情報漏洩リスクを低減……エプソンが認証印刷オプションを提供へ

エンタープライズ セキュリティ

目前印刷の利用イメージ。個人認証にはICカードリーダーをカード(FeliCa/MiFARE)を使用でき、利用者ごとに複合機の機能を制限することが可能となっている(画像はプレスリリースより)
  • 目前印刷の利用イメージ。個人認証にはICカードリーダーをカード(FeliCa/MiFARE)を使用でき、利用者ごとに複合機の機能を制限することが可能となっている(画像はプレスリリースより)
  • 利用者の職種・職掌に応じて複合機の利用権限を設定することも可能。不必要な印刷を抑制し、コスト削減や情報漏洩リスクの低減を実現(画像はプレスリリースより)
 エプソンは、同社製プリンタ用の認証印刷オプション「Epson Print Admin(エプソン プリント アドミン)」を3月上旬から提供することを発表した。

 同オプションを利用することで、不要な印刷の削減や、印刷量やカラーの使用制限を行いコストを削減できる他、プリンタの利用制限や印刷者の把握による情報漏えい対策、利用費用の部門別集計などの機能も備えている。

 主な機能として、プリンタに接続されたカードリーダーに手持ちのICカードをかざさないと印刷できない「目前印刷」機能を始め、個人や部門ごとに不要なコピーや印刷を抑制する「印刷制限」機能、利用者ごとに複合機(コピー/USBメモリー/スキャン/FAXなど)の利用権限を与えられる「機能利用制限」機能、「利用ログの管理」機能など、全6機能。

 「目前印刷」機能なら、プリンタの前にいなければ印刷できないため、印刷物の取り忘れ&取り違いや、取り忘れなどが原因となる情報漏洩を抑制することができる。また「機能利用制限」や「利用ログの管理」機能により、管理者側が従業員の印刷を制限・管理することで情報漏洩への抑止効果が期待される。

 対象機種は同社のスマートチャージA3複合機とPX-M7050FP。利用期間サービスパックの価格は96,000円/1年から432,000円/5年など。また、「スマートチャージ」サービスの利用者なら月額利用料は8,000円/月となっている(いずれも税別)。
《防犯システム取材班/小菅篤》

編集部おすすめの記事

特集

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら