トレンドマイクロ、企業向けWebセキュリティ2製品を発表 | RBB TODAY

トレンドマイクロ、企業向けWebセキュリティ2製品を発表

エンタープライズ その他

 トレンドマイクロは、企業向けのWebセキュリティ製品として、キャッシュサーバと連動してウイルスチェックを行う「InterScan WebProtect 1.0 for ICAP」と、Webフィルタリングソフト「InterScan WebManager 2.1」を10月に発売すると発表した。

 InterScan WebProtect 1.0 for ICAP(以下、ISWP)は、ICAP1.0対応のキャッシュサーバと連動して使用するアンチウイルス製品で、ウイルスに感染する可能性のあるファイルを受け取り、ウイルスのチェックおよび駆除を行う。クライアントのWebブラウザが受信する前にJavaScriptウイルスなどを取り除くことができるため、セキュリティホールがあるブラウザでも感染せずにすむ。ICAP1.0を採用したことで、パフォーマンスを改善したほか、大規模ネットワークでロードバランシングが可能となった。

 ISWPを使用する場合、ICAP1.0対応のキャッシュサーバが必要で、ICAP1.0対応のキャッシュサーバで同社が動作検証済みの製品として、Network Appliance社製NetCache C1100/C1105/C21000/C6100(NetCache OSリリース5.3D1以上)、およびキャッシュフロー社のPort80 Security Appliance SG800/SG6000、CacheFlow600/3000/5000/6000(Security Gateway OS v2.1.05以上)がある。ISWPの動作環境は、UltraSPARC版Solaris8。発売開始は10月7日の予定で、料金は1ライセンスあたり3,950円/年(25アカウント以下の場合)。

 InterScan WebManager 2.1(以下、ISWM)は、URLフィルタリングをおこなうソフトで、プロキシとして動作する。ネットスター社の提供する規制URLリストをもとに社内から不適当なURLへのアクセスを禁止するというもので、企業内からの業務に関係ないウェブサイトへのアクセスによる、無駄なトラフィックの発生やウイルス感染などを防ぐことができる。また、アクセスログの解析ツールも付属しているので、業務外のURLへのアクセスがどの程度あるかや、誰が行っているかといったことを調べることも可能。URLのカテゴリは、「出会い」「ギャンブル」「アダルト」などあらかじめ用意されている28種類と、ユーザ設定が可能な2種類の、合計30種類でカテゴリごとに規制する・しないを設定できる。また、ユーザが独自にURLなどの「ブラックリスト」「ホワイトリスト」を設定することも可能。

 また、ISWMに新たに追加された機能として、ブラウザのバージョン情報(UserAgent文字列)によるアクセス制限の実現や、ファイル名や拡張子による規制、規制されたURLへのアクセスを強行できる「オーバーラップ」機能、LDAP対応などがある。発売開始は10月11日の予定で、料金は30クライアントライセンスのパッケージで238,000円/年となっている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top