「2010年 心に残るスポーツ名勝負」W杯や五輪を退け1位になったのは? | RBB TODAY

「2010年 心に残るスポーツ名勝負」W杯や五輪を退け1位になったのは?

エンタメ 調査

W杯日本代表の活躍は2位に。写真はパラグアイ戦でPKに失敗後チームメイトに慰められる駒野
  • W杯日本代表の活躍は2位に。写真はパラグアイ戦でPKに失敗後チームメイトに慰められる駒野
 でん六が今年のスポーツシーンの中で最も印象的だったのは何かを問う「2010年 心に残るスポーツ名勝負」のアンケート調査結果を発表。1位には意外にもあのスポーツが選ばれた。1,923通の応募を集計した。

 バンクーバー冬季オリンピックやサッカーW杯など世界的なスポーツイベントが目白押しだった2010年のスポーツシーン。アンケートで1位になったのは、千葉ロッテマリーンズがパ・リーグ3位から一気に日本の頂点へと駆け上った「プロ野球 日本シリーズ」(727票)だった。第6戦では延長15回でも決着がつかず引き分けとなり、最終戦でも8対7と白熱した試合が展開されたのが印象に残ったようだ。

 2番目に票を集めたのは、カメルーンとデンマークに勝利しグループリーグ突破を果たしたサッカーW杯南アフリカ大会(275票)。3位には全日本女子が32年ぶりのメダルを獲得という快挙を成し遂げた世界バレー(268票)が入った。そのほか、双葉山の連勝記録に挑んでいた白鵬を稀勢の里が破った大相撲九州場所の白鵬と稀勢の里の一番(105票)や、浅田真央とキム・ヨナの高レベルでの争いが注目されたバンクーバーオリンピックのフィギュアスケート(103票)が名勝負としてランクインした。

■2010年 心に残るスポーツ名勝負
1位 プロ野球 日本シリーズ
2位 サッカー ワールドカップ
3位 世界バレー
4位 大相撲 白鵬vs稀勢の里
5位 冬季オリンピック フィギュアスケート
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top