オンナの麻力!?養成講座「女性雀士に学ぶ麻雀」〜最終回:チャイナドレスで麻雀(後編) | RBB TODAY

オンナの麻力!?養成講座「女性雀士に学ぶ麻雀」〜最終回:チャイナドレスで麻雀(後編)

エンタメ その他

白と中が2枚ずつ
  • 白と中が2枚ずつ
  • かおかおさんの手牌
  • 初リーチ!
  • プロは教え方が上手い!
  • 追っかけでリーチ!
  • ツモ上がり
  • 「索子のホンイツ」と「チートイツ」の比較
  • 5・8索子が来ればテンパイ
◆東風戦・第2回は、オトコとオンナの真っ向勝負!?

 続く第2回戦の親(東家)は「まりまりこ」さん。以下、南家「かおかお」さん、西家「Canako」さん、北家「jaykay」さんの座り順になりました。

 ここで、一段と張り切り始めたのが「jaykay」さん。今回ただ1人の男性で、しかも麻雀経験者ということで「君たち小娘には負けないよ〜」とばかりに攻め込む気マンマンです。しきりと喋りでも威嚇してきます。第2回戦は、プロも含めた女性連合軍 vs. jaykayさんの様相になってきました。

・東風戦・第2回・第1局

 第2回戦のスタートでは、そんな「jaykay」さんに、白2枚、中2枚の好手牌が配られます。女性軍はいきなりピンチ!? しかし、打ち慣れた雀士らしく、面前派の「jaykay」さんは鳴きを使わずに、この手牌を仕上げます。ところが、ここまで静かに打っていた「まりまりこ」さんが、間4索子と苦しい待ちながら麻雀人生初めてのリーチ! 勝負に出ました。

 これを受けた「jaykay」さんでしたが、最終的には中をもう1枚自力でツモり、テンパイにこぎつけて、すかさずリーチをかけます。しかも待ち牌は、すでに2枚切られている白と、自分で2枚使っている4索子。つまり残り2枚しかない4索子を、「まりまりこ」さんと「jaykay」さんが奪い合うかたちなのです。

 後ろで見ている記録役やプロはハラハラしていたみたいですが、豪腕よろしくこれを「jaykay」さんがツモ上がり。「リーチ・ツモ・中・ドラ2」に仕上げて、女性軍に先制パンチです。

・東風戦・第2回・第2局

 続く第2局。またも「jaykay」さんが発3枚の好手牌を着々と進行中。5索子または8索子が来たら、あっさりテンパイしそうです。「かおかお」さんは「タンヤオ」の好手牌ですが、カギとなる4・6索子の穴を埋める5索子がツモれません。後ろから見ると、この5索子が3枚、8索子が2枚「まりまりこ」さんのところに。「Canako」さんも索子の「ホンイツ」気味で、ちょうど、全員がそれぞれのカギになる牌を持ち合って、牽制し合っている図式です。後半ギリギリになって、なんとか「かおかお」さんと「Canako」さんがテンパイしてリーチしましたが、カンチャン待ち・ペンチャン待ちと苦しいかたち。結局誰からも出なかったため、流局となりました。

・東風戦・第2回・第2局・1本場

 親である「かおかお」さんがテンパイしていたので、引き続き親を務めます。

 5萬子、8萬子、9萬子、南がそれぞれ2枚ずつあった「Canako」さんが南家。序盤から鳴いて、ポンを仕掛けます。狙いは「ホンイツ・トイトイ・南」といったところでしょう。一方「まりまりこ」さんは9筒子と東が2枚ずつ、7索子が3枚とこちらも「トイトイ」風味。さきほどの“同じ色の勝負”がこの局は“同じ役の勝負”になりました。こういうふうに麻雀では、不思議とお互いの狙う役がぶつかり合うことが多いそうです。最終的に、早い巡目でこの戦いを「まりまりこ」さんが制します。

・東風戦・第2回・第3局

 この段階ではまだ「jaykay」さんの点数がトップ。でも大きな手を上がれば誰でも1位になれるぐらいの点数差なので、「あきらめちゃダメよ!」とプロからの励ましが飛びます。

 「まりまりこ」さんがまた配牌から南3枚と好感触ですが、東場・西家のため、役にはならないのが残念なところ。「かおかお」さんもカンチャン待ちの多い、苦しい手牌です。親の「Canako」さんがチーで鳴いたりして、なんとか「トイトイ」を作って、親でゲームを続けることを狙いますが、いつのまにかテンパイした「jaykay」さんがリーチ。

 これに「まりまりこ」さんが一発で振り込んでしまい、8千点の出費となってしまいました。

・東風戦・第2回・第4局

 そして迎えた最終局。

 かなり苦しいかたちですが、「Canako」さんがさきほどと同じく、北を鳴くなどして早い上がりを狙います。「かおかお」さんは「タンヤオ・チートイツ」に行けそうな手牌。「まりまりこ」さんは「ピンフ」の好形です。

 しかしテンパイ一番乗りは、やはり「jaykay」さん。とどめとばかりに、またもやリーチ。6・8萬子が残っていて、7萬子での上がりという強引なリーチです。

 6索子を切ってのリーチだったため、筋である3索子を切って、なんとかかわそうとする「かおかお」さん。ところがこれが「Canako」さんの当たり牌で、「北・ドラ1」でゲーム終了となりました。

 そういうわけで、最後の局でまたも点数を出してしまった「かおかお」さん。最終的な点数は、

・1位:jaykay:38,900点
・2位:Canako:26,500点
・3位:かおかお:19,800点
・4位:まりまりこ:14,800点

となりました。第2回戦、いきなり参戦の男性にやられたかたちで悔しいですが、これをバネにガンバろうと誓いを新たにしました。

◆混戦を制した初代チャンピオンは「かおかお」さん!

 というわけで、思った以上に白熱した「オンナの麻力杯+中華菓子セット争奪戦」。まずは総合得点を計算してみると……あれぇ!? 2位・2位だったCanakoちゃんが、点数では5万8,900点でダントツトップ?

 しかし事前のルール決めで、やはり強い人=1位だろう、ということで「1位を取った回数重視」としていたので、「かおりん(かおかお)」さんが見事初代チャンピオンとなることに満場一致で決定!

 優勝者には北島朋子プロ、木下沙弥香プロから中華菓子の贈呈。そして最後に、恐れ多くもお2人を従えての「オトナのオンナポーズでの記念撮影」となりました。なんだかオトナのオンナの方向性が間違っているような図柄になっちゃいましたが……。

-----

 ともあれ、これにて麻雀講座は終了〜です。とりあえず無事に対戦できるまでは麻雀を覚えられたことと思います。なにより、この企画を通じて、麻雀の魅力、プロ女性雀士の魅力を知ることができたのが大きな収穫です。

 ちなみに、今回の対戦は一般卓なので無料。無料でここまで楽しめるとは、はこパラさんは太っ腹! 実卓さながらの対戦を、自動点数計算付きで楽しむことができました。今回は利用しませんでしたが、「ちょっとトイレへ」「こんなときに電話が!」というようなときに便利な「代走機能」も用意されています。

 ぜひ皆さんも、はこパラオンラインを使ったり、実際に雀荘に足を運んだりして、麻雀の魅力にどっぷりと浸かってみてください。もしはこパラで私たちを見かけたら、ぜひ気軽に声をかけてくださいね!

 ではまたどこかで。
《藤原晶子》

関連ニュース

特集

page top