KDDI子会社、VoIP機能搭載ルータ「ViBroGATEシリーズDT-1001S/H」を発売 | RBB TODAY

KDDI子会社、VoIP機能搭載ルータ「ViBroGATEシリーズDT-1001S/H」を発売

IT・デジタル その他

KDDI子会社、VoIP機能搭載ルータ「ViBroGATEシリーズDT-1001S/H」を発売
  • KDDI子会社、VoIP機能搭載ルータ「ViBroGATEシリーズDT-1001S/H」を発売
 KDDIグループのオーエスアイ・プラスは、H.323およびSIPプロトコルに対応したVoIP機能搭載ブロードバンドルータを発売する。パケットロスの影響を受けにくい音声コーデック「ITU-T G.711 PLC」をサポートするほか、KDDI研究所が開発したVoIP認証機能を搭載することで「なりすまし」を防止している。

 製品は、SIP対応モデルの「ViBroGATE DT-1001S」と、H.323対応モデルの「ViBroGATE DT-1001H」の2モデル。インターネット(10BASE-T)のほかアナログ電話回線のポート(PB/ダイヤル両対応)も用意されており、VoIPと電話回線の自動選択が可能。VoIPで通話できる通話先であればVoIP経由で、緊急電話など通常の電話回線で通話する先には電話回線が自動的に選択される。また、PC側から最大10件までの着信履歴を確認できるほか、特定番号の着信拒否機能もサポートしている。

 ブロードバンドルータとしては、PPPoE対応やDHCPサーバ、NAT機能をサポート。WAN側は10Mbps、LAN側は10/100Mbps自動判別のポートがそれぞれ1ポートとなっている。各種設定については、Webブラウザから行える。

 出荷開始は10月10日の予定で、価格はオープンプライス。

オーエスアイ・プラス:ViBroGATE DT-1001S
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top