大和証券の営業員用タブレット端末にNECの顔認証システム! | RBB TODAY

大和証券の営業員用タブレット端末にNECの顔認証システム!

IT・デジタル セキュリティ

本システムにはNECの顔認証エンジン「NeoFace」が活用されている。「NeoFace」は米国立標準技術研究所(NIST)のベンチマークテストで3回連続1位を獲得するなど、その認証精度は高い評価を受けている(画像は公式Webサイトより)
  • 本システムにはNECの顔認証エンジン「NeoFace」が活用されている。「NeoFace」は米国立標準技術研究所(NIST)のベンチマークテストで3回連続1位を獲得するなど、その認証精度は高い評価を受けている(画像は公式Webサイトより)
 NECは16日、大和証券リテール部門の営業員用タブレット端末約5,000台を対象に顔認証システムを構築したことを発表した。同システムは2月上旬より順次利用を開始している。

 大和証券は高い利便性とセキュリティの両立を目的に、様々な領域での顔認証の利用を検討しており、今回の取り組みはその第一弾となる。並行して本部部署で使用しているノートPCに顔認証を導入するなど、利用領域を順次拡大していき、将来的にはすべての業務端末に顔認証を導入することを視野に入れているという。

 本システムはNECの顔認証エンジン「NeoFace」を活用して構築されており、従来のIDやパスワード認証に比べ高精度かつ高速なログインが可能。また顔画像をサーバで一元管理することで、様々な端末・機器で顔認証を利用することができる。

 大和証券は顧客への資産状況の説明や金融商品の紹介などを行うためにタブレット端末を利用しており、本システムの導入により営業員はタブレット端末の内蔵カメラに顔を向けるだけで瞬時に認証できるため、外出先においても高い利便性を実現できる。また紛失・盗難のリスクが少ない顔認証を活用することで、不正利用や情報漏洩を防止する効果も期待される。
《防犯システム取材班/鷹野弘》

編集部のおすすめ記事

特集

page top