STNet、12月から12M ADSLの提供を開始。センティリアムeXtremeDSLを採用 | RBB TODAY

STNet、12月から12M ADSLの提供を開始。センティリアムeXtremeDSLを採用

ブロードバンド 回線・サービス

 四国エリアでADSL接続サービスを提供しているSTNetは、12月よりあらたにeXtremeDSLを採用した下り最大12Mbpsのサービスを開始する。12Mのサービスエリアは当初、四国各県の県庁所在地で、順次拡大の予定。

 STNetは回線卸(ホールセール)による提供をおこなっており、ISPではネットウェーブ四国、@nifty、BIGLOBE、DIONが12M対応のサービス提供を予定している。受付開始はISPごとに異なるが、11月末から12月上旬とみられている。

 eXtremeDSLは、センティリアム社がG.992.1 AnnexCをベースに開発した下り12Mbps・上り1MbpsのADSL技術で、国内では他にイー・アクセスが採用している。通常のG.992.1 AnnexCと比べ、下り通信速度がアップする他、通信可能距離も6km程度まで拡大される。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top