大晦日『KYOKUGEN』に錦織圭ら参戦が決定!極限プレイに挑戦 | RBB TODAY

大晦日『KYOKUGEN』に錦織圭ら参戦が決定!極限プレイに挑戦

エンタメ スポーツ

大晦日『KYOKUGEN』に錦織圭ら参戦が決定!極限プレイに挑戦
  • 大晦日『KYOKUGEN』に錦織圭ら参戦が決定!極限プレイに挑戦
 31日18時放送の『史上最大の限界バトル KYOKUGEN2016』(TBS)に、今回新たに、錦織圭、石川遼、松山英樹の緊急参戦が決定した。

 今年5年目となる『KYOKUGEN』。すでに、ボクシング3階級王者の井岡一翔や元K-1王者・魔裟斗と元PRIDE王者の五味隆典、そして、サッカー界を席巻するメッシ、スアレス、ネイマールなどの超豪華なメンバーの参加が決定しているが、そこに、世界テニスプレーヤーの錦織圭、日本を代表するプロゴルファーの石川遼・松山英樹が新たに参戦することとなった。

 『KYOKUGEN』初参戦となる錦織は、テニスではおなじみの“壁当て”を極限まで進化させた「チャレンジ・ウォールショット」に挑戦する。時間の経過と共に壁がどんどん細くなっていく競技となるが、挑戦前には「これは、いい練習になりますね!パーフェクトを狙います」と気合十分。挑戦後は「ツアーファイナルの時と同じぐらい手に汗かきました!」と語った。この難競技に、錦織は最終ステージまで進むことができたのか。

 さらに、今年11月に行われた「ISPSハンダ・ワールドカップ・オブ・ゴルフ」で日本代表としてタッグを組んだ石川と松山は、直接対決に挑む。2人が対決するチャレンジは、50・80・100・130・150ヤードそれぞれに置かれた直径2メートルの箱にボールを入れていくというもの。松山は「風が出てくると縦横の距離感が難しくなります。まずは、縦の方向を整えるのが大事ですね」と分析。また、石川は「納得のいくショットを打っても入らないことが続いちゃうと、メンタル的にやられてしまう」と話し、プロの2人でも難しいチャレンジとなった。石川と松山の初対決の行方は!?

 大晦日一夜限りの対戦型スポーツバラエティ『史上最大のバトル KYOKUGEN2016』(TBSテレビ)は31日よる6:00~11:35放送。
《築島 渉》

編集部のおすすめ記事

特集

page top