BIGLOBE、カードなしで利用できるSOHO向けインターネットサービスを提供 | RBB TODAY

BIGLOBE、カードなしで利用できるSOHO向けインターネットサービスを提供

ブロードバンド その他

 BIGLOBEは、SOHOなど小規模事業者向けに、ドメイン取得やサイトの管理などのインターネットサービスを従来より簡単に利用できる「BIGLOBEオフィスサービス」を新設した。このサービスには、JCBの企業間決済サービス「BPS(BtoB Payment Service)」が活用される。

 SOHO事業者(個人事業者、在宅勤務者、商店経営者など)が自分たちの手間暇をかけずに低コストでドメイン取得やホームページ開設などを行おうとした場合、必ずつきまとう問題が2つある。1つは、詳しいことは知らないくてもすべて「おまかせ」で利用できるようなサービスが、小規模事業者向けにはあまりないこと。もう1つは、クレジットカードの問題だ。インターネット系の各種サービスの契約には、クレジットカードの所有が前提となる場合が多い。ドメイン名の取得ひとつをとっても、カードなしに契約することは難しいだろう。

 これらの問題をクリアするのがBIGLOBEオフィスサービスである。BIGLOBEオフィスサービスならば、クレジットカードを持たない事業者であっても、詳しいことを知らなくても、インターネット接続やビジネス情報データベースへのアクセスなど、BIGLOBEが提供する各種インターネット接続サービスを利用することができる。きわめて純日本的な古き良き「すべておまかせ」スタイルの復活といえるかもしれない。

 利用できるサービス内容は、「JCBの企業間決済サービス」「管理者機能の充実」「独自ドメインアドレス取得や独自ドメインによるホームページ取得」「ブロードバンドサービス」「メールウィルスチェックサービス」「IP電話」など。初期費用は、管理者IDが2,000円、利用者IDが1ID当たり200円。最大1,000IDまで登録できる。月額利用料は、管理者が500円、利用者が1ID当たり300円。この他に通信料金や各種機能のオプション料などが必要となる。

 サービス開始は9月19日から。ただし、「独自ドメインメール」「固定IPアドレス」などの一部のサービスについては10月21日からとなる。同社では2002年度末までに30万社以上の導入を見込んでいる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top