電柱広告に防災情報を盛り込んだ「地域貢献型広告」……足立区 | RBB TODAY

電柱広告に防災情報を盛り込んだ「地域貢献型広告」……足立区

IT・デジタル エンタープライズ

「地域貢献型広告」のイメージ。電柱広告スペースの一部を利用して、最寄りの避難所情報や荒川決壊時の想定浸水深など地域に必要な防犯・防災情報を発信する(画像はプレスリリースより)
  • 「地域貢献型広告」のイメージ。電柱広告スペースの一部を利用して、最寄りの避難所情報や荒川決壊時の想定浸水深など地域に必要な防犯・防災情報を発信する(画像はプレスリリースより)
 東京都足立区は、最寄りの避難所情報や荒川決壊時の想定浸水深などを掲載した「広告付防犯・防災情報電柱看板」を設置したことを発表した。

 足立区は昨年12月に東電タウンプランニングと「広告付防犯・防災情報電柱看板(電柱を活用した「地域貢献型広告」)に関する協定」を締結。この協定に基づき、電柱広告スペースの一部を利用して地域に必要な防犯・防災情報を発信する。

 東電タウンプランニングは足立区以外にも数多くの自治体と同様の「地域貢献型広告」に関する協定を締結している。自治体は費用負担なしで防犯・防災情報を発信することができ、スポンサー企業にとっても通常の電柱広告より広告料が割安になるとともに、地域貢献に対する姿勢を可視化することができるなどのメリットがある。
《防犯システム取材班/鷹野弘》

編集部のおすすめ記事

特集

page top