日立のTWX-21サービス。情報共有でXdriveサービスも併用して提供へ | RBB TODAY

日立のTWX-21サービス。情報共有でXdriveサービスも併用して提供へ

ブロードバンド その他

 日立製作所は、同社のe-マーケットプレイスサービスであるTWX-21において、新たに情報共有サービスとしてオンラインストレージ機能を提供する。

 TWX-21は、電子受発注や生産コラボレーションなどのB2Bサービスを提供するe-マーケットプレイス。現在13,000社が利用しており、年間取引高は5兆円を超える。日立製作所は、TWX-21にファイル共有サービスとしてXdrive Workgroupを提供することで、情報共有サービスも提供することになる。

 Xdrive Worgroupを使ったサービスは明日より提供され、サービス品目は通常のXdrive Workgroup同様の価格となる。なおTWX-21会員には5ユーザで0.4Gバイトのスモールパッケージも特別に用意されており、5U0.3Gのサービスは初期費用が17,800円、月額5,980円で利用できるサービスとなる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top