宮古テレビがサービス内容を変更。価格値下げとスピードアップを9月より実施 | RBB TODAY

宮古テレビがサービス内容を変更。価格値下げとスピードアップを9月より実施

ブロードバンド 回線・サービス

 沖縄県宮古島のCATV局である宮古テレビは、CATVインターネット接続サービスを速度アップと値下げの両面においてサービス内容を改定する。値下げは9月1日より、新サービスは9月7日よりそれぞれ適用される。

 速度アップは、ビジネスを除く3コースで実施される。これまで宮古テレビは下り速度が80kbpsの「エコノミー(月額2,700円)」、150kbpsだがホームページ容量が10Mバイトとエコノミーの倍の「スタンダード(月額3,700円)」、320kbpsの「スーパー(月額5,000円)」、512kbpsの「ビジネス(月額6,000円)」を提供していた。改定後の下り速度は、エコノミーが128kbps、スタンダードが256kbps、スーパーが384kbpsとなる。なお、上り速度はエコノミーのみ倍の64kbpsにアップとなるが、他は従来どおりのままである。

 また、スーパーとビジネスの料金が300円ずつ値下げされ、それぞれ4,700円と5,700円に。その一方で、ホームページ容量はスタンダードが5Mバイト、スーパーおよびビジネスが10Mバイトと大半のコースで初期容量が縮小された。

 変更後のサービス料金は以下のとおり。

エコノミー
 速度:下り128kbps、上り64kbps
 利用料:2,700円+300円(ケーブルモデムレンタル料)

スタンダード
 速度:下り256kbps、上り64kbps
 利用料:3,700円+300円(ケーブルモデムレンタル料)

スーパー
 速度:下り384kbps、上り128kbps
 利用料:4,700円+300円(ケーブルモデムレンタル料)

ビジネス
 速度:下り512kbps、上り256kbps
 利用料:5,700円+300円(ケーブルモデムレンタル料)
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top