能

dTVは月額料金の550円(税込)を支払えば、12万本以上の作品を見放題で楽しめます。

低価格にもかかわらず、動画配信サービスのなかでは、第2位の配信本数を誇っているのが魅力的です。

視聴できるジャンルも幅広く、とくに日本の作品が充実しています。以下に、dTVの見放題プランで視聴できるジャンルをまとめてみました。

最新作も発表されると追加されますが、古い作品のほうがより充実しています。

また、dTV自体が日本向けのサービスのため、日本の作品を広く低価格で楽しみたい方におすすめです。

【レンタル】新作は別料金を払って視聴可能

【dTVで新作映画】別料金でレンタル可能

dTVは、月額料金で楽しめる12万本以上の動画以外にも、随時追加される最新作品をレンタルして視聴可能です。

レンタル作品を視聴するには、月額料金とは別で個別課金が必要になります。その代わり、見放題対象の作品と比べて、公開されたばかりの最新作も視聴可能です。

実際に、新しく公開された映画のほとんどがレンタル作品になっています。なおdTVのレンタル料金は、1作品あたり約110~550円(税込)ほどです。

一般公開されたばかりの映画の場合、1本あたり1,000円以上を支払って、さらに映画館に足を運ぶ手間もかかるでしょう。

しかしdTVなら、非常に安い金額で最新作を視聴することできます。

ただし映画館で上映される作品と同じく、レンタル作品は視聴できる期間を個別に設定されているため、レンタルする際に確認が必要です。

dTVは日割り計算されない【入るなら月初】

【入るなら月初】dTVは日割りされない

dTVの月額料金は日割り計算されず、いつ加入しても同じ金額が課金されます。毎月1日に加入しても31日に入っても、月額料金は550円(税込)で固定です。

そのためdTVの利用をはじめるなら、できるだけ月はじめにしたほうがお得になります。

加入する前に「今日が何日なのか」を確かめたうえで、dTVの利用をはじめましょう。

また、dTVは初回31日間が無料期間になっているので、使い勝手がどのようなものかを確認したのちに加入してもいいでしょう。

無料期間を上手に利用し、dTVをお得に楽しんでみてください。

初回限定で実施中!
31日間無料の
キャンペーン

 

【dTVのレンタルとは?】使い方を解説

【dTVのレンタル】使い方を解説

dTVのレンタル作品とは、月額プランで視聴可能な見放題作品とは別で、個別に値段が設定されている作品のことです。

dTVのレンタルで押さえておきたいポイントは、以下の3つになります。

見放題対象の作品と違って、dTVのレンタル作品には公開されたばかりの最新作も追加されます。

レンタルの使い方、借りられる期間・料金をしっかりチェックしてみてください。

レンタルが必要な作品の見分け方

【dTVのレンタル作品 見分け方】¥マークの有無で見分ける

dTVの「見放題作品」と「レンタル作品」を見わけるためには、作品名の横にある「¥」マークをチェックしてください。

「¥」がついている作品は、dTVのレンタル作品となります。

月額料金以外の支払いを避けたいのであれば、「¥」マークの有無をチェックしたあとで視聴してください。

ただしレンタル作品は、別途料金が発生するだけあって、最新作の邦画・洋画・日本のドラマ・海外ドラマ・韓流・アニメが充実しています。

また、レンタル作品のみのカテゴリーも用意されているので、話題になっている新作を手軽に確認できます。

dTVのレンタル期間は?

【dTVのレンタル期間】レンタル可能な期間が長く設定されている

dTVのレンタル期間は、作品ごとに違います。一般的な店舗でのレンタルと違って、一律に何泊何日といった借り方ではないので気をつけてください。

「店舗でのレンタル」や「映画館で最新映画を視聴」と違うのは、レンタル可能な期間が長く設定されている点です。

また公開されたばかりの作品でも、焦って視聴する必要はなく、時間のあるときにゆっくり楽しめるのがdTVのメリットです。

さらにレンタル作品のカテゴリー内では、「31日以内に配信終了するタイトル」も紹介されています。

そのため、見逃しそうになっていた作品があるかどうかもチェックしやすいです。

気になるdTVのレンタル料金は?

