スピードネット、東京電力FTTH回線を使った「TEPCOひかり。(ホーム/SOHO)」をスタート | RBB TODAY

スピードネット、東京電力FTTH回線を使った「TEPCOひかり。(ホーム/SOHO)」をスタート

ブロードバンド 回線・サービス

 スピードネットは、あらたにFTTHサービス「TEPCOひかり。(ホーム/SOHO)」の提供を開始する。名前のとおり、東京電力のFTTHアクセス回線「TEPCOひかり」を採用したもの。

 月額費用はホームが9,880円、SOHOが17,380円(ともに回線終端装置使用料900円/月を含む)で、初期費用は30,000円。サービスエリアは東京23区と三鷹市、武蔵野市で、8月現在までの提供エリアは東京23区中13区の一部、残り10区と2市は今年度中の拡大予定となる。

 スピードネットは独自の光回線サービスを行っているが、本サービスはそれとは別メニューで、ISPとしてのサービス提供となる。なお、8月27日から9月30日までに加入申込をおこなえば、初期費用が10,000円割引の、20,000円で提供される。

 サービス、提供エリアの詳細は以下のとおり

■TEPCOひかり。(ホーム/SOHO)
 速度:上下100Mbps
 月額利用料:8,980円/16,480円
 回線終端装置使用料:900円
 初期費用:30,000円
 メールアカウント(10Mバイト):1個
 接続最大台数:5台/10台
 メール転送サービス

●サービス提供中
 東京都:目黒区、大田区、世田谷区、品川区、
     渋谷区、新宿区、中野区、杉並区、
     豊島区、荒川区、北区、板橋区、豊島区

※平成14年度開始予定
 東京都:江戸川区、文京区、墨田区、江東区、
     足立区、葛飾区、台東区、千代田区、
     中央区、港区、三鷹市、武蔵野市
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top