動画配信サービス

【保存版】ディズニープラスとディズニーデラックスの違いは?

「ディズニーデラックス(Disney DELUXE)」と「ディズニープラス(Disney+)」はなにが違うのか知りたい。

ディズニープラスへの登録を検討する際に、両サービスの違いがわからずに困惑する方もいるでしょう。

そこでこの記事では、ディズニーデラックスとディズニープラスの違いについて、以下のポイントで解説します。

この記事を読めば、ディズニーデラックスとディズニープラスの違いを理解できるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

初回限定で実施中!
31日間無料の
キャンペーン

 

ディズニーデラックスとは?

ディズニーデラックス

参照:ディズニーデラックス

ディズニーデラックスを理解するために、今回は以下2つのポイントで解説します。

ここでは、2019年3月にサービスの提供を開始したディズニーデラックスについて詳しく見ていきましょう。

【ディズニー・ドコモ共同】日本発の動画配信サービス

ディズニーデラックスは、ウォルト・ディズニー・ジャパンがNTTドコモと協業して提供する、日本国内向けの動画配信サービスです。

国内唯一のディズニー公式動画サービスとして、ディズニー作品を楽しめます。

そのほかにも、ピクサー、スター・ウォーズシリーズ、マーベルの映像コンテンツも視聴可能です。

さらにスマートフォン向けアプリから、動画以外にも「ディズニー DX」や、「スター・ウォーズ DX」、「マーベル DX」などのコンテンツがあります。

ディズニー・ピクサー・マーベルなどの作品を配信

ディズニーデラックスは、ディズニー作品だけでなく、ピクサー作品やマーベル作品が視聴可能です。

そのほかに、ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズのスタッフが語る制作秘話や、舞台裏を観られるメイキング映像などの貴重な未公開シーンもあります。

ディズニーの名前が付いているので、ディズニー作品だけしか視聴できないと思っている人もいるでしょう。

しかしディズニー以外の作品も観られるため、多くの人が楽しめる動画配信サービスです。

さらに隠れキャラクターなどのトリビア、作曲家が語る曲の誕生秘話なども特別映像で視聴できます。

ディズニープラスとは?

参照:ディズニープラス

月額料金(税込)770円
配信作品数非公開
無料期間31日間
オフライン視聴可能
画質・最高画質
・高画質
・標準画質
倍速再生
配信作品の特徴・ディズニー
・ピクサー
・マーベル
・スター・ウォーズ
・ナショナル ジオグラフィック
オリジナル作品
(※自社制作、独占配信を含む)
あり
対応端末・パソコン
・スマートフォン
・タブレット
・スマートテレビ
・セットトップボックス
同時視聴台数4台
動画以外のコンテンツ
子アカウントの有無なし
還元ポイント
支払い方法・ドコモ ケータイ払い
・クレジットカード払い

一方で、ディズニープラスはどのようなサービスなのでしょうか。

ディズニープラスの特徴について、以下の2つを解説していきます。

ここでは、2020年6月から日本でサービスが開始されたディズニープラスについて、詳しく見ていきましょう。

ディズニープラスは米国発の動画配信サービス

ディズニープラスは、2019年11月12日にアメリカなどでサービスが開始されました。

日本発信のものではなく、米国発の動画配信サービスです。日本では、2020年6月11日からサービス提供がスタートしました。

日本のディズニープラスは、ディズニーデラックスを運営していたNTTドコモが国内独占提供しています。

そのため日本のディズニープラスを利用する場合、ディズニーアカウントだけでなく、「dアカウント」の作成も必須です。

ディズニーの本家がある米国からはじまったディズニープラスは、世界中に利用者を増やしています。

ディズニーファンだけでなく、ピクサーやマーベル作品を視聴したい人からも愛用されているサービスです。

既存の作品にくわえオリジナル作品も配信

オリジナル作品を視聴できることは、ディズニープラスの大きな魅力です。

「トイ・ストーリー」シリーズの短編「フォーキーのコレって何?」や「ボー・ピープはどこに?」など、ディズニープラスの独占配信作品が多数あります。

また、アニメやCG作品だけでなく、シリーズもののドラマやディズニープラスオリジナル作品も視聴可能。

ディズニーや、マーベルが好きな人以外も楽しめる作品もあるため、オリジナル作品目当てに入会する人もいます。

初回限定で実施中!
31日間無料の
キャンペーン

 