【dTVのレンタル料金】1作品あたり約110〜550円(税込)

dTVのレンタル料金は、作品によって異なります。目安としては、1作品あたり約110~550円(税込)の間に設定されています。

たとえば映画では、同じ作品でも画質によっても値段が違う仕組みです。一般的にはHD画質(高画質)になると、約100円ほど上がる作品が多くあります。

一方で、最新作の映画を映画館で観ると、月額1000円(税込)以上の値段になることが多いでしょう。

そのためレンタルされるのを少し待ってから、dTVで視聴するとかなりお得です。

映画を普段からよく視聴するのであれば、dTVは非常にコストパフォーマンスのいいサービスだといえます。

またドラマの場合だと、標準・高画質で値段が変わらない作品も多いです。

初回限定で実施中!
31日間無料の
キャンペーン

 

【dTVの料金支払い方法】いつでも変更可能

【dTVの料金支払い方法】いつでも変更可能

dTVの料金を支払う方法について、3つのポイントを押さえてみてください。

使えるクレジットカードで気をつけておきたいのは、国内で発行されたものしか使えない点です。

以下でさらに詳しく、dTVの支払い方法を見ていきましょう。

クレジットカード払い【4ブランド対応】

【dTVのクレジットカード払い】国内で発行されたカードのみ

dTVの支払い方法で使えるカードは、VISA、MasterCard、JCB、American Expressの4種類のみです。

国内で発行されたカードのみなので、海外で作ったカードは使えません。

またクレジットカードなしでdTVを利用するなら、ドコモユーザーになる必要があります。

クレジットカードを諸事情で作れない方は、「デビットカードなら利用できないのか?」と思うかもしれません。

しかしdTVの公式サイトでは、クレジットカードしか使えないと表記されています。

そのためデビットカードは、決済に使えない可能性があるので注意してください。

ドコモ ケータイ払い【ドコモユーザー限定】

【dTVのドコモケータイ払い】ドコモユーザーのみ対応

dTVの支払い方法にはもうひとつ、ドコモ ケータイ払いがあります。

ドコモユーザー限定ですが、ドコモの携帯料金と一緒にdTVの料金も支払うことが可能です。また、明細書もひとつになります。

ドコモ ケータイ払いは、クレジットカードと同じで払い忘れがなく、家計管理もしやすいのが魅力です。

一家全員がドコモを利用している方もいるため、ドコモユーザーにはおすすめの支払い方法となります。

またドコモの契約方法によっては、dTVのレンタル料金の支払いに使える、dポイントを貯められます。

dポイント払い【レンタルで使える&月額料金の支払いで充当可能】

dポイント払い【レンタルで使える&月額料金の支払いで充当可能】

dTVに加入したときに、クレジットカード払い・ドコモ ケータイ払いの両方で「dアカウント」が作成されます。

ここに「1ポイント = 1円」のdポイントが溜まっていき、レンタル購入で利用可能です。

購入代金額が110円(税込)につき1ポイントなので、月額料金550円(税込)に対し、毎月5ポイントが継続して貯まります。

またレンタル作品を購入しても、同じように代金の110円(税込)につき1ポイントもらえます。

さらに、dTVの月額料金を支払う際に、dポイントを充当もできるようになりました。

初回限定で実施中!
31日間無料の
キャンペーン

 

【料金・特徴】dTVと他社の動画配信サービスを比較!

