トレンドマイクロ、2002年8月のウイルス感染レポートを発表。4ヶ月連続でKLEZがトップに | RBB TODAY

トレンドマイクロ、2002年8月のウイルス感染レポートを発表。4ヶ月連続でKLEZがトップに

エンタープライズ その他

 トレンドマイクロは、2002年8月度のウイルス感染被害レポートを公表した。それによると、1位はWORM_KLEZ(クレズ)、2位はWORM_BADTRANS.B(バッドトランス.B)、3位がJS_EXCEPTION.GEN(エクセプション)と、多少の入れ替わりがあるものの常連組が上位を占めた。なお、WORM_KLEZ(クレズ)は、被害件数こそ少しずつ減少しているが、4月より4ヶ月間トップを維持している。

 「Re: Your password!」というタイトルで猛威をふるったWORM_FRETHEM(フレゼム)は、8月に入ってからは35件と、前月の562件に比べ被害件数が激減した。これは、収束に向かっているといえるだろう。また、今月はあらたにJS_SEEKER(シーカー)とWORM_DATOM.A(ダトム)がランクインしている。

 トレンドマイクロ発表の2002年8月度のウイルス被害ランキングは以下のとおり。

順位 ウイルス名 被害件数 先月の順位と件数
1位→ WORM_KLEZ 1561件 (1位・1999件)
2位↑ WORM_BADTRANS.B 85件 (3位・139件)
3位↑ JS_EXCEPTION.GEN 62件 (4位・93件)
4位↑ NIMDA 36件 (5位・41件)
5位↓ WORM_FRETHEM 35件 (2位・562件)
6位↑ MTX 34件 (7位・38件)
7位↑ Java 32件 (圏外)
8位↑ X97M_LAROUX 22件 (9位・21件)
9位↓ JS_NOCLOSE.E 17件 (8位・25件)
10位↑ WORM_DATOM.A 13件 (圏外)
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top