完成度高い!iPhoneが360度カメラに早変わりする「Insta360 Nano」【オトナのガジェット研究所】 | RBB TODAY

完成度高い!iPhoneが360度カメラに早変わりする「Insta360 Nano」【オトナのガジェット研究所】

IT・デジタル モバイル

iPhoneのLightning端子に直結できる360度カメラ「Insta360 Nano」
  • iPhoneのLightning端子に直結できる360度カメラ「Insta360 Nano」
  • スティック状の本体。軽くてコンパクト
  • 本体の前後にレンズを搭載
  • Lightning端子でiPhoneに直結する
  • microUSB端子に、micorSDカードスロットを搭載する
  • iPhoneに装着。専用アプリ以外は画面が天地逆さになる
  • 装着した時の一体感は悪くない
  • 撮影した動画と静止画が同じ一覧に並ぶ。見やすくて使いやすいUI
 今年に入ってiPhone用ガジェットに並ぶ勢いで「VR(仮想現実)」に関連するガジェットの品数が急速に増えている。中国の新鋭ベンチャーShenzhen Arashi Vision社が開発、サンコーレアモノショップが扱う「Insta360 Nano」もその一つだ。iPhone専用で360度カメラという、流行のど真ん中を捉えた注目の製品を検証してみよう。

 Insta360 Nanoは、iPhone 6/6 Plus以上のiPhoneのLightning端子にダイレクトに差し込んで、360度の全天球静止画・動画が撮れる外付けカメラユニットだ。本体にはバッテリーと記憶媒体になるSDカードスロットを内蔵しているので、iPhoneとペアでなくても単体でVRカメラとして機能する。でもiPhoneに組み合わせないとライブビュー撮影ができないし、日時の記録も行えない。iPhoneと一体で真価を発揮するガジェットだ。

 スティック状の本体の先端、前後に210度ずつの画角をカバーするレンズを搭載。イメージセンサーは4MP。レンズはF2.0とまずまずの明るさ。最大3040×1520画素の解像度で撮影ができる。

 iPhoneとWi-Fi接続やBluetoothによる面倒なペアリング設定が一切不要なのがいい。Lightning端子に装着して、専用アプリの「Insta360 nano」をインストールするだけで撮影準備が完了する。ユーザー登録も不要だ。iPhone 6sに装着してみると大きさのバランスはよさそうだ。重さも73gと軽くて負担はない。ただ、iPhoneを天地ひっくり返して構えるのが同機の撮影スタイルなので、専用アプリから他のSNSアプリなどに切り替える時に違和感を感じる。またiPhoneを持って頭の上に高く掲げて360度撮影をするときにうっかり手が滑らないかひやひやする。自撮り棒的なアクセサリーを見つけて併用した方が良さそうだ。

 撮影したファイルは、静止画がiPhone本体のアプリと、カメラに装着したSDカードの両方に記録され、動画はSDカードのみに保存する。撮影時はiPhoneのディスプレイがライブビューになるので、被写体の構図が決めやすい。アプリのシャッターアイコンをシングルタップで静止画撮影。撮影モードを動画に切り替えて、シャッターアイコンを押し続けている間に動画が撮れるほか、長時間録画を行う際にはシャッターアイコンを押してから、上方向にスワイプするとシューティングが固定される。撮影関連の操作はとてもシンプルだ。メニューのインターフェースは言語が英語になるが、読めないと困るほど複雑な設定項目もないし、日本語の取説で操作方法の全容はカバーされている。

 実際に使ってみるとカメラとしての完成度はけっこう高く、使い心地が良いことに気が付いた。ライブビューは前後のレンズで捉えた映像をワイプ表示で1画面に重ねて表示するので、被写体を正確に写真の中に収められる。プレビューの遅延がなく、シャッターのレスポンスも良い。撮ってすぐその場でプレビュー再生がスムーズにできる。メインメニューのインターフェースもシンプルにつくられている。例えば撮影したファイルのリストは、サムネイルの右下に動画か静止画を見分けるアイコンが表示されていたりと、なかなか気が効いている。

 前後のレンズで撮影した映像をつぎはぎする自動スティッチ機能の出来映えはなかなか良い。継ぎ目に大きく目立つノイズが出たり、被写体がつぶれてしまうことはなかった。反面、映像に撮影者の手元がかなり写り込んでしまう。音声シャッター機能のようなものも特に搭載されていないため、撮影時には必ずシャッターアイコンをタップしなければならないから、撮影者の手の写り込みは不可避だ。気になる場合はそこにInsta360 nanoのロゴを表示してごまかすという手段もある。撮影時にシャッター音が出ないので、周りに迷惑をかけないよう心がけて使いたい。
《山本 敦》

編集部のおすすめ記事

特集

page top