【料金・特徴】dTVと他社の動画配信サービスとの比較
サービス名月額料金(税込)無料期間見放題作品数
U-NEXT月額プラン:2,189円
月額プラン1490:1,639円
31日間21万本以上
Amazonプライム・ビデオ500円30日間非公開
Hulu1,026円14日間7万本以上
dTV550円31日間12万本以上
Netflixベーシックプラン:990円
スタンダードプラン:1,490円
プレミアムプラン:1,980円
なし非公開

dTVを含んだ動画配信サービス5社で、おすすめな人の特徴をまとめてみました。

観たい作品・好みのジャンルによって、使いやすい動画配信サービスは変わってきます。

使いやすいと評判の動画配信サービス5つの特徴を、以下で紹介してみました。

配信数や最新コンテンツを観るなら「U-NEXT」

U-NEXT

参照:U-NEXT

月額料金(税込)月額プラン:2,189円
月額プラン1490:1,639円
配信作品数(見放題)21万本以上
無料期間31日間
オフライン視聴アプリのみ可能
画質・自動
・高画質
・低画質
・最低画質
※HDRや4K作品の視聴も可能
倍速再生対応(パソコン・スマホ・タブレット)
※「0.6倍、1.0倍、1.4倍、1.8倍」の4種類
配信作品の特徴・洋画・邦画
・海外テレビドラマ
・韓流・アジアドラマ
・国内ドラマ
・アニメ
・キッズ
・マンガ
・書籍
・ラノベ
・雑誌
・その他
オリジナル作品
(※自社制作、独占配信を含む)
あり
対応端末・テレビ
・スマートフォン・タブレット
・ゲーム機
・パソコン
・ブルーレイレコーダー
・ホームシアターシステム
・プロジェクター
・セットトップボックス
・ドングル端末
同時視聴が可能な台数大4台まで
※同一作品の同時視聴は不可
※1アカウントで1台まで
動画以外のコンテンツ書籍(漫画、雑誌)
家族アカウントの有無あり(親1・子3)
還元ポイント毎月1,200円のU-NEXTポイント
支払い方法・クレジットカード
・キャリア
・楽天ペイ
・Amazon.co.jp
・AppleID
・ギフトコード/U-NEXTカード

※本ページの情報は2021年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

U-NEXTは、見放題の動画作品数がもっとも多いのが特徴です。

さらに、110誌以上の雑誌が読み放題。毎月付与される1,200円分のポイントで、最新作のレンタルや電子書籍の購入もできます。

配信作品のバランスがとれていて、最新作から古い作品、雑誌、漫画までU-NEXTだけで楽しめます。

U-NEXTの月額料金は、次の2つのプランから選べます。

月額プランに加入すると、U-NEXTのサービスがほぼすべて利用できます。

ただし、月額プラン1490は値段が安くなるぶん、1,200円分のポイント付与がありません。

そのため、月額プランのほうが「2,189円(税込) – 1,200円ポイント = 989円(税込)」の実質料金になるのでお得です。

31日間の無料期間があるので、一度試したのちに、月額課金にするかどうかを検討するといいでしょう。

初回限定で実施中!
31日間無料の
キャンペーン

 

※本ページの情報は2021年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

Amazonユーザーなら「Amazonプライム・ビデオ」

Amazonプライムビデオ

参照:Amazonプライム・ビデオ

月額料金(税込)通常:500円(年間契約は4,900円)
学割:250円(年間契約は2,450円)
配信作品数(見放題)非公開
無料期間30日間
オフライン視聴可能
画質・標準画質
・高画質
・最高画質
倍速再生なし
配信作品の特徴・世界の映画
・日本映画
・海外ドラマ
・日本のドラマ
・韓国のドラマ
・アクション・アドベンチャー
・アニメ
・コメディ
・ドキュメンタリー
・ドラマ
・ファンタジー
・ホラー
・ミリタリー・戦争
・ミステリー・スリラー
・ロマンス
オリジナル作品
(※自社制作、独占配信を含む)
あり
対応端末・Amazonデバイス
・Blu-rayプレーヤー
・ゲーム機
・モバイル端末
・パソコン
・セットトップボックス
・メディアプレーヤー
・スマートテレビ
同時視聴が可能な台数最大3台
※同一タイトルのビデオの同時視聴は2台まで
動画以外のコンテンツ・Prime Music:200万曲以上が聴き放題
・Amazon Photos:写真を容量無制限で保存可能
・Prime Reading:本・マンガ・雑誌が読み放題
家族アカウントの有無なし
還元ポイントあり
※Amazon Mastercardを使用した場合のみ
支払い方法・クレジットカード
・携帯決済
・Paidy翌月払い
・Amazonギフト券
・パートナーポイントプログラム
(= JCBのOki Dokiポイント)

