2014年春の花粉予想、全国で平年の1割増……最も多い地域は佐賀県と兵庫県

2014年春の花粉予想、全国で平年の1割増……最も多い地域は佐賀県と兵庫県

2013年10月30日(水) 18時21分
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年の花粉飛散傾向予想の画像
2014年の花粉飛散傾向予想
2013年スギ・ヒノキ林の活性度の画像
2013年スギ・ヒノキ林の活性度
 来春の花粉飛散量は、平年と比べて全国平均で1割程度増加する予想だ。ウェザーニューズは30日、2014年の花粉シーズンにおけるスギ・ヒノキ花粉の飛散傾向を発表した。

 エリア別では、北海道~関東、甲信、北陸で平年並みとなる予想だが、東海から九州の飛散量は平年より2割増加する見込み。都道府県別では、平年に比べて最も多い飛散が見込まれる県は佐賀県と兵庫県で1.5割増となり、最も少ないのは東京都と神奈川県で2割減となる見込み。ただ、花粉飛散量が多かった2013年と比較すると、2014年の花粉飛散量は全国平均で2割程度減少する見通しだ。
《花》
  • ・【PR】
  • ・【PR】
  • ・【PR】
注目の情報[PR]

編集部のおすすめニュース

きのこは花粉症に効果あり!?

 JA中野市は、東京農業大学の江口文陽教授による、きのこの抗アレルギー効果についての論文を公開した。

 帝人フロンティア株式会社は、花粉対策用のポリエステル製レースカーテン素材「エフコット」を新たに開発し、3月から販売を開始する。

プレゼンをしている時に鼻水が……鼻づまりが原因の失敗談調査

 2013年度は花粉飛散の当たり年と言われ、仕事中やプライベートでもお構いなしで鼻炎になるかもしれない時期となった。サノフィとマーケティング・リサーチを展開するアイシェアは、「鼻づまりの失敗経験」に関...

薬のプロが伝授する花粉症対策

 花粉症患者たちが毎年頭を悩ませる花粉症対策。しかしながら、症状が顕在化してからでは手遅れ、という事実はあまり知られていない。

注目ニュース

RSS

【これから開催のイベント】

ブロードバンド/無線LANスポット検索

ブロードバンド検索
-