TTC、近く12Mサービスを含むDSLスペクトル管理標準に関する審議内容を公開。「孫 vs 小畑」のいきさつが明らかに? | RBB TODAY

TTC、近く12Mサービスを含むDSLスペクトル管理標準に関する審議内容を公開。「孫 vs 小畑」のいきさつが明らかに?

ブロードバンド その他

 社団法人情報通信技術委員会(TTC)は、電話回線で使用できるDSLの種類を定める標準、JJ-100.01「メタリック加入者線伝送システムのスペクトル管理」について、近く審議経過の「正式な」議事録を公開すると発表した。

 従来、TTCでは議論の妨げにならないよう審議は非公開でおこない、得られた結論を公表するという運営がなされていたが、このJJ-100.01については注目が集まったため、議事録の公開準備が進められていた。しかし、公開前に審議経過の一部が報道されるなどしたため、議事録公開についてTTCが公式発表を行ったもの。標準化に関する報道にこうした形でTTCが反応するのはきわめて異例。

 JJ-100.01については、主にAnnexA.exをめぐって8月に改定ドラフトが提出され、その後ビー・ビー・テクノロジー(BBTec)の抗議によって取り下げられるなど、混乱が続いている。(2001年11月27日に策定された現行のJJ-100.01については、策定の過程や手続、決定方法に問題はなく、有効なものであるとしている。)

 なお、BBTecの孫正義氏が求めていた「中立性確保のための学識経験者による専門家委員会の設置」については、中立性の確保は必要としながらも、ITUやISOなど国際的な標準化団体でも「製造業者や通信事業者が参加して」いるとし、否定的な見解を示した。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top