Amazonプライム・ビデオの料金は月額500円(税込)で、年会費だと4,900円(税込)です。

年会費の場合、1月あたりの料金は408円(税込)なので、動画配信サービスではもっとも安い月額料金になります。

登録すると、Amazonプライムの送料無料・お急ぎ便の利用無料など、多くの特典を受けられます。

Amazonプライム・ビデオの見放題作品数は非公開です。しかしAmazonユーザーで、料金の安い動画配信サービスを利用したいなら、Amazonプライム・ビデオがおすすめです。

初回限定で実施中!
30日間無料の
キャンペーン

 

日本ドラマを観るなら「Hulu」

Hulu

参照:Hulu

月額料金(税込)1,026円
配信作品数(見放題)7万本以上
無料期間14日間
オフライン視聴可能
画質・最高画質
・高画質
・中画質
・低画質
・最低画質
倍速再生パソコン:0.8〜1.8倍速
スマートフォン:0.75〜1.75倍速
配信作品の特徴・海外ドラマ・TV
・国内ドラマ・TV
・TVアニメ
・アジアドラマ・TV
・洋画
・邦画
・アニメ映画
・アジア映画
オリジナル作品
(※自社制作、独占配信を含む)
あり
対応端末・スマートフォン
・タブレット
・パソコン
・スマートテレビ
・ゲーム機
同時視聴が可能な台数1台
動画以外のコンテンツなし
家族アカウントの有無なし
還元ポイントなし
支払い方法・クレジットカード
・ドコモ払い
・auかんたん決済
・ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い
・Huluチケット
・LINE Pay
・iTunes Store決済
・Yahoo!ウォレット
・Amazonアプリ内決済
・mineo オプションサービス
・BB.excite オプションサービス
・ケーブルテレビ決済
・eo オプションサービス

Huluは国内ドラマに強く、とくに日テレ系列の作品が豊富です。見放題作品数は7万本と多く、バラエティ・国内アニメも有名タイトルがそろっています。

さらに海外ドラマの最新シーズンが、ほかの動画配信サービスよりも早く、視聴可能になると評判です。

Huluの月額料金は1,026円(税込)となっています。

また、最新タイトルのレンタル・購入が可能な「Huluストア」の利用もおすすめ。別途料金を支払えば、公開されたばかりの最新作も視聴可能になっています。

2週間の無料トライアル期間もあるので、一度試したのちに有料プランに移行するといいでしょう。

初回限定で実施中!
14日間無料の
キャンペーン

 

日本の作品を安く観るなら「dTV」

dTV

参照:dTV

月額料金(税込)550円
配信作品数(見放題)12万本以上
無料期間31日間
オフライン視聴可能
画質・標準画質
・高画質
・最高画質
倍速再生1.5~2.0倍
配信作品の特徴・洋画
・邦画
・アニメ
・海外ドラマ
・国内ドラマ
・韓流・華流
・キッズ
・バラエティ
・オリジナル
・音楽
オリジナル作品
(※自社制作、独占配信を含む)
あり
対応端末・スマートテレビ
・レコーダー
・セットトップボックス
・ストリーミングデバイス
・パソコン
・スマートフォン
・タブレット
同時視聴が可能な台数同時視聴は不可
動画以外のコンテンツなし
家族アカウントの有無なし
還元ポイントあり
※ドコモ回線がある:1,000円で10~100ポイント
※ドコモ回線がない:100円につき1ポイント
支払い方法【ドコモの回線契約がある場合】
・ドコモ ケータイ払い
・クレジットカード払い(VISA、MASTER、JCB、AMEX)
【ドコモの回線契約がない場合】
・クレジットカード払い(VISA、MASTER、JCB、AMEX)
・App Storeでの購入
・コンビニでのシリアルコード購入
・gifteeでの購入
※dポイント / ドコモポイントを月額料金の支払いに充当可能
※dポイント / ドコモポイントをレンタル購入で使用可能