ディズニーデラックスがディズニープラスへ統合

ディズニーデラックスが ディズニープラスへ統合

2020年6月11日にディズニーデラックスは、ディズニープラスと統合されました。

統合により、下記の変更点や注意点があります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ディズニーシアター(Disney THEATER)もディズニープラスへ

ディズニーシアターもディズニープラスと統合され、これまで視聴できた一部の作品が配信終了となっています。

ディズニーシアターは、ディズニー関連作品の視聴ができました。

しかし、「ミッキーの消防隊」や「ドナルドの磁石騒動」などの作品は、ディズニープラスへの統合で、視聴できなくなったので注意が必要です。

一方で、ディズニープラスになったことで視聴できるようになった作品もあるため、配信作品数は増えています。

日本でもディズニープラスのオリジナル作品が観られるように

ディズニープラスとの統合により、ディズニーデラックスでは観られなかったオリジナル作品も視聴できます。

ディズニーデラックスではディズニーやピクサー、マーベルなどの一般作品だけ視聴できました。

しかし、ディズニープラスと統合されたことで、オリジナル作品の視聴も可能となり、動画配信サービスとしての魅力もアップしています。

オリジナル作品を視聴するために、ディズニープラスへの入会を検討する人も少なくありません。

ディズニーデラックスは継続して利用可能

ディズニープラスと統合後も、dアカウントでディズニーデラックスに入会している人ならば、アプリを継続して利用できます。

ディズニーデラックスは、ディズニーの映画や動画の最新情報を知れたり、壁紙やスタンプなどのデジタルコンテンツを利用できたりするサービスです。

そのほかにもディズニーホテル優待など、会員限定の特典も受けられます。

米国と日本におけるディズニープラスの違い

ディズニープラス 米国と日本の違いは?

もともと米国からはじまったディズニープラス。

同じディズニープラスでも、米国と日本においては以下2つの違いがあります。

米国と日本におけるディズニープラスの違い

ここからは、それぞれの違いについて解説していきます。

【違い1】支払い方法が違う

米国の支払い方法日本の支払い方法
クレジットカード
デビットカード
PayPal
クレジットカード
ドコモ払い

日本のディズニープラスは、クレジットカードとドコモ払いしかありません。

NTTドコモが提供しているので、「dアカウント」が必要なのも日本独自といえるでしょう。

一方でアメリカのディズニープラスは、クレジットカード、デビットカード、PayPalの支払い方法を選択できます。

クレジットカード以外の選択肢があるのは、うれしいポイントでしょう。

とくにPayPalは支払い方法を選べるため、支払い情報を相手に伝えたくない人にメリットがあります。

米国のディズニープラスにある支払い方法なので、近い将来、日本のものにも追加されるかもしれません。

一方でドコモ回線を使っている人ならば、携帯電話料金と一緒に支払えるドコモ払いがあるのは便利でしょう。

【違い2】画質・音声・サラウンドが違う

米国日本
画質4K・HDRフルHD
音声・サラウンド5.1ch・Dolby Atmos2ch

米国のディズニープラスは、4KまたはHDRの画質から選べます。

とくに通常の4倍の綺麗さを誇る4Kを選べるので、迫力ある映像を楽しみたい人にはうれしいです。

また音声・サラウンドは、5.1chまたはDolby Atmosを選べるので、家でも映画館にいるようにディズニーやピクサー作品を楽しめます。

しかし、日本のディズニープラスの画質はフルHDのみで、音声・サラウンドは2chのみです。

初回限定で実施中!
31日間無料の
キャンペーン

 

ディズニープラスのほかには?おすすめの動画配信サービス3選

ディズニープラスのほかには?おすすめの動画配信サービス3選
月額料金(税込)無料お試し期間見放題作品数雑誌見放題の有無画質ダウンロード可否同時視聴可能な台数
U-NEXT・月額プラン:2,189円
・月額プラン1490:1,639円
31日21万本以上あり・自動
・高画質
・低画質
・最低画質
可能4台
Amazonプライム・ビデオ500円30日非公開なし
※Prime Readingで雑誌読み放題
・標準画質
・高画質
・最高画質
可能3台
Hulu1,026円2週間7万本以上なし・最高画質
・高画質
・中画質
・低画質
・最低画質
可能1台

