マイクロソフト「OneNote」、全デバイスで無償利用が可能に……Windows、Mac、スマホ

ブロードバンド その他

マイクロソフト「OneNote」サイト
  • マイクロソフト「OneNote」サイト
  • 画面イメージ
 マイクロソフトは3月18日、文書作成ソフト「Microsoft OneNote」について、Mac版の提供を開始した。利用料金は無料で、これにあわせて、Windows版も無料提供に切り替わった。

 「OneNote」は、マイクロソフトが提供する、簡易型の文書作成ソフト。考えたことやアイデア・予定を、文書(ノートブック)として気軽に書き留めたりキャプチャしたりできる。また、他のユーザーやデバイスと共有しながら、表示・編集することも可能。

 従来のWindows版は有償で提供されていたが、今回のMac版提供にあわせて無償となる。また「iPad」「iPhone」「Android」版もこれまで通り利用可能。これにより、すべてのデバイスタイプで、「OneNote」が無償利用可能となった。ソフトはそれぞれのマーケットやオンラインストアから入手できる。なおWindows版(OneNote 2013)はWindows 7、8対応となる。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら