2014年春の花粉予想、全国で平年の1割増……最も多い地域は佐賀県と兵庫県

エンタメ 調査

2014年の花粉飛散傾向予想
  • 2014年の花粉飛散傾向予想
  • 2013年スギ・ヒノキ林の活性度
 来春の花粉飛散量は、平年と比べて全国平均で1割程度増加する予想だ。ウェザーニューズは30日、2014年の花粉シーズンにおけるスギ・ヒノキ花粉の飛散傾向を発表した。

 エリア別では、北海道~関東、甲信、北陸で平年並みとなる予想だが、東海から九州の飛散量は平年より2割増加する見込み。都道府県別では、平年に比べて最も多い飛散が見込まれる県は佐賀県と兵庫県で1.5割増となり、最も少ないのは東京都と神奈川県で2割減となる見込み。ただ、花粉飛散量が多かった2013年と比較すると、2014年の花粉飛散量は全国平均で2割程度減少する見通しだ。
《花》

編集部おすすめの記事

特集

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら