iPhone は64Gか256Gのどちらを買うべき?失敗しないストレージ容量の選び方 | RBB TODAY

iPhone は64Gか256Gのどちらを買うべき?失敗しないストレージ容量の選び方

IT・デジタル モバイル

左/iPhone 8 中央/iPhone X 右/iPhone 8 Plus
  • 左/iPhone 8 中央/iPhone X 右/iPhone 8 Plus
  • iPhone は64Gか256Gのどちらを買うべき?失敗しないストレージ容量の選び方
  • iPhone は64Gか256Gのどちらを買うべき?失敗しないストレージ容量の選び方
  • ※1動画1分の場合
  • iPhone は64Gか256Gのどちらを買うべき?失敗しないストレージ容量の選び方
  • iPhone は64Gか256Gのどちらを買うべき?失敗しないストレージ容量の選び方
  • iPhone は64Gか256Gのどちらを買うべき?失敗しないストレージ容量の選び方
  • iPhone は64Gか256Gのどちらを買うべき?失敗しないストレージ容量の選び方
季節は春。このタイミングでスマホも心機一転、気になっていたiPhone 8やiPhone Xに機種変更を検討中の人も多いだろう。

しかし、iPhoneの購入時に迷うのはストレージ容量の違い。自分にベストな容量を選択しないと、好きな写真や音楽を満足に保存できなかったり、動作の重さに悩まされたりすることになる。今回は、iPhone最新モデルのストレージ容量の選び方を紹介しよう。

iPhoneのストレージ容量の種類は?


まずはiPhone最新モデルのストレージ容量のラインナップから見ていこう。最新モデルであるiPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xでは、64Gと256Gという2つのモデルを用意している。

左/iPhone 8 中央/iPhone X 右/iPhone 8 Plus
左/iPhone 8 中央/iPhone X 右/iPhone 8 Plus


当然ながら高額なのは256Gモデル。しかし、256Gは大容量のため、iPhoneの使い方次第で料金以上の価値を感じられるだろう。いまいちピンとこないかもしれないが、詳しくは後述したい。

iPhoneの容量選びが重要な理由


そもそもiPhoneの容量選びはどうして重要なのか。

理由のひとつは、iPhoneではAndroidのようにSDカードを外部ストレージとして使えないことだ。写真や音楽、動画といったファイルをオフラインで手元に置きたければ、iPhoneに内蔵されたストレージに保存するしか方法はない。

選択したストレージ容量によって今後の使い方も左右されるため、しっかりと先を見据えた容量選びが大切なのだ。

容量の上限に達してしまうと、撮り溜めた写真やお気に入りのアプリを渋々削除したり、クラウドネットワーク上にファイルを移動したりなど空き容量不足と格闘する羽目になる。それを避けるためにも、あらかじめ自分の不自由しない容量を選択したい。

iPhoneの大容量モデルがおすすめの人は?


では、64Gと256Gはそれぞれどんな人におすすめなのだろう。

まずは256Gから見ていきたい。大容量モデルに向いているのは、当然ながら以下のような人になる。

●写真や動画をたくさん撮影する人
●大量の音楽や映画をiPhoneにストックし、外出先での余暇を楽しみたい人
●さまざまなアプリを使い分けるビジネスマンやスマホヘビーユーザー
とはいえ、ひと口に“大量の写真”と言われても、自分の保存数が多いかは判断しかねる。「写真を1,000枚保存しているけど、これって多いの?」と首を傾げてしまう人もいるはずだ。そこでここでは、メジャーなアプリで使用するデータ量を算出してみた。あくまでも「計算上」だが、おおまかな目安となるだろう。

■写真は最大で何枚撮れる?

写真の保存形式といえば、馴染み深いのは「JPEG」や「PNG」だろう。しかし、iPhone 8とiPhone Xでは、高画質且つ軽量な「HEIF(ヒーフ)」という新形式を採用している。

HEIFの写真は、たとえ同じ画質でもサイズはJPEGの約1/2に圧縮される。iPhoneの標準的な解像度である4,032×3,024の写真なら1枚につき1~1.5MBといったところだ。仮に1枚の写真を平均1.25MB、iPhoneの全容量を費やすとした場合、64Gだと51,200枚、256Gだと20万4,800枚の写真を撮りためられる計算になる。




■動画なら何本保存できる?

「H.265/MPEG-H HEVC」とも呼ばれるが、従来のiPhoneカメラに採用されていた「H.264/MPEG-4 AVC」と比べると、画質を犠牲にすることなく約1/2のサイズに圧縮される。

保存時の容量は、デフォルト画質のフルHD動画「1,080p HD/30 fps」設定なら1分間あたり約60MB、iPhone最新モデル独自の超高画質4K動画「4K/60 fps」なら1分間あたり約400MBだ。つまり、仮に1本あたり1分、iPhoneの全容量を費やした場合、保存可能な数は計算では以下の通りになる。

※1動画1分の場合
※1動画1分の場合


■アプリに必要な容量は?

正直なところ、アプリのサイズはピンキリだ。1MB未満のミニマルなものから1GB以上の大容量のものまである。ここではストレージを占有しがちな2大ジャンルを紹介しよう。

もっともデータ容量を要求されるのはゲームアプリ。特にシステムを凝らしたビッグタイトルほど大容量になる傾向で、たとえば「ポケモンGO」は約300MB、「シャドウバース」に至っては約1GBもある。通勤電車などでゲームをするのが日課の人は、64Gモデルだと少々心許ないかもしれない。



だが、実は注意しておきたいのは、時にゲーム以上のサイズになる「LINE」や「Instagram」といったSNS、「Gmail」などのメールアプリだ。過去のやりとりが「書類とデータ」として保存されるため、使うほどにじわじわと容量を増やしていく。

ちなみに編集部スタッフでLINEの使用データ量を調べてみたところ、どちらも2年ほどの使用で、ほとんどLINEを使わないスタッフは約600MB、ヘビーユーザーは約3Gとかなりの差があった。ただし、LINEの場合はキャッシュをクリアすることで、過去ログの読み込みは遅くなるが、ストレージを軽くすることができるので、一度試してみるといいだろう。

操作方法は、LINEの[設定]>[トーク]>[データの削除]>[キャッシュデータ][写真データ]など任意のデータを選択>[選択したデータを削除]の手順で行う。




■音楽、映画に必要な容量は?

音楽と映画はどうだろうか。まずは音楽だが、再生時間を1曲あたり4分とした場合、データ容量は約8~12MB。平均10MBとして、仮にiPhoneの全容量を費やした場合、64Gだと6,400曲、256Gだと2万5,600曲の音楽を保存できる計算だ。

そして映画だが、1,080pのHD画質で2時間ほどの再生時間だとデータ容量は約4~6GB。平均5GBとした場合、仮にスマホの全容量を費やすと64Gだと12タイトル、256Gだと51タイトルを保存できることになる。



64GBを選択しても問題ない人は?


では逆に、大容量モデルのiPhoneでなくとも問題ないのはどんな人だろう。以下の4つのタイプの人は、64Gの購入を検討してもいいだろう。

■クラウド上のストレージサービスに写真や動画を保存している

まずはiCloudやDropboxなど、クラウドネットワーク上に写真や動画を保存する人だ。ファイルはオンラインで管理されるため、iPhone本体のストレージを圧迫せずに済む。ただし、ファイルを閲覧するたびにデータ通信も発生するので、Wi-Fi環境の整備などを併せて行うべきだろう。

■PCでバックアップをこまめに取っている

次はiTunesを使い、こまめにiPhoneのバックアップを取っている人。データはPCに保存されるため、仮にiPhone本体から削除しても必要に応じて復元できる。こうしてiPhoneのストレージ内を必要最小限に抑えてしまえば、大容量モデルにこだわる必要はない。



■音楽や動画をあまりダウンロードしない

そもそも容量不足の原因のほとんどは、大量の音楽や動画のダウンロード。これらをあまり視聴しない人や、iPhoneにダウンロードせずに定額制のストリーミング配信サービスなどを利用する人は、64Gでも快適なiPhoneライフを送れるはず。



■アプリを数多く使用しない人

音楽や動画と同様、大量のアプリダウンロードも容量不足の引き金になる。前述の通り、ゲームアプリをよくプレイする人や、流行に敏感で多彩なアプリを使いこなす人は大容量モデルを選びたい。逆に言えば、限られたアプリしか使わない人、不要なアプリを定期的に削除する人は64Gをセレクトするといいだろう。



容量選びの前に! 今のストレージ使用状況を確認してみよう


さて、容量の選び方もわかったところで、最後に現在のストレージの使用状況を確認しよう。自分がどんな使い方をしているか把握することで、最適な容量も自ずと判断できるはずだ。

方法は簡単で、ホーム画面[設定]>[一般]>[iPhoneストレージ]をタップ。



すると、ストレージの使用中のデータ容量、使用可能な空き容量が表示され、各アプリのデータ容量が上位順に一覧で確認できる。



なお、このとき表示される数値は、各アプリに保存されているデータの容量も合算したもの。たとえば「写真」なら、端末内の写真と動画の全サイズを足した数値ということだ。

自分の使用スタイルだとどれくらいの上限が必要なのか、逆にどれくらい無駄なデータを削除できるのか。それらを計算しながら、自分にとって不自由のないデータ容量を考えよう。

iPhoneの買い替えにおいて、容量選びは今後の使い方を決める重要なポイント。ぜひベストなストレージ容量をチョイスし、iPhone 8やiPhone Xといった最新モデルを存分に使いこなしてほしい。

文:佐藤宇紘
TIME&SPACE

関連ニュース

特集

page top