女優活動は順調? 平野綾、映画『タイガーマスク』にワンシーン出演

エンタメ 映画・ドラマ

平野綾オフィシャルサイト
  • 平野綾オフィシャルサイト
  • 映画「タイガーマスク」オフィシャルサイト
 アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」の涼宮ハルヒ役などで知られる声優で女優でもある平野綾が11日、出演映画『タイガーマスク』について語った。平野は9日に同映画の初日舞台あいさつにも参加している。

 『タイガーマスク』は、梶原一騎原作、辻なおき作画の有名プロレス漫画。映画では孤高のレスラー・タイガーマスクを俳優・ウエンツ瑛士が演じ、ヒロイン・若月ルリ子は夏菜、ほかにも哀川翔や温水洋一、釈由美子といったキャストが脇を固める。制作発表から2年の時を経て、9日ついに公開初日を迎えた。

 平野は11日に更新した自身のブログで、「ついについに!撮影から2年の時を経て、映画『タイガーマスク』公開です!!」と告知。2年間、同作について語りたくても出演情報が解禁されていなかったそうで、2011年にTwitterで「『ある作品』のお祓いをしてきた」とヒット祈願について投稿したら、「涼宮ハルヒ3期の制作決定か?」と話題になってしまったというこぼれ話を明かしている。

 平野が演じるのは、悪役レスラー養成機関・虎の穴のスタッフであるマキ。残念ながら出番はワンシーンだけとなるが、ミニのチャイナドレス姿を披露しているそうだ。

 平野は、「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」「DEATH NOTE」といった数々の大人気アニメでヒロインを演じてきたが、男性スキャンダルや数々の炎上騒動を巻き起こし、2011年8月に事務所を移籍。近年は女優へと活動の場を広げている。7月には、サスペンスドラマ「月曜ゴールデン 税務調査官窓際太郎の事件簿25」(TBS系)で、準主役を演じて話題を呼んだ。
《原田》

編集部おすすめの記事

特集

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら