超音波ソナーが後退時の衝突事故を4割削減する!? | RBB TODAY

超音波ソナーが後退時の衝突事故を4割削減する!?

IT・デジタル その他

ICSは車速15km/h以下状態などで、ブレーキペダルの踏み忘れや踏み遅れ、アクセルペダルの踏みすぎなどでも障害物を検知すると動作し、ハイブリッドシステムの出力抑制とブレーキによる減速が行われる(画像はプレスリリースより)
  • ICSは車速15km/h以下状態などで、ブレーキペダルの踏み忘れや踏み遅れ、アクセルペダルの踏みすぎなどでも障害物を検知すると動作し、ハイブリッドシステムの出力抑制とブレーキによる減速が行われる(画像はプレスリリースより)
  • 事故調査結果。ICSを搭載する車は、非搭載の車と比べて踏み間違い事故は、約7割削減、後退時の事故は約4割削減という結果となった(画像はプレスリリースより)
 トヨタは26日、同社のアルファード、ヴェルファイア、プリウスが搭載している駐車場での安全支援技術「インテリジェントクリアランスソナー(ICS)」の事故低減効果について、事故の減少率など具体的な調査結果を発表した。

 同社のICSは駐車場などで踏み間違いによる急発進時に、クリアランスソナーが超音波で障害物を検知して衝突被害を軽減するものとなっている。

 アリオン、アルファード、ヴェルファイア、プリウス、プレミオ、LEXUS RXが同タイプのICSを搭載しており、2015年以降のアルファード、ヴェルファイア、プリウスからはセンサーの増設と検出距離の延伸により検出範囲が拡大され、制御ソフトの改良が行われている。駐車場内での低速移動時や車庫入れで、ペダル誤操作がない場合にも隣接車両や障害物との衝突を回避し、被害の軽減を可能としているとのこと。

 調査は当該車種約6万3,000台分を契約している保険会社による約2,500件の事故データによるもので、2015年1月から2016年6月までの18か月の間に駐車場で発生した事故を対象としている。(ICSの搭載率は42%で約2万6,000台)

 結果は踏み間違い事故件数ではICS搭載車で約7割が低減し、後退時事故件数については約4割の減少となっている。ICSは前方にも設置されているが、今回の調査では前進時事故での優位点は確認できておらず、同社は今後さらに調査を進めることとしている。
《防犯システム取材班/小池明》

編集部のおすすめ記事

特集

page top