※横にスクロールできます。

ディズニーやピクサー、マーベルの作品だけを楽しみたいならば、ディズニープラスはおすすめです。

しかし、「ほかの作品も楽しみたい」「国内のドラマやバラエティを視聴したい」という人は、満足できないかもしれません。

そこで今回は、ディズニープラス以外におすすめの動画配信サービスを3つご紹介します。

ディズニープラス以外におすすめの動画配信サービス

それぞれの特徴をまとめたので、詳しく解説します。

「U-NEXT」配信作品数21万本以上

U-NEXT

参照:U-NEXT

月額料金(税込)月額プラン:2,189円
月額プラン1490:1,639円
配信作品数(見放題)21万本以上
無料期間31日間
オフライン視聴アプリのみ可能
画質・自動
・高画質
・低画質
・最低画質
※HDRや4K作品の視聴も可能
倍速再生対応(パソコン・スマホ・タブレット)
※「0.6倍、1.0倍、1.4倍、1.8倍」の4種類
配信作品の特徴・洋画・邦画
・海外テレビドラマ
・韓流・アジアドラマ
・国内ドラマ
・アニメ
・キッズ
・マンガ
・書籍
・ラノベ
・雑誌
・その他
オリジナル作品
(※自社制作、独占配信を含む)
あり
対応端末・テレビ
・スマートフォン・タブレット
・ゲーム機
・パソコン
・ブルーレイレコーダー
・ホームシアターシステム
・プロジェクター
・セットトップボックス
・ドングル端末
同時視聴が可能な台数最大4台まで
※同一作品の同時視聴は不可
※1アカウントで1台まで
動画以外のコンテンツ書籍(漫画、雑誌)
家族アカウントの有無あり(親1・子3)
還元ポイント毎月1,200円のU-NEXTポイント
支払い方法・クレジットカード
・キャリア
・楽天ペイ
・Amazon.co.jp
・AppleID
・ギフトコード/U-NEXTカード

※【U-NEXTについて】本ページの情報は2021年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

U-NEXTのおすすめポイント

  • 21万本を超える国内最多の作品を楽しめる
  • 毎月1,200円分のポイントを無料でもらえる
  • 動画だけでなく110誌以上の人気雑誌も読み放題

U-NEXTの特徴

U-NEXTは国内最多の21万本以上の作品を配信しており、映画やドラマ、アニメ、バラエティ、ドキュメンタリーを見放題で楽しめます。

そのほかに、アーティストの音楽LIVE映像など、幅広いジャンルの作品を楽しめる動画配信サービスです。

また、毎月無料でもらえる1,200円分のポイントで、新作映画2〜3本を実質無料で視聴可能です。

さらに動画だけでなく、110誌以上の人気雑誌も読み放題となります。

動画以外のコンテンツもあるので、雑誌やラノベ・漫画なども楽しみたい人もおすすめです。

初回限定で実施中!
31日間無料の
キャンペーン

 

「Amazonプライム・ビデオ」プライム会員特典が便利

Amazonプライム・ビデオ

参照:Amazonプライム・ビデオ

月額料金(税込)通常:500円(年間契約は4,900円)
学割:250円(年間契約は2,450円)
配信作品数(見放題)非公開
無料期間30日間
オフライン視聴可能
画質・標準画質
・高画質
・最高画質
倍速再生なし
配信作品の特徴・世界の映画
・日本映画
・海外ドラマ
・日本のドラマ
・韓国のドラマ
・アクション・アドベンチャー
・アニメ
・コメディ
・ドキュメンタリー
・ドラマ
・ファンタジー
・ホラー
・ミリタリー・戦争
・ミステリー・スリラー
・ロマンス
オリジナル作品
(※自社制作、独占配信を含む)
あり
対応端末・Amazonデバイス
・Blu-Rayプレーヤー
・ゲーム機
・モバイル端末
・パソコン
・セットトップボックス
・メディアプレーヤー
・スマートテレビ
同時視聴が可能な台数最大3台
※同一タイトルのビデオの同時視聴は2台まで
動画以外のコンテンツ・Prime Music:200万曲以上が聴き放題
・Amazon Photos:写真を容量無制限で保存可能
・Prime Reading:本・マンガ・雑誌が読み放題
家族アカウントの有無なし
還元ポイントあり
※Amazon Mastercardを使用した場合のみ
支払い方法・クレジットカード
・携帯決済
・Paidy翌月払い
・Amazonギフト券
・パートナーポイントプログラム
(= JCBのOki Dokiポイント)

Amazonプライム・ビデオのおすすめポイント

  • 月額500円(税込)の低価格で多数の動画を楽しめる
  • 国内外のオリジナルドラマやバラエティが豊富
  • 動画以外のAmazon配送特典などが豊富でコスパがいい

Amazonプライム・ビデオの特徴

Amazonプライム・ビデオは、Amazonが運営する動画配信サービスです。

月額料金500円(税込)のプライム会員になると、動画を見放題で視聴できます。ほかの動画配信サービスと比較しても、安い費用で動画を視聴可能です。

また、Amazonプライム・ビデオは、国内外のオリジナル作品が豊富なのも大きな特徴でしょう。

「ドキュメンタル」、「バチェラージャパン」など地上波では放送していない作品が多数あるのも魅力です。

さらにAmazonプライム特典を受けられるのも、ほかの動画配信サービスにはないメリットでしょう。

たとえば、約200万曲を広告なしで視聴や、通常より30分早く注文できるプライム会員限定先行タイムセール。

そのほかにもAmazonでの配送料無料など、動画コンテンツ以外の特典が多くあるのも特徴です。

初回限定で実施中!
30日間無料の
キャンペーン

 

「Hulu」リアルタイム配信も楽しめる

Hulu

参照:Hulu

月額料金(税込)1,026円
配信作品数(見放題)7万本以上
無料期間14日間
オフライン視聴可能
画質・最高画質
・高画質
・中画質
・低画質
・最低画質
倍速再生パソコン:0.8〜1.8倍速
スマートフォン:0.75〜1.75倍速
配信作品の特徴・海外ドラマ・TV
・国内ドラマ・TV
・TVアニメ
・アジアドラマ・TV
・洋画
・邦画
・アニメ映画
・アジア映画
オリジナル作品
(※自社制作、独占配信を含む)
あり
対応端末・スマートフォン
・タブレット
・パソコン
・スマートテレビ
・ゲーム機
同時視聴が可能な台数1台
動画以外のコンテンツなし
家族アカウントの有無なし
還元ポイントなし
支払い方法・クレジットカード
・ドコモ払い
・auかんたん決済
・ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い
・Huluチケット
・LINE Pay
・iTunes Store決済
・Yahoo!ウォレット
・Amazonアプリ内決済
・mineo オプションサービス
・BB.excite オプションサービス
・ケーブルテレビ決済
・eo オプションサービス

Huluのおすすめポイント

  • 7万本以上の幅広いジャンルの作品を見放題
  • 独占配信作品やオリジナル作品も豊富
  • リアルタイムの番組を視聴できる

Huluの特徴

Huluは7万本以上の作品が見放題で、さまざまなジャンルのコンテンツを楽しめます。

海外ドラマだけでなく、人気映画、国内ドラマ、アニメなどの作品も視聴可能です。

とくにテレビ朝日の動画が充実しているので、テレ朝系列のドラマや番組を視聴したい方におすすめです。

また、Huluオリジナルの作品や独占配信もあります。

さらに「ライブTV」では、ニュース・ドキュメンタリー・スポーツなどのさまざまなチャンネルをリアルタイムで視聴可能です。

初回限定で実施中!
31日間無料の
キャンペーン

 

ディズニープラスとディズニーデラックスの違いまとめ

今回は、ディズニープラスとディズニーデラックスの違いについてまとめました。

すでにディズニーデラックスは、ディズニープラスに統合されています。

しかし今でも名前を聞くことも多いので、違いを理解しておくといいでしょう。本記事のポイントをまとめると、以下のとおりです。

ディズニープラスは、ディズニー作品を見放題で楽しめる唯一の動画配信サービスです。

ディズニーファンなら、入会を検討してみてもいいでしょう。

初回限定で実施中!
31日間無料の
キャンペーン