AII・NOVA・テレ朝ら、お笑いタレントと英語を学ぶ「パックンマックンの『英語ノ門』」9/6よりスタート | RBB TODAY

AII・NOVA・テレ朝ら、お笑いタレントと英語を学ぶ「パックンマックンの『英語ノ門』」9/6よりスタート

エンタメ その他

AII・NOVA・テレ朝ら、お笑いタレントと英語を学ぶ「パックンマックンの『英語ノ門』」9/6よりスタート
  • AII・NOVA・テレ朝ら、お笑いタレントと英語を学ぶ「パックンマックンの『英語ノ門』」9/6よりスタート
英語ノ門
Copyright(C)2002 TV ASAHI / AII Inc. All Rights Reserved.
 全国朝日放送(テレビ朝日)、エー・アイ・アイ(AII)、NOVA、ハブ・マーシーの4社は共同で、国際派お笑いコンビ パックンマックン出演のブロードバンドを活用したエンターテイメント教育サイト「英語ノ門」を9月6日に開設する。現在、同サイトでは試験配信が行われている。

 このサービスは、出演者と苦楽を共にしながら英語を習得することが特徴。英語がまったくできないパックンマックンのマックンこと吉田眞が、ハーバード出身の相方パックンとのラスベガスライブ公演を目指し英語を学習。英語が習得できなかった場合はコンビ解散のうえ、芸能界追放の危機が・・・。学習にはNOVAの「お茶の間留学」「駅前留学」を活用する。

 「英語ノ門」では、マックンの自宅勉強部屋のようすを24時間ライブ配信する「マックンの勉強部屋」、勉強部屋以外での学習のようすをブロードバンド配信する「マックンの課外活動」のほか、掲示板、NOVA担当者による英語力定期チェックを公表する「マックンのテスト結果」、新しく覚えた単語が公開される「マックンの単語帳」などが提供される予定となっている。

 利用料は3ドル/月で、全月1日の為替レートで換算のうえ日本円で課金される。なお、課金の一部は、マックンの教材費および渡航費用として利用される。

 この企画は、地上波や出版など他メディアへの展開も計画されており、すでにNOVAおよび幻冬舎からの書籍出版も企画されているという。ブロードバンドコンテンツとして有望なエンターテインメントと英語学習を融合した新しいコンテンツに期待したい。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top