dTVは、国内作品を安く視聴したい方におすすめの動画配信サービスです。最多配信数を誇るU-NEXTと比較すると、見放題作品数は12万本と少なめ。

しかしそのぶん、月額料金が550円(税込)と動画配信サービスのなかでも安くなっています。

ただし、見放題作品数12万本のなかには、音楽系のコンテンツも含まれているので注意してください。

そのため、ドラマや映画、アニメの視聴を目的としている人の場合、観たい作品が思ったよりもない可能性があります。

念のため、dTVに加入する前に、自分の視聴したい作品があるかどうかをチェックしてみてください。

dTVの31日間の無料期間を有効活用して、継続するかどうかを試すことも可能です。

初回限定で実施中!
31日間無料の
キャンペーン

 

オリジナル作品を観るなら「Netflix」

Netflix

参照:Netflix

月額料金(税込)・ベーシックプラン:990円
・スタンダードプラン:1,490円
・プレミアムプラン:1,980円
配信作品数(見放題)非公開
無料期間なし
オフライン視聴可能
画質・ベーシックプラン:SD
・スタンダードプラン:HD
・プレミアムプラン:UHD 4K
倍速再生0.5~1.5倍
配信作品の特徴TV番組・ドラマ
(アニメ、国内ドラマ、海外ドラマ、韓国ドラマ、華流ドラマ、バラエティ、キッズ、コメディ、ラブロマンス、ヒューマンドラマ、サスペンス・ミステリー、SF・ファンタジー、アクション、ホラー、青春・学園、犯罪捜査、ドキュメンタリー)

映画
(邦画、洋画、韓国映画、華流映画、ヨーロッパ、アニメ、コメディ、アクション、ヒューマンドラマ、ラブロマンス、ホラー、サスペンス、SF、ファンタジー、青春・学園、キッズ・ファミリー、実写化映画、受賞歴のある映画、インディーズ映画、ドキュメンタリー、音楽・ミュージカル)
オリジナル作品
(※自社制作、独占配信を含む)
あり
対応端末・スマートフォン
・タブレット
・パソコン
・スマートテレビ
・ブルーレイプレーヤー
・ゲーム機
・メディアプレーヤー
同時視聴が可能な台数・ベーシックプラン:できない
・スタンダードプラン:2台
・プレミアムプラン:4台
動画以外のコンテンツなし
家族アカウントの有無なし
還元ポイントなし
支払い方法・クレジットカード
・デビットカード
・バーチャルカード
・プリペイドカード
・Netflixプリペイド・ギフトカード
・サードパーティ請求

Netflixはオリジナル作品が充実していて、受賞歴のある映画も観れます。

とくに映画のジャンルが非常に豊富で、映画好き・洋画好きな方にはピッタリです。

映画以外にも、ドキュメンタリー、ドラマ、アニメもそろっています。また、多くの作品が英語字幕に対応しており、語学の勉強も可能です。

Netflixの料金プランは、以下の3つになります。

料金が高くなるほど、HD、4Kなど画質がよくなり、同時視聴できる端末の数が2~4台まで増えます。

完全見放題なので、ほかの動画配信サービスのように、別途レンタル料金がかかることはありません。

無料配信作品あり!
Netflixの独占動画をチェック

 

dTVの料金プランと特徴まとめ

今回はdTVの月額料金、レンタル作品、支払い方法について解説していきました。

以下に、dTVの料金のポイントをまとめていきます。

ただし、dTVはほかのサービスと同様に、自分の観たい作品が配信されていない場合もあります。

まずは31日間の無料体験を試して、自分に合うかどうかを確認してみてください。

初回限定で実施中!
31日間無料の
キャンペーン