インターネット中部、シマンテックのスキャンエンジンを使って、メールウィルスチェックサービスを提供 | RBB TODAY

インターネット中部、シマンテックのスキャンエンジンを使って、メールウィルスチェックサービスを提供

ブロードバンド その他

 インターネット中部(トーエネック運営)は、会員を対象に17日よりメールウィルスチェックサービスを開始する。ウィルスチェックサービスに使われるエンジンは、シマンテックの「Symantec AntiVirus Scan Engine(シマンテック・アンチウイルス・スキャン・エンジン)」。月額300円の有料オプションで提供される。

 同社の提供するメールウィルスチェックサービスは、送受信メールをインターネット中部のメールサーバでスキャンするというもの。ウィルスが見つかった場合には、そのファイルを修復・削除し、その旨を通知する。

 インターネット中部は、中部電力グループのトーエネックが運営するISPで、東海地方を中心にサービスを提供している。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top