トリガー接続とNATアドレス保持時間を拡張。コレガBAR SW-4PLの新ファーム | RBB TODAY

トリガー接続とNATアドレス保持時間を拡張。コレガBAR SW-4PLの新ファーム

ブロードバンド その他

 コレガは、本日付けで同社ブロードバンドルータBAR SW-4PLのファームウェアをアップデートした。最新バージョンは1.01。

 ファームウェアの変更点は、トリガー接続時にあった不具合の修正とNATアドレスの保持時間の変更となる。NATアドレスの保存時間は3600分に拡張となり、60時間はNATアドレスを保存するようになった。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top