千葉ニュータウンセンター、11日より下り速度を8Mbpsに増速。10月からは健康関連コンテンツの提供を開始 | RBB TODAY

千葉ニュータウンセンター、11日より下り速度を8Mbpsに増速。10月からは健康関連コンテンツの提供を開始

ブロードバンド 回線・サービス

 千葉ニュータウンセンター(千葉県・CATV)は、9月11日よりインターネット接続サービス「らーばんねっと」の下り速度を8Mbpsに増速する。同時に、バックボーンの増強も行うという。利用料は現行の5,500円を維持する。

 同社は、約1年前の10月に、下り速度を512kbpsから現在の2Mbpsに増速している。今回の増速も、前回同様ADSL対抗と思われる。

 また、同社では、10月よりインターネットサービスとして健康関連コンテンツの提供を、テレビサービスとして健康情報番組の放映を開始する。番組およびコンテンツでは、「火傷の手当て」「突然倒れたとき」といった緊急時の対処方法など、健康管理に役立つ情報が提供されるという。

(この情報の第一報は本サイト読者の方から寄せられました)
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top