阪神グループと近鉄グループがCATV事業で協業。まずは共同でIXに直接接続 | RBB TODAY

阪神グループと近鉄グループがCATV事業で協業。まずは共同でIXに直接接続

ブロードバンド その他

 関西の電鉄系CATV事業者である阪神シティケーブル(HCC)と近鉄ケーブルネットワーク(KCN)、および阪神グループのISPであるアイテック阪神を加えた3社は、ケーブルテレビ事業の分野での協業を推進していくと発表した。その第一弾として、10月1日より3社共同でIXへの直接接続を行う。

 これまでHCCはアイテックとの協力で、またKCNは単独でそれぞれ大手ISPを経由してインターネットに接続していたが、10月以降は3社が共有する1Gbpsの専用線を用いて、東京のIXに直接接続する。

 今後3社では、CATVの多チャンネル事業やADSL事業、また提供を予定しているIP電話事業等でも協力していくとしており、今回のIX直接接続による通信コスト削減のみならず、営業面・技術面でのノウハウ共有など、より踏み込んだ協業関係の構築を目指す。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top