NTT西、フレッツ・コミュニケーションを提供全エリアで利用可能に | RBB TODAY

NTT西、フレッツ・コミュニケーションを提供全エリアで利用可能に

ブロードバンド その他

 NTT西日本は10月1日より、フレッツシリーズ(「Bフレッツ」「フレッツ・ADSL」「フレッツISDN」)のユーザを対象としたコミュニケーションサービス「フレッツ・コミュニケーション」の提供エリアを拡大するとともに、機能の一部追加を図る。

 フレッツ・コミュニケーションは、フレッツシリーズのユーザ間でビデオチャットやインスタントメッセージのやり取り、またニックネームを用いた相手ユーザの呼び出し等ができるブロードバンド・コミュニケーションサービス。これまで試験的に大阪府エリアのみで提供されていたが、10月1日以降NTT西のフレッツシリーズ提供全エリアで利用可能となる。

 またエリアの拡大にあわせて新機能の追加も行われ、あらたに(1)着信許可リストに登録しておいたユーザ以外からの着信を拒否する「着信者限定機能」と、(2)相手から送付された画像を4倍に拡大して表示することのできる「画像拡大機能」の2つが実装される。ただし既存ユーザの場合、これらの機能を利用するにはホームページからのダウンロード等により専用ソフトウェアをアップデートしておく必要がある。

 なお月額利用料(480円)、初期工事費用(2,000円)はエリア拡大後も変更はない。

 フレッツ・コミュニケーション対応のフレッツシリーズは以下のとおり。

・Bフレッツ(ベーシックタイプ/ファミリー100タイプ/ファミリータイプ/マンションタイプ)
・フレッツ・ADSL(1.5M/8M)
・フレッツ・ISDN
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top