4ポート内蔵のEthernetカード。ソフト利用で負荷分散と冗長経路確保ができる | RBB TODAY

4ポート内蔵のEthernetカード。ソフト利用で負荷分散と冗長経路確保ができる

ブロードバンド その他

4ポート内蔵のEthernetカード。ソフト利用で負荷分散と冗長経路確保ができる
  • 4ポート内蔵のEthernetカード。ソフト利用で負荷分散と冗長経路確保ができる
 プラネックスコミュニケーションズは、10/100BASE-TX対応の4ポートEthernetカード「FXP-4TX」を発売する。FXP-4TXは、4ポートのEthernetコネクタを持ち、それぞれ独立させて動かせるほかに、冗長化や負荷分散としても利用できる。

 それぞれのポートを100BASE-Xの全二重として利用すると、200Mbps×4ポートとなり、800Mbpsとして利用できることが最大の特徴であるほか、各ポートにおいて負荷分散と冗長化を実現することもできる。とくに、全ポートをスイッチングハブに接続し、添付のロードバランシング&フォルトトレランスソフトを組み込むだけで、通信経路における負荷分散と冗長化を実現するため、ハードウェア障害の生じる可能性を1つ減らせることになる。

 VLANやQoSにも対応し、ポート別にトラフィックの優先順位を決めたり、通信データのブライオリティ付けにも対応するため、どちらかというとサーバやファイアウォールボックス向けの製品となる。製品形態はPCIバスで、背面に4つのEthernetポートを持つ。(写真参照:写真=FXP-4TX)


 対応OSは、Windows 2000 Server、Advanced Server、Professionalのほか、Windows NT4.0 Server、WorkstationでService Pack6かService Pack3+NDIS Hot Fixが適用されていること。参考価格は34,800円となる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top