近鉄ケーブル、会員向けにウィルスメールチェックサービス提供開始 | RBB TODAY

近鉄ケーブル、会員向けにウィルスメールチェックサービス提供開始

エンタープライズ その他

 近鉄ケーブルネットワーク(KCN)は、「KブロードCABLE」(CATVインターネット)・「KブロードADSL」(ADSL)を含むKCN-Net全会員を対象に、メールに対するウィルスチェックサービスの提供を開始した。有料のオプションサービスで、1メールアカウントあたりの利用料は月額300円。

 本サービスは、KCNのメールサーバ上で会員の送受信メールに対するウィルス検知・除去を行うもので、スキャンエンジンにはトレンドマイクロの「InterScan VirusWall」を採用している。

 なお同社ではサービス提供開始記念として、9月末までにウィルスチェックサービスへの申し込みを行った場合2か月間のオプション利用料を無料とするキャンペーンをあわせて実施している。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top