Appleは新型MacBook Proのバッテリー問題の原因を究明……米Consumer Reports | RBB TODAY

Appleは新型MacBook Proのバッテリー問題の原因を究明……米Consumer Reports

IT・デジタル モバイル

Appleは新型MacBook Proのバッテリー問題の原因を究明……米Consumer Reports
  • Appleは新型MacBook Proのバッテリー問題の原因を究明……米Consumer Reports
  • Appleは新型MacBook Proのバッテリー問題の原因を究明……米Consumer Reports
  • Appleは新型MacBook Proのバッテリー問題の原因を究明……米Consumer Reports
  • Appleは新型MacBook Proのバッテリー問題の原因を究明……米Consumer Reports
 米Consumer Reports(以下、コンシューマー・レポート)は現地時間10日、Appleが新型MacBook Proにおけるバッテリー問題を究明したとの声明文を発表した。

 新型MacBook Proのバッテリーについては、コンシューマー・レポートが複数回のバッテリーテストによる結果として、2016年12月に「推奨しない」との評価を下していた。Appleの製品は、これまで同社の製品で総じて良好な評価を得てきたが、同評価を受けたことでユーザーには困惑が広がっていた。

 Appleは、コンシューマー・レポートによって指摘を受けたバッテリー異常消費問題について、Safariに原因があったと説明している。また、コンシューマー・レポートが、ブラウザのキャッシュをオフにする、Webサイト開発用の隠されたSafariの設定を使用していたことも明らかとなっており、Appleはそうした状況において生じる不具合についても修正したことを明かしている。Appleのワールドワイドマーケティング担当上級副社長であるフィリップ・シラー氏はコンシューマー・レポートによって「推奨しない」との評価を受けた後、即座に原因を調査するとのコメントをTwitter上で発していたが、今回そうした機会を得られたことに対して感謝していると述べた。

 Appleは、同社ベータテスターに向けて、macOSの修正版の配布を開始している。修正版の中では、先述したSafariのバグは修正されているとのこと。コンシューマー・レポートはこの事実を声明文の中で認め、再度バッテリーテストを実施することを約束した。なお、修正版のmacOSは数週間以内に一般ユーザーにもリリースされる見込みとなっている。
《Tsujimura》

編集部のおすすめ記事

特集

page top