楽天とKobo社、電子ブックリーダー最新機種「Kobo Aura」を日本でも発売

IT・デジタル モバイル

「Kobo Aura」
  • 「Kobo Aura」
  • 「Kobo Aura」利用イメージ
  • 「Kobo Aura」利用イメージ
  • 「Kobo Aura」スリープカバー
  • 「Kobo Aura」予約ページ
 楽天の子会社であるカナダKobo社は10月17日、電子ブックリーダーの最新機種「Kobo Aura」を日本市場に投入することを発表、同日より予約受付を開始した。出荷は12月上旬で価格は12,800円。

 「Kobo Aura」は、海外で9月16日に発売された電子書籍リーダー端末。フラットスクリーンの6インチ高解像度(212dpi)E Ink Pearlディスプレイを搭載し、均質でムラのないフロントライト技術「ComfortLight」に対応している。ページ更新時のリフレッシュ頻度も減少させた。ストレージは4GB(使用可能領域は3GB)で、小説などのテキストベースの本で約3,000点、コミックなどの大容量ファイルの本で約60~150点と、従来モデルと比べ、約3倍の電子書籍コンテンツの保存が可能。microSD(最大2GB)/microSDHC(最大32 GB)による拡張も可能だ。

 対応ファイル・フォーマットはEPUB、PDF、JPEG、GIF、PNG、BMP、TIFF、HTML、CBZ、CBR、MOBI(PDFは、koboイーブックストアで販売しているPDF書籍のみがサポート対象)。本体サイズは114 x 150 x 8.1mm、174g。

 現在Kobo社は日本で、「Kobo Touch」「Kobo glo」「Kobo mini」の3機種の電子ブックリーダーの他、無料のAndroid版・iOS版koboアプリを提供中。

 「Kobo Aura」は、「楽天市場」サイトにおいてオンラインでの予約受付を開始し、12月上旬から「楽天市場」の他、一部の家電量販店や書店などで販売を開始する。予約者には、楽天Kobo純正スリープカバー(ブラックまたはパールグレー)とのセットで提供される。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら