ソフォス、ゲームクラックツールやP2Pソフトに偽装して感染を広める新ウイルスを警告 | RBB TODAY

ソフォス、ゲームクラックツールやP2Pソフトに偽装して感染を広める新ウイルスを警告

エンタープライズ その他

 アンチウイルスソフトベンダのソフォスは、P2Pソフト「KaZaA」を使って感染を広めるウイルス「W32/Duload-A」「W32/Duload-B」について警告を出している。

 感染すると、WindowsのSystemフォルダに自分自身をコピーして自動起動されるようレジストリエントリを追加するほか、WindowsのSystemフォルダ内に「Media」というフォルダを作成して、そこに名前を変えた自分自身を複数コピー、KaZaAでMediaフォルダが共有されるよう設定を変更する。

 Mediaフォルダに自分自身をコピーするとき、ファイル名として
  ・Kazaa Clone.exe
  ・Winmx.exe
  ・Free Mpegs.exe
  ・Xbox Emulator.exe
  ・Universal Game Crack.exe
といった、あらかじめ用意されている39種類の名前を使用、動画やツール、エミュレータ、ゲームクラックツールなどに偽装してダウンロードを誘うというもの。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top