「にこスマ」で"最低"グレードの「中古iPhone」を購入!高品質を支える独自検査システムとは? | RBB TODAY

「にこスマ」で"最低"グレードの「中古iPhone」を購入!高品質を支える独自検査システムとは?

IT・デジタル スマートフォン
「にこスマ」で
  • 「にこスマ」で
  • 「にこスマ」で
  • 「にこスマ」で
  • 「にこスマ」で
  • 「にこスマ」で
  • 「にこスマ」で
  • 「にこスマ」で
  • 「にこスマ」で
 iPhoneを購入する時、できれば毎月のスマホ代を安くしたいというのは誰しもが思うところだ。しかし、同端末はNTTドコモやau、ソフトバンクなど、いわゆる大手キャリアを中心に販売されているものの、その人気の高さもあって高額。特に、最新機種は10万円を超えることも珍しくなくなった。また、通信代金も高額で、機種代金とあわせれば、毎月1万円近く払っているという人も多いのではないか。

 そこで浮上するのが、中古スマホ&格安SIMを使うという手。中古スマホと聞くと、「壊れているのではないか」「傷が付いているのではないか」など色々な不安がついて回るが、最近の中古スマホは一体どの程度のものなのか。今回は、中古のiPhoneを格安で販売することで評判の「にこスマ」にて、その実力のほどをチェックしてみた。

商品の状態が一目でわかる!視認性の高いHP



 「にこスマ」は、中古iPhone・iPadの専門店ということで、通販サイトも非常に見やすい。ユーザーの多くは購入前にモデルを選んでいると思うが、トップページからモデル別に分かれているので、自身の気になる機種がすぐに見つかる。今回は、小ぶりなサイズでいまだ人気の衰えない「iPhone SE」を選んでみる。

 商品を選ぶ際、グレード(商品状態)やカラー、容量、キャリア、バッテリーの状態まで表示されているので、どの程度のコンディションなのかが一目で分かる点も魅力。今回は、数あるiPhone SEの中でも、グレード的には最低となる「Cグレード」をチョイス。価格は9,000円からと格安。はたして.......?

ドキドキの対面!届いた端末の状態は?



 注文したCグレードは、同社によれば「傷が目立つ状態。ケースをつければ見えなくなるので価格重視の方にオススメ。液晶や機能は全く問題ない」とのこと。



 そして、届いた商品がこちら。



 開封してみると、「おや......?」ーーCグレードということを忘れてしまいそうな綺麗な状態だ。



 また、前の端末からのデータの引継ぎなどに関しても説明書が同封されているので、初心者にも安心感がある。



 届いた端末をよく見ると、たしかに背面には引っ掻いてしまったような傷が確認できた。





 他にも、側面にいくつか小傷が確認できたものの、個人的にはもっと傷だらけの商品が届くと思っていたので、ひと安心。カバーを付けてしまえば全く気にならないだろう。画面に傷が一切ない点は魅力。毎日見る部分だけに、ここは特に重視したいポイントだ。



 電源をオンにしてみたが、液晶のバックライトも問題なし。挙動も安定している。何の問題もなく使えるグッドコンディションなiPhoneである。

良品質を支える検査システム・清掃



 さて、「にこスマ」はどうやって、これだけグッドコンディションなiPhoneを格安で販売しているのか。その秘密は、独自の仕入れルートと検査方法にある。

 まずは、仕入れ拠点の豊富さ。「にこスマ」は国内だけにとどまらず、世界中のマーケットから優良な端末のみを独自ルートで仕入れているそう。さらに、仕入れた端末の品質管理が厳格化されており、目に見えるような部分、たとえばディスプレイガラス、カメラ、各ボタンの性能チェックはもちろんのこと、通常の検品では見つけることが出来ないエラー検知なども、しっかり確認。これらの品質管理は北米企業の検品システムを導入して実施している。劣化や破損、データ削除まで35項目の検品を行っていることから安心感がある。

 また、中古スマホと聞くと衛生状態が気になる方も多いだろう。「にこスマ」はその点もしっかり配慮。座間の同社物流拠点で清掃を徹底している。







 アルコールによる除菌作業はもちろんのこと、専門スタッフが商品についた微細な汚れやホコリまで、丁寧にクリーニングした上で商品発送を行っているので、安心・安全、さらには清潔な商品が到着するというワケ。厳しい検品等を経たiPhoneは、すべての販売ページに360度写真が掲載されているので、"買う"側としては「どれだけ傷ついているのか?」という不安や疑問をしっかり解決したうえで購入に至ることができる。平日16時までの注文は当日発送というスピーディーさも嬉しいポイント。



 また、iPhoneを"売りたい"側にも配慮されており、最近は「Belong買取」という買取サービスもスタート。サイトにアクセスし、案内に沿ってプロファイルをダウンロード・インストールすれば、ユーザーが実施した検査項目が自動的に送信される。画面やタッチスクリーン、フロントカメラ、リアカメラ、スピーカー、画面のキズ、ひび割れに至るまで、ユーザー自身でチェック項目に沿ってテストしていくだけなので、実に簡単だ。

月額料金を安くしたいなら、中古iPhone&格安SIM



 さて、「にこスマ」で注文した中古iPhoneを見てきたわけだが、いま一度思い出してほしいのが、その価格。9,000円で、これだけ品質の良い端末が手に入るというのは驚きだ。

 もちろん、最新機種ではないので、防水防塵対応でなかったり、電子決済システム「Apple Pay」が使えなかったりもするわけだが、それを差し引いても、日常使用には十分な端末といえる。また、Apple Payや防水性能が必要であればiPhone7という選択肢も出てくるが、それでも18,500円からと、こちらも格安である。

 仮に、iPhone SEを向こう2年間使うとすれば、端末代金は月額換算で500円ほど。これに、格安SIM各社が一般的に展開する、通話付きで月額2,000円前後という料金をチョイスしても、月額2,500円。大手キャリアと契約して、最新機種を使うことを考えれば、三分の一から四分の一程度の料金で利用できてしまう。

 毎月の支出に占めるスマホ代を安くしたいなら、もはや中古iPhone&格安SIMで決まりでは?!
《KT》
page top