オンナの麻力!?養成講座「女性雀士に学ぶ麻雀」〜最終回:チャイナドレスで麻雀(前編) | RBB TODAY

オンナの麻力!?養成講座「女性雀士に学ぶ麻雀」〜最終回:チャイナドレスで麻雀(前編)

エンタメ その他

女性プロ雀士からプレゼント
  • 女性プロ雀士からプレゼント
  • 一見会議風
  • 北島朋子プロ
  • 木下沙弥香プロ
  • 木下沙弥香プロ
  • Canakoさん
  • 役がない
  • マンツーマンで指導中
 今回はいよいよ最終回。これまでの知識をフル活用して実戦さながらにオンライン麻雀勝負です。しかも、北島朋子プロと木下沙弥香プロのお2人がチャイナドレスで登場です。

◆麻雀大会「オンナの麻力杯&中華菓子セット争奪戦!?」

 さて、これまでの講座で、麻雀のルールはすべて把握した(?)はず。最終回は、覚えてきた知識を総動員して、全員ガチンコ勝負の麻雀大会です。牌さばきもまだまだな私たちなので、はこパラオンラインを使ってのオンライン麻雀勝負を開催することになりました。スケジュールの関係で、RBB娘からは「加奈子(Canako)」さんと「かおりん(かおかお)」さんのみが参加。あらたに「まりまりこ」さん(女性)と「jaykay」さん(男性)が加わっての4人勝負です。

 ルールは「東風戦」(1周勝負)を2回、1位を取った回数が一番多い人が、栄えある「第1回 オンナの麻力杯」(笑)のチャンピオンということになりました(1位をとった回数が同じ場合は、両方の回の点数を合わせたトップの人がチャンピオンに)。

 なおチャンピオンには「オトナの女」の称号と、横浜中華街の中華菓子セットが贈られるのです。

 というわけで、某月某日、都内某所。

 各自がノートPCを持ち込んで、オンライン対戦できる環境をセッティング。はこパラオンラインへのログインを済ませ準備万端。あとはゲーム開始にあたり、他の人が間違えって入ってこないよう、念のためチャンネルを切り替えて4人が集合。ここなら誰にもジャマされることはありません。

 こうして、いよいよ闘牌開始となりました。BGM(3曲から選択可)を選び、各自マットを好きな色に変えて、ますます気分が盛り上がります。

 そして今回の女性プロ雀士は、サポート役として、北島朋子(きたじまともこ)プロ、木下沙弥香(きのしたさやか)プロのお2人が、なんとチャイナドレス姿で登場。実際にプレイしていて、何を切ればよいかわからない状態になったら、すぐにヘルプ役として助言してくれる、というかたちです。

 強力な援軍を得て、みんな安心! のはずだったのですが。

◆東風戦・第1回は大混乱!?

 さて、第1回戦の親(東家)は「Canako」さん。以下、南家「かおかお」さん、西家「jaykay」さん、北家「まりまりこ」さんの座り順になりました。

 今回特別参加の「まりまりこ」さんと「jaykay」さんですが、「まりまりこ」さんは完全な麻雀初心者。私たち以上に麻雀を知らないという状態。そのためプロ2人が常にそばに寄り添ってアドバイスをしています。実質プロのお2人が牌を選んでいる状態。その一方、「jaykay」さんは普段から普通に麻雀をプレイしているということで、かなりの腕前。

 そういうわけで、最初から「オンナの麻力!?養成講座」を受けてきたはずの「加奈子(Canako)」さんと「かおりん(かおかお)」さんに、プレッシャーのかかる戦い、という構図です。

 それでも、いちおう自宅などで一度プレイしているし、だいたい麻雀のルールも把握したんだから、なんの問題もないはず……、と思っていたのですが、やはり実戦はぜんぜん違う!

 緊張感からか、そんなに難しくない状態でも「本当に、これを切っていいの? いいの?」と、大いに迷ってしまうようです。このへんの緊張感は、「まりまりこ」さんと「jaykay」さんも変わらない様子。そのせいか、10秒と長めに設定した「待ち時間」なのに、みんなあっというまに使い切ってしまい、自動的に牌が捨てられていく状態が続出しています。Canakoさんも、あきらかに「やっちゃった〜」という顔で固まっています。

・東風戦・第1回・第1局

 東1局はそんな大混戦のスタートでしたが、プロの的確なアドバイスを受けつつ、鳴きも覚えた「まりまりこ」さんが、まずは「タンヤオ」を上がりました。

・東風戦・第1回・第2局

 続く東2局。「jaykay」さんが筒子の「ホンイツ」が狙えそうな好手牌で、ここで態勢を立て直したいところ。「かおかお」さんもなかなかの好手牌で、発が2枚。これを鳴けばいつでも上がれそうな感じです。しかしガンバリが実らず、先に「jaykay」さんがテンパイ。そして先制のリーチ! リーチをすると音楽が変わり、緊張感が一気に高まります。

 しかし直後に「Canako」さんもテンパイ。ここは勝負所とのプロのアドバイスに従い、自分もリーチをかけます。残りの人たちからはため息が……。そして、この2人のリーチ勝負は「Canako」さんに軍配が。「ホンイツ」にはなりませんでしたが、「リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ」となかなかの高得点を収めました。

・東風戦・第1回・第3局

 続く東3局。またまた「Canako」さんに西が2枚あり。両面待ちもたくさんあって、軽く上がれそうな手牌です。一方「かおかお」さんは今度はバラバラ。苦戦しそうな感じです。ただ、残る「まりまりこ」さんと「jaykay」さんも、あまり手牌がよくなさそうな感じ。みんな一心に牌を積もり、必死に考えています。さすがに時間制限にも慣れてきて、大きなミスはしないようになってきました。なにより、プロのお2人が分け隔てなくヘルプ役として、フォローしてくれています。

 そして中盤になって、一番苦戦しそうな手配だったはずの「かおかお」さんが、弱点になりそうな部分の牌を的確に引き入れて、「タンヤオ・三色同順・ドラ」の大物手をテンパイ。すかさずリーチです。5索子を引けば三色同順、8索子を引けば何もなし、だったのですが、見事に5索子をツモって、ドラ3も合わせて合計1万6千点と大量得点ゲット! オトナの女は運も強いようです。

 親だった「jaykay」さんは痛い8千点の出費。「Canako」さん、「まりまりこ」さんは4千点の出費となりました。

・東風戦・第1回・第4局

 そして東4局。「jaykay」さんは両面待ちもまったくない、完全なバラバラ手牌。「Canako」さんは2枚セットが目立つ、「チートイツ」系の手牌。「かおかお」さんはやや萬子が多めでしょうか。「まりまりこ」さんは、「タンヤオ」にも「ピンフ」にも行けそうな、いい手牌です。ただツモがよくないのかあまり進みません。最終的には、「Canako」さんが一番乗りでテンパイ。2・5萬子待ちでリーチをかけます。

 なんとかしのぎたかった「かおかお」さんですが、なんとここで考えすぎて時間切れの致命的ミス。しかもツモ切りになってしまったのが2萬! というわけで「Canako」さんの上がりとなりましたが、役は「リーチ・一発・ドラ1」のみと低めの点数でした。

 そういうわけで、最後の局で点数を出してしまった「かおかお」さんでしたが、最終的な点数は、

・1位:かおかお:33,200点
・2位:Canako:32,400点
・3位:まりまりこ:20,700点
・4位:jaykay:13,700点

となりました。「タンヤオ・三色同順・ドラ3」の大量得点が効いて、800点差で優勝! 「かおかお」さんが第1回戦を制しました。

 続く東風戦・第2回の模様は「後編」でご紹介します。
《藤原晶子》

関連ニュース

特集

page top