NTTコム、固定IPアドレスを付与するサービスプランを拡充。フレッツ・ADSLモアにも対応 | RBB TODAY

NTTコム、固定IPアドレスを付与するサービスプランを拡充。フレッツ・ADSLモアにも対応

ブロードバンド 回線・サービス

 NTTコミュニケーションズは、10月1日より、固定グローバルIPアドレスを割り当てる「OCN ADSLアクセス IP/1/8/16」と「OCN光アクセスIP1/8/16/32/64「Bフレッツ」プラン」を拡充する。固定IPアドレスを付与するサービスを積極的に展開することで、他社との差別化を図るものと思われる。

 まず、「OCN ADSLアクセス IP/1/8/16」。従来のフレッツ・ADSL 1.5Mタイプと8Mタイプに加え、あらたにフレッツ・ADSLモアにも対応する。利用料は、1.5M/8Mタイプと同額で、固定IPアドレス1個の場合が6,800円、固定IPアドレス8個の場合が11,800円、固定IPアドレス16個の場合が23,100円。サービスエリアはNTT東西の提供エリアとなる。

 「OCN光アクセスIP1/8/16/32/64「Bフレッツ」プラン」に対しては、対応するプランの拡充と値下げが実施される。同プランは、Bフレッツのタイプによって利用できる固定IPアドレスの数が異なる。これまで固定IPアドレス1個を付与する「OCN光アクセスIP1「Bフレッツ」プラン」はビジネスタイプに対応していなかったが、10月1日からはあらたにビジネスタイプにも対応するようになった。利用料は月額75,000円、初期費用は2,800円。サービスエリアはNTT東西の提供エリアとなる。

 値下げされるのは、Bフレッツ ニューファミリー/ファミリー100タイプに対応した「OCN光アクセスIP1「Bフレッツ」プラン」「OCN光アクセスIP8「Bフレッツ」プラン」と、Bフレッツ ベーシックタイプに対応した「OCN光アクセスIP16「Bフレッツ」プラン」の3種類。それぞれ、月額9,800円(現行14,000円)、18,800円(現行27,000円)、55,000円(現行100,000円)に引き下げとなる。適用は10月1日より。

 また、同社では「OCN光アクセスIP1/8/16/32/64「Bフレッツ」プラン」に新規申し込み、またはプラン変更したユーザを対象に、初期費用が無料となるキャンペーンを展開する。キャンペーン期間は、10月1日から12月28日まで。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top