ソフォス、8月のウイルス報告トップ10を発表。依然W32/Klez-Hがワーストワン | RBB TODAY

ソフォス、8月のウイルス報告トップ10を発表。依然W32/Klez-Hがワーストワン

エンタープライズ その他

 ソフォスは、2002年8月のウイルス報告状況を発表した。それによればトップはW32/Klez-Hで、先月とほぼ同じ割合(17.0%)を占めてトップに立つなど依然猛威を振るっている様子がうかがえる。次いで2位には同率でW32/Yaha-EとJS/NoCloseの2つがランクインした。

 当月のランキングを概観してみると、6位のW32/Higuy-Aと7位のW32/Datom-Aの2ウイルスこそ新登場したものの、全体的に順位の変動は少なく、2位・9位・10位に返り咲いたウイルスも以前からよく知られたものであった。つまりユーザは同じようなウイルスに繰り返し感染しているということになる。
 
 こうした状況を見る限り、各ユーザが「セキュリティホールをふさぐ」「アンチウイルスソフトを導入する」「添付ファイルの開封には注意する」などのウイルス対策の基本にいま一度立ち返ることが肝要だと言えそうである。

 ソフォス発表の2002年8月度のウイルスランキングは以下のとおり。

順位ウイルス名報告の割合先月の順位
1位→W32/Klez-H17.0%(1位)
2位↑W32/Yaha-E6.4%(3位)
2位↑JS/NoClose6.4%(再登場)
4位→W32/Badtrans-B5.3%(4位)
5位→W32/ElKern-C5.1%(5位)
6位!W32/Higuy-A2.7%(新規)
7位!W32/Datom-A2.4%(新規)
8位↓W32/Magistr-B2.1%(6位)
9位↑W32/Sircam-A1.9%(再登場)
10位↑W32/Nimda-D1.6%(再登場)
その他49.1%
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top