エヴァの使徒っぽい? 折りたたみ収納可能な「簡易ドローン」が未来の配達を変える予感 | RBB TODAY

エヴァの使徒っぽい? 折りたたみ収納可能な「簡易ドローン」が未来の配達を変える予感

IT・デジタル その他

エヴァの使徒っぽい? 折りたたみ収納可能な「簡易ドローン」が未来の配達を変える予感
  • エヴァの使徒っぽい? 折りたたみ収納可能な「簡易ドローン」が未来の配達を変える予感
  • エヴァの使徒っぽい? 折りたたみ収納可能な「簡易ドローン」が未来の配達を変える予感
  • エヴァの使徒っぽい? 折りたたみ収納可能な「簡易ドローン」が未来の配達を変える予感
ドローンを使った宅配便の実用化が近付くなか、個人でも手軽に空から届け物ができるドローンの開発が進められている。

スイスのEPFL(Ecole polytechnique federale de Lausanne/スイス連邦工科大学ローザンヌ校)が開発しているAn Origami-Inspired Cargo Droneは、クワッドローター(4枚のプロペラ)式の小型ドローンをカーボンファイバー製のワイヤーケージですっぽり包み込んだ仕様になっている。

骨組みだけの丸いランタン(提灯)状のケージの中にドローンがあるという見た目で、サイズは65x65x43cmと、腕全体ですっぽりと抱えられるほどの大きさ。関係ないが、空から舞い降りてくる様はまるでアニメ新世紀エヴァンゲリオンに出てくる使途のようにも見える。



■使わない時は小さくたたんで引き出しに

性能だけなら同じようなドローンがすでに発売されているが、本ドローンは使わない時にはケージを小さく折り畳んで、引き出しなどに収納できるのが大きな特長になっている。ケージの構造を独自の形状に設計することで、31x38x12cmというかなりコンパクトなサイズに、しかもさっと簡単に折り畳むことができる。



さらにもうひとつのポイントは、ケージの上部に書類や小さな荷物を乗せて運ぶためのケースが取り付けられていること。ある調査によると、一般的な配送サービスでは全体の依頼の86%が、2kgまでの小さな荷物を約15km以内に運ぶケースで占められているのだとか。

EPFLが開発中のプロトタイプは約500gの荷物を運べるところまで完成させられたが、将来的にこうした依頼に対応できるよう、今後バージョンアップさせることを開発目標にしているそうだ。

■複雑なケージが荷物を鳥や落下から守る

宅配ドローンをワイヤーケージで覆うメリットとしては、うっかり落下した場合や鳥の襲撃(?)などから荷物と機体を守れることがある。さらに、ローターがむき出しになっているドローンでは、逆に周囲を傷つける可能性があるが、本ドローンは受け取る際に素手でキャッチできるほど安全なので、配達にはぴったりだといえる。



開発者たちは「たとえば、学校のキャンパスや広い敷地の中で、ちょっと離れたところになにか届けたいという時に、引き出しからドローンを取り出して使うようなシーンが日常的になるようにしたい」とコメント。ほかにも、周囲をリアルタイムで監視できるカメラや、さらに安全性を高めるためのパラシュート機能などのオプションが取り付けられるようにすることも計画しているという。

カナダのバンクーバーで(9/24-28)に開催されるインテリジェントロボットの学会「IROS 2017」でも発表される予定で、今後の実用化も期待したいところだ。



文:野々下裕子
TIME&SPACE

関連ニュース

特